2020/6/8

みず採取時の注意  山菜

今が旬のみず、採ってきました。
暇そうにしていた次男(中2)も強制的に同行させます。

毎年、1カ所の沢で採取していましたが、今年はその沢に通じる道路が通行止めで入れません。
(土砂崩れで道路崩壊)

新たに良い沢を探さなければなりませんでした。

みずはですね〜、あると言えばどこにでもあるのですが、太くて立派なみず、となると・・・
なかなかありません。

アクセスの容易な沢ですと、やはり皆が採るため、細い物しかありません。

となると、沢をかなり奥深くまで登って行かざるを得ません。

沢なので迷う心配は無いのですが、熊との遭遇が心配になります。

熊も臆病な生き物なので、鈴の音、ラジオの音が聞こえれば、だいたいは自分から逃げてくれるのですが、沢の流れる音で鈴やラジオがかき消されます。

バッタリ遭遇したときはもう目の前!

熊もびっくりして出会い頭に一発引っ掻きます。

こちらも山菜に夢中になっているので全く気づけません。

沢の音で、熊の気配や足音も聞こえません。

これが子連れの熊なら一発で済みません。
徹底してやられます。

みずの生える沢、だいたいV字状になっており、両脇とも泥でズルズル滑ります。
よって、逃げ場がありません。

クリックすると元のサイズで表示します


なので冷静に考えると、すごく怖いです。

が、怖がってると採れないため、できるだけ意識をみずに集中します。
で、怖いのを忘れます(^^)

まあ、なんの解決にもなっていません。

本当は、熊が行動するといわれる時間帯、早朝とか夕方を避けるのがいいです。

日中ですと、30℃近くになりますが、朝方なら12〜13℃くらい。

ただ、みずというのは非常に柔らかいといいますか、暑いとすぐに「ヨレヨレ」になります。

これは「ふき」ですが、日中はこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します


採取する前から、すでにうなだれています。

わらびもうども、あいこ、ぼんな・・・、みんな日中はこうなります。

ヨレヨレのみずをお送りして、

「これは採れたてではない!」
「数日前に採った古いみずだ!」

とお叱りを受けたことがあるため、朝採ることにしています。

かごいっぱいに採るためには1〜2時間かかります。
選んで採るためです。

たとえ朝に採っても、かごに入って振り回されているうちに、やはりヨレヨレになります。
(足場の悪い沢を歩くため、よろけたり転んだり、倒木の下をドエライ体勢でくぐり抜けたりします)

ですので・・・ある程度は目をつぶっていただけると助かります。


次男坊は柔道をやっていて、普段は態度がでかいし大層なビックマウスですが、実はとても怖がり屋さんです。

毛虫を見たり、「あいこ」の葉に引っかかれるたびに大声でギャアギャアわめきます。

10秒おきくらいで大声でわめくため、たぶん熊の心配はありません。

「蜂に刺されたああ!!!」

あいこです。

「はンっ!!毛虫!毛虫イ!!」

どこのお嬢様でしょうか・・・
我が子ながら情けなくなります(^^)

まあ本人なりに、頑張って採っているようです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


みず、10本〜20本が束になって生えます。

この中から、極太の物のみ採取し、細い物は絶対に採りません。

素人は片っ端から全部刈り取ります。
そうすると、次の年から生えません。

そのため沢の入り口周辺は良いみず、ほとんどありません。

斜面の上の方、太いみず見えますが・・・
あと10センチ、届きません。

斜面を登りたいのですが、濡れた泥でズルズル滑ります。

足場があれば採れますが、足場周辺にもみずの群落があります。

無理に登ると、滑って足下のみずが駄目になります。

なので、無理しては採りません。

今日は連れがいたため、かなり奥の方まで入りました。

奥まで行けば行くほど太いみずの宝庫です。

6月いっぱいは採れるかな。

が、これ以上奥には怖くて進みたくありません。
帰り際、どでかい熊の糞も見たため・・・。

みず、姫竹、わらび、山ふき、
来週いっぱいくらいで締め切りの予定です。

お早めのご予約をお勧めいたします。


タグ: みず 姫竹 わらび

2020/5/3

あいこ、もうすぐです  山菜

今日は急激に温度が上がりました。

最高28℃!

朝から暑かったです。
汗だくになりながら採りました。

前回のこごみ山。

さらに増えてました。
たった中1日ですが、もう15cm以上に伸びている物もあります。

やはり気温ですね。
暑くなれば一気に伸びます。

毎年この山で1週間くらいは採るのですが、今年は無理かもしれません。

あいこ、出てましたが、まだ採るには可哀相。

クリックすると元のサイズで表示します


ぼんな、発見!

クリックすると元のサイズで表示します


この山にあるにはあるのですが、太い立派な物は滅多に見ません。
採れても数本。

太いぼんな、もう少し遅い山が始まるまで待ちます。

場所を変え、沢に降ります。

あいこ狙い。

これなら採れそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


美味しそう!
妻の大好物です。

あいこも、大量に採れる山、もう数日かかるかもしれません。

たらの芽、はりぎりも見ましたが、この山だとまだ数日かかりそうです。


予報を見ると、明日まで暑く、その後は15℃くらいが続きます。

今日のような気温が続けば、一気に伸びて一瞬で終わりそうなので丁度良いかもしれません。

たらの芽、今日の入荷、1kg程度とわずか。

たらの芽の本番、もうすぐです。

2019/9/11

みずの実、そろそろ終了  山菜

昨日、みずの実(むかご)狙いで山へ行ってきました。

ある場所は分かっているため、「探す」必要は無く、気持ちは楽です。

はい、出てました。

クリックすると元のサイズで表示します


密集して生えているため、探すのは簡単ですが、
葉をちぎり、茎を折り、「実」だけ残す作業が面倒です。

軽いため、これを1kg採るとなると・・・
気が重くなります。

きのこを探すほうが、トレジャーハンターっぽくてワクワクします。

そのため、今の時期ならまだ、きのこの種類が少なく、量も少ないため、「みず」を採りに行けますが、
きのこが本番を迎えると・・・・

誰も「みず」には行ってくれません。

私が行ければ良いのですが、
松茸、香茸、舞茸、本しめじ・・・と出てくると、
出荷作業だけで手一杯でして、とても山に行く暇はありません。

おそらく採ろうと思えば9月下旬頃まで採れるのかもしれませんが、
毎年9月上〜中旬で受付終了させていただいてます。

また奥深い山の沢沿いに生えるため、「熊」が怖いです。

こんな感じの谷間。

クリックすると元のサイズで表示します


光がまぶしくて分かり辛いですが、V字の谷間がずっと続き、奥へ奥へと歩きます。

斜面は濡れて柔らかく、ズルズル滑ります。

正面から熊さんが来ても、逃げ場無し。

私はここでは会ったことはありませんが、皆に聞くと「いる」と言います。

なので・・・実はあまり来たくありません。


畑しめじ、桜しめじも始まってきたため、松茸、香茸も、おそらくすぐです。

みずの実、採れるのはあと2〜3日もあるかどうか、というところです。



○ 人気記事 BEST10


香茸のクリームパスタ

アミタケのおろし和え

天然きのこ鍋!

たまご茸のチーズ焼き

アカヤマドリのクリームパスタ

ちたけそば

ちたけ油炒め

たまご茸のフライ

岩手産松茸と本しめじのホイル焼き

なら茸(さもだし)おろし和え!

クロカワの味噌和え!
タグ: みずの実

2011/4/26

あざみ始まりました!  山菜

あざみ狙いでいつもの沢へ行ってきました。

数日前はまだ出たばかりで採るには可哀そうな大きさでしたが、今日なら丁度よく成長してくれてるはず!

ビンゴです!
クリックすると元のサイズで表示します

大きすぎず、小さすぎず、食べごろ。

軍手をしないとチクチク刺されます。
なるべく根元のほうから切るのがコツ。
でないと葉がバラバラになります。

久しぶりの斜面は堪えますね・・・
日頃の運動不足を後悔します。

クリックすると元のサイズで表示します

見えるでしょうか?
画面真ん中より下あたりのあざみ。

ゆうに45度以上の角度。
両手両足、しがみつくようにして移動します。

1200g採ったらさっさと帰ります。
今日も出荷が忙しい!

ふきがすでに出てました。
クリックすると元のサイズで表示します

周りにまだふきのとうがあるのに・・・気が早い奴なのでしょう。

週間天気予報はずっと暖かいです!
たらの芽、こごみももうすぐです!


タグ: あざみ ふき 山菜

2011/4/25

山菜の採れる山  山菜

天然山菜の発生場所についてです。

山の北側、東側が良いとされます。

日中、陽が当たる時間が少ないため、遅い時期まで雪も残ります。

山菜にとって必要な条件なのでしょうね。

逆に天然きのこは、山の南側、西側が良しとされます。

北側斜面にも出ることは出ますが、南側に比べれば非常に少ないです。

私がいつも行く山です。

クリックすると元のサイズで表示します


こごみが採れる斜面です。

先日の雪がまだ残ってますね。
これが解ければ出てくるのでは・・・と思います。

あとは沢周辺。
クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ緑が少ないですね。
これでは春とは言えません。

こちらの斜面にあざみ、あいこ、ぼんな、みず、山うど、山ふき等が順番に出てきます。

もう少し遅い時期の写真と比べてみてください。

今年はドカ雪が降ったため、木がたくさん倒れてます。
子供は連れてこれないな。
嬉しいような寂しいような・・・

帰り、水芭蕉が出てました。
まだ満開には早い感じ。
クリックすると元のサイズで表示します



タグ: 山菜 こごみ あいこ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ