2021/10/19

ハナイグチ、また始まりました  きのこ

ハナイグチ、また始まりました。

何回目でしょうか・・・?
もう憶えてません。

まさか無いだろうと思ってましたが、念のためパトロールしたところ、
新しく始まった小さいツボミが10本くらい束で生えてました。

クリックすると元のサイズで表示します


これは他の山も見なければ・・・
今日は銀茸でも見に行って、駄目ならシーズン終了、と考えてましたが、急遽ハナイグチ山に変更。

3kgくらい採取。

本日の『日替わり限定商品』にて販売。


なんか傾向が分かってきました。

松茸や本しめじが不作の年は、ハナイグチ豊作ですね。

2019年も同じでした。
ハナイグチ、今年以上だった気がします。

あと、ちたけ(乳茸)が豊作の年は、松茸、本しめじ不作ですね。

15年遡って出荷数を見ると、この通りでした。

ちたけ、夏のきのこなので、松茸が始まる前にバロメーターになるかもしれません。

ハナイグチ、まあ出てくれて嬉しいのですが、ほんとハナイグチのみなんですよね・・・

同じ時期に採れる、なら茸は全然です。

栗茸もほとんど見ない。

畑しめじ、いまだにチョコチョコ採れてます。

こんな遅い時期に採れるなんて珍しい。

むき茸、ご予約分の出荷終わりました。
5kg、1日で済みました。

むき茸も次回以降、もし採れたら「日替わり限定商品」で販売いたします。

予約を採っても・・・採れるかどうか、もうわかりませんので・・・

夕方に、初茸わずかに入荷。
本来なら9月上旬のきのこです。

もう本当に訳わからん年です。

初茸が採れるのなら、松茸、本しめじ、クロカワあたりが採れてもいいはずなんですが・・・


最近は雨もちょくちょく降り、だいぶ気温も下がりました。
紅葉も進んで来ました。

なら茸、数種類ありますが、「ぼり」がまだ採れていません。

「ぼり」、紅葉真っ盛りの時期までは期待できます。

が、全く出ない年もあるため、今年はどうなるか・・・

今週いっぱい様子を見て、駄目なようであればキャンセルとさせていただきます。



2021/10/9

ハナイグチ、再度始まりました  きのこ

なんと!
終了したと思われた、ハナイグチが再度、始まりました。

今年、おそらく4回目か5回目のピークです。

平年であれば2〜3回なので、1回ごとの収穫は少なめです。

要は、回数を分けて小出しにしている感じ。

が、今回が(今年の中では)一番多いかも。

7、8本くらい束になって生えてます。

が、一瞬です。

おそらく明日、明後日くらいで終了と思われます。

日替わり限定商品』にて販売しますので、狙っている方、チェックお願いします。

ラストチャンスです。


期待していた、あみ茸ですが・・・

私の知る山は始まりません。

雨も降り、気温も下がり、「遅いあみ茸」が始まる条件は揃いました。

わずかでも出てくれれば・・・と思います。


あと、7日に香茸、入荷しました。

が、これは新しく始まった物では無く、以前から出ていた物で「旬を過ぎた状態」だったため、「訳あり品」でした。

これも数日前に採れれば、良品だったんでしょうけど・・・

香茸も、あみ茸が始まるようであれば、期待できるかもしれません。


あと、新規の「きのこセット」のお客様で、なら茸、ハナイグチを見て、

「傷んでいる!」
「乾燥している!」
「古いきのこではないか!」

とクレームいただきましたが・・・

そういうきのこです。

松茸や本しめじと見比べれば、なら茸、肌質が「乾燥している」ような感じに見えるのかもしれませんが・・・

元々そういうきのこです。


ハナイグチ、乾いた状態で、わずかに採取したものであれば、綺麗ですが、
あみ茸、初茸と一緒で、雨が続くような天候の時にしか出ません。

濡れれば、ヌルヌル、ベタベタ状態になります。

そういうきのこです。

採取の際、籠に入れます。
(私は常に腰に籠を2個つけて山に入ります)

大量に採れば、籠いっぱいになります。

籠の中で、きのこ同士、押し合い、ぶつかり合い、下に置かれたきのこは上のきのこに潰されます。

小さいツボミなら、まだマシですが、傘の開いた物は、押された部分が跡から黒ずんだような外観になります。

その上、上のきのこの「ヌルヌル(液体状)」が下のきのこにかかります。

山で生えている状態であれば、ヌルヌルしているのは傘表面だけで裏側は綺麗ですが、籠に入れることによって、傘の裏面、軸の部分までヌルヌルになります。

他のきのこなら、少し濡れてもすぐ乾きますが、ヌルヌル系のきのこはなかなか乾きませんし、乾いても元の綺麗な状態には戻りません。

が、新鮮な「採れたて」のきのこです。

試しに料理してみてください。

乾いたものと、全く違いが分かりません。

天然物ですので、(栽培品に比べ)見た目はすこぶる悪いです。

鮮度の落ち方、外観の劣化、著しく早いです。

中でも、ハナイグチ、なら茸、特に早いです。
(あと初茸、あみ茸)

が、全く問題無く、食べられます。

特に今年なんか不作で、どのきのこもお待ちのお客様が山ほどいらっしゃいます。
古いきのこをわざわざ入れる理由が・・・思いつきません。

余るきのこが、そもそもありません。

B品や訳あり品は『日替わり限定商品』で販売します。

シーズン終盤の「きのこセット」には、なら茸、ハナイグチ、ほぼ確実に入ります。

ある程度、量の採れるきのこ、これくらいしかありません。

金茸、銀茸、栗茸、杉茸、カノシタ・・・
どれもほんのわずかしか採れません。

本しめじ、クロカワ、まあまあ量は採れますが、単品でご予約のお客様が、山ほどお待ちですので、そちらが優先されます。

それでもハナイグチ、なら茸が無理・・・
というお客様、

おそらく、あみ茸、初茸も、ヌメリイグチも、くぎ茸も無理かと思われます。
入れるきのこが無くなります。

栽培しめじやエリンギが「きのこ」だと思っている方には、「香茸」だってグロテスクに見えるのでしょう。

おそらく天然きのこは向きません。
栽培きのこをお探しください。


2021/10/7

あみ茸、赤初茸、入荷しました  きのこ

昨日、なんと!

あみ茸、赤初茸、入荷しました。

あみ茸、どれも小さく、若く、虫喰い跡も無い、最高の状態!

ぱっと見ただけで分かります。
今始まったばかりの、今始まろうとしている、あみ茸です。

これを見て、さっそく今朝、私も知る場所を見てきましたが・・・
全然でした。

が、今から始まる山もある、ということです。

あみ茸が再度、始まるのであれば、
松茸、本しめじ、クロカワ・・・と始まってきても、なんらおかしくありません。

前回の記事で披露した仮説が、現実になるかもしれません。

あみ茸は、1800g、ご予約2件分出荷できました。

赤初茸、「日替わり限定商品」にて販売しました。

クリックすると元のサイズで表示します

※あみ茸、写真撮るの忘れました、ごめんなさい

私の知る山も始まってくれれば、さらに多くのご予約、出荷できると思います。

が、時期が時期なので・・・

一瞬で終了と思われます。

※どちらも本来、シーズン序盤、9月上旬のきのこです。

しかも、シーズン終盤のきのこ、すでに終了後です。

考えられません。
常識がぶっ壊されました。

こんな年、経験したことがありません。

今後の予想も・・・
今までの長い経験と照らし合わせて考えます。

なので・・・こんな想定外のケース、予想もなにもできません。

おそらく、雨も原因ですが、温度が最も大きい原因だったのかもしれません。
今まで暖かすぎました。

ようやく今日くらいから、最低気温が10℃を下回ります。

平年であれば続けて出るはずの、
「寒くなってから出るきのこ」
が出てこれなかったのだろう、と仮定します。

やっと条件が揃いました。

いつでも出てくれ大歓迎。

というか早く出てくれ。


「寒くなってから出るきのこ」がこれから出るかどうか、で全て決まります。

出なければ終了。

出れば、もう少々、シーズンが続きます。

あみ茸然り、松茸然り、本しめじ、クロカワ、きのこセット・・・

何度も言いますが、前例はありません。

全て、奇跡です。

昨日、大きな地震もあったので、ちょっと気持ち悪いです。

きのこの出方が異常です。

天変地異がもし起きても、ああ、やっぱり・・・
としか思えません。

もっとデカいのが来ない事を願います。


※最近の戦果、せっかくなので置いておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


最近、といっても3、4日前か?
昨日、今日と、あみ茸、初茸以外の入荷無し。

クリックすると元のサイズで表示します


これ↑、小さかったので山に残してきましたが、
数日後に来た時は・・・無くなってました。

クリックすると元のサイズで表示します


最後、金茸

クリックすると元のサイズで表示します



※追記

夕方、香茸、入荷しました。

と言っても、あみ茸、初茸のような新しく始まったきのこでは無く、
しばらく前に出て、雨に打たれ、旬を過ぎた、香茸なので「訳あり品」です。

これも新しい物が始まってくれることを願います。

2021/9/30

松茸、きのこ、大胆な仮説  きのこ

シーズン最後のきのこ、鬼なら茸、ハナイグチが採れています。

これが終われば、きのこシーズン終了・・・

何も無くなってから、しばらくしてから「むき茸」が出るくらいです。

ただ、まだ9月です。

こんなに早く終了した年は、いまだかつてありません。

平年に比べ、かなり暖かく、全く紅葉も始まっていません。

これは、いったんシーズン終了してから、少々おいて、涼しくなってから再度始まってくるきのこがあるかもしれません。

あくまで私の仮説です。

そんな前例はありませんが、これで終了とは、どうしても納得できません。


初茸、全く採れない為、全てのお客様、数日前にキャンセルいただきました。

が、その直後から、わずかですが採れ始めました。

ここ4日間で5パック、
日に1〜2パックではありますが、毎日出荷しています。

シーズン最後のきのこが出ているというのに!

今日、はなびら茸、アカヤマドリが1株ずつ採れました。

本来なら夏からシーズン序盤のきのこです。

シーズン最後のきのこが出ているというのに!

もう・・・訳が分かりません!

これは私の仮説、当たるのではないでしょうか?
前例はありませんが。

今晩、予報では雨が降る予定です。

雨にも二種類ありまして、
新しいきのこが始まるきっかけになる良い雨と、
今出ているきのこを終わらせる悪い雨。

降るタイミングによって、前者になったり後者になったり。
または両方を兼ねたり。

今回は後者になると思われます。

今、最盛期である、本しめじ、クロカワ、ハナイグチ、なら茸を終わらせる雨になると思います。

もちろん既に「終わりかけ」の松茸、香茸を確実に駄目にします。

が、初茸やアカヤマドリ、はなびら茸のように、再度、始まってくるきのこが出てくるような気がしてなりません。

どのきのこもまだ出荷できていないお客様いらっしゃいます。

平年であれば、このような状況であれば、状況説明し、キャンセルいただくところですが、初茸の例もあります。

もうしばらく様子を見させてください。

これで終了とは・・・信じられません。



###### 収穫状況、今後の予想 ######


● 松茸、香茸

ピークはとっくに越えました。
9月17〜19日あたりか。
不作の年は、最盛期もかなり短いです。

これから増えてくるか?と期待しましたが、すぐに減り始めました。
しかも段々に、ではなく、みるみる減りました。

序盤と終盤は日に数箱分しか出荷できていません。

上の「仮説」だけが頼りです。


● 本しめじ、クロカワ

ピーク越えています。
9月23〜25日あたりが最盛期。
以下、松茸、香茸と同文。

日に10箱以上出荷できたのは最盛期の3日間だけ。
それ以前、それ以後は、日にほんの数箱のみ。

今年はどのきのこも一瞬の最盛期。


● ハナイグチ、なら茸

9月27〜29日が最盛期。
以下同文。
今日はかなり減りました。

本当に一瞬です。


● あみ茸

もう採れなくなってからしばらく経ちます。
これも最盛期は2〜3日のみ。

が、「2回目のピーク」があるような気がしてなりません。


● カノシタ、金茸

もともと少ないきのこですが、不作なので本当に少ないです。

これもおそらく今夜の雨で終了の予想。


● 初茸

今、わずかでも採れていること自体が奇跡。
9月上旬のきのこです。

全てのお客様、キャンセルをお願いしましたが、
お一人様ずつ、ご予約順に、メールでお知らせしております。

600gとか800gは無理だと思いますが、200〜400gなら、
(ご予約順早めの方であれば)もしかするとお届けできるかもしれません。

何度もがっかりさせたり期待させたりで申し訳ありません。


● ほうき茸ピンク

採れなくなってから久しいです。

数件すでにお断りしましたが、もしかすると今後、復活してくれる可能性もあるかも。


● きのこセット

クロカワ、本しめじ、ハナイグチ、なら茸、と始まってくれたので、ここ数日、出荷ラッシュでした。

今夜の雨で、終了となるか、仮説が当たり復活できるか・・・


山の神様お願いします。
どうかどのきのこも復活できますように・・・


また私の朝活が復活しました。
毎朝、山に入ってます。

おもにハナイグチ、なら茸狙い。

撮りためた画像、せっかくなので置いときます。

クリックすると元のサイズで表示します


ハナイグチ、平年の最盛期に比べれば、やはり少ないです。
案の定、一瞬で終了しそうです。

カード手続きが遅いお客様、今後は厳しくなりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


なら茸!

クリックすると元のサイズで表示します


なら茸とハナイグチは、採るのが面白い!

食べても美味しいですが、採るのが本当に面白い。

あみ茸は、あるところに行けば、探さなくてもいいくらいあるので、なんというか「作業」のような感じ。
しかも軽っこいので採っても採っても溜まりません。

ハナイグチ、なら茸は探す必要があります。
この辺は出る山とだいたいは分かってますが、1カ所1カ所は詳しく憶えてません。

ハナイグチは落ち葉の色、なら茸は地面の色なので、適当に歩いていると見落とします。

じっくり探さねばならず、「宝探し」の感覚です。

群落を見つけたりすると興奮します。

クリックすると元のサイズで表示します


本命、本しめじ!

クリックすると元のサイズで表示します


新しい場所、発見しました!
なかなかツボミのうちに採れません。

地面が見えている場所なので見つけられました。

落ち葉の多い場所だと、かなりのヒラキにならなければ見つけられません。

円を描くように、1〜2m間隔で出ています。

クリックすると元のサイズで表示します


本当はもう少し成長させてから採りたいのですが、今年は暖かいためか虫が多く、小さくても入っているものもあるため採取。

クリックすると元のサイズで表示します


本しめじ、松茸は、もう完璧に場所を憶えなければなりません。
でないと先に誰かに採られます。

とは言っても、どこ見ても同じような風景の山の中。
完璧に記憶するのは困難を極めます。

まだツボミのうちに、ほぼ採取します。

ですので、豊作の年でもないと、なかなかヒラキは採れません。
採り逃したものが、採りきれなかった物が、ヒラキになります。

不作の年は、誰も親切に残しておいてくれたりしません。

いわば、チキンレース。
誰かが、まだ小さいので大きくしてから採ろう、と残しておいた本しめじかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します


まだご予約の6割程度しか出荷できていません。

今年は希少品です。

お待ちのお客様、もうしばらくお待ちくださいませ。


2021/9/15

あみ茸、なかなか増えません  きのこ

ようやく一度雨も降り、あみ茸、一斉に始まるかと期待しましたが・・・
なかなか増えません。

良いものは日に4〜6パック程度しか採れません。

私も毎日、早起きして採ってますが、全然足りません。

あと60件、ご予約が残っていますが、
このペースで数日で終了、となると・・・

かなり早い時期にご予約いただいたお客様分しかお届けできないかもしれません。

唯一の望みは、やはり雨。

予報では、今週末に台風が来る予想なので、大量に雨をもたらしてくれれば、続けて始まってくれるかもしれません。


先日、なら茸の小さいヤツを発見し、成長したら採ろう、と考えていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します


あみ茸が今、出ています。

まだまだご予約分、全然出荷できていないため、あみ茸を優先しなければなりません。

ただ、そこのなら茸、山道路の脇なんです。

運転しながらでも見える場所。

先日はまだ小さかったためお年寄りには見えないかな〜と考え、残しておいたんですが、
さて、今朝!

丁度良い大きさ!

しかも大量です!

奥の方までびっしり生えてます!

コンテナ4〜5箱分はありそう。
これを全部採るには1〜2時間はかかりそう。

あみ茸を採らなきゃならないしな〜・・・
早く帰って出荷作業をしなきゃだしな〜・・・
時間が無いしな〜・・・

よし!なら茸は後回し!
今は、あみ茸を採って、帰って出荷を終わらせ、夕方にまた来よう!

と考えました。

夕方、張り切って来てみたら・・・

ただの1本も見えません。

細かい物も結構あったはずなんですが、根こそぎ持って行かれました。

欲張りなヤツもいるものです。

おそらく他の人に生える場所を知られたくなかったのでしょう。

悔しい!

アレを採れれば、今ある予約分すべて出荷してもまだ余ったはずです。

まあ仕方ありません。
早い者勝ちです。

私のほうが早かったんですが・・・
朝に無理して採っておけば・・・

時間さえあれば・・・

この時期はホント自分の分身が2〜3人欲しいです。



### 収穫状況と今後の予想 ###


● 松茸

う〜〜〜〜ん、増えませんね・・・

2019年を思い出します。

前回の雨の後、幾分増えてきた感じはあったのですが、幾分です。
全然「最盛期」とは言えない程度。

細かいものの割合が増えてきました。
ということは、新たに出始めている、ということなので、これからではあるのでしょう。

松茸C」に入るコロよりも小さい物(極小)は、「訳あり品・松茸」に入ります。

が、極小のみ、となると、(私的にはお勧めですが)さすがにパッと見がショボいため、
お客様ががっかりするかな?と。

そのため、「極小のみ」は『日替わり限定商品』にてお安く販売しています。

お勧め、というのは、

「虫食いの恐れ」とか、
「あきらかに旬を過ぎたヒラキ」

とかよりは、極小のほうが、山のきのこ初心者や料理店様にも扱いやすいのではないかと。

小さいぶん、虫の入るリスクも少ないです。

私個人的にも、どちらかと言えば、極小のほうがいいです。
ヒラキがあまり好きではない、というのもあるんですが・・・

ヒラキって「柄」の部分が硬くないですか?
あの部分をどう料理するんだろ?
細く細かく刻んで、松茸ご飯?くらいしか無いですよね・・・

まあ、あまりに小粒だと、松茸だかなんだか分からない、というのもありますが。

台風に期待。


● 香茸

数日、ほとんど採れていません。
早い場所は、もう終了した、と言っている者もおります。

まだご予約の一割も出荷できていません。

そろそろ受付中断も視野に入れます。

台風に期待。


● あみ茸

イマイチ増えてきません。
明日も朝、見に行きますが、昨日今日より減る可能性もあります。

これもまだご予約の一割程度。

台風に期待。


● 初茸

いまだ出荷数ゼロです。
全く採れません。

恐ろしいですが、このまま終了の可能性も出てきました。
そうなれば・・・前代未聞です。

さすがにそれは無いと思いたいですが・・・
昨今の異常気象により、

「こんな事、経験したことが無い」

という状況が、毎年毎年起こっています。

もう何が起きても不思議ではありません。


● 天然舞茸

しばらく採れていないような気が・・・
全く予想のつかないきのこです。

豊作の年ですら、いつ採れるか分かりません。
まして今年は不作っぽいので・・・
全く予想できません。

ご予約が残っているため、あと1回2回は採れて欲しいです。


● ほうき茸ピンク

B品、訳あり品の割合が増えてきました。

そろそろ終わりかもしれません。

雨が降れば、もう1回くらいは新たに始まるかな?


● 畑しめじ

完全に不作ですね。
少ないです。

平年であれば、9月下旬くらいまでは期待できるので、これも雨待ちです。


● なら茸

今出ている「さもだし」は、週末の台風でおそらく終了。
早いんです。
一瞬で終わります。

これも遅い時期に、また違うなら茸が出てくれると期待。


● 本しめじ、クロカワ

おそらく台風通過後かな?

もう少し遅れるかもしれません。


● 千本しめじ

おそらく終了。


● きのこセット

なかなか一度に種類が採れる日が無い為、ほとんど出荷できていません。
不作の年はこうなんです。

台風通過後、いろいろ始まってくるのが理想ですが、どうなるか分かりません。

来週も今の状況が続くようであれば、種類が少なくても出荷していく予定です。
(4種類採れたら出荷します)

でないと、今のご予約分、ほとんど出荷できません。



本当に苦しい年です。

これが、「遅れているだけ」で、これからシーズン本番が来るのか?
来ないまま徐々に減っていき、終了なのか、

全く予想できません。

あみ茸を「基準」に考えれば、まだこれからのような気もします。

松茸を基準に考えれば・・・
もう2週間以上も採れています。

量が少ないため、まだ「始まりの時期」のような気もしますが、

今が最盛期まっただ中なのかもしれません。

これは、後になってみなければ、わかりません。

これから松茸の最盛期が来るのであれば、まあまあの豊作になってもおかしくありません。

最盛期が来なければ、不作です。
しかも早期終了になりそうです。

確実に言えるのは、今週末の雨にかかっている、ということです。

どのきのこにも言えます。

今回、雨が降らなければ・・・
かなりの不作も覚悟しなければなりません。

お届けできないお客様も、かなり出てくるかもしれません。

もしその際はどうかご理解いただければと思います。

2019年の壊滅的な大不作を経験すると、どうしても悲観的な予想が勝ってしまいます。

どうか杞憂に終わりますように。













タグ: あみ茸 なら茸 初茸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ