2010/4/6

行者にんにくの醤油漬け!  行者にんにく

クリックすると元のサイズで表示します

初物の天然行者にんにく、醤油漬けにしていただきました!

初物だけあって多少細めでしたが・・・ぅぅ旨いっ!!

お客様の声にもありましたが、胃の辺りが熱くなります!
辛いだけでなく、甘みと言いますか旨みと言いますか・・・「味」があるんですよね!
栽培だとさっぱり味がしません。

これも「本物」を味わってしまったからでしょうか?
栽培では満足できない体になってしまいました(笑)。

気のせいか、体だけでなく心も「元気」になったようです!

作り方は本当に簡単。
生の行者にんにくをササッと洗い、適当な大きさに切ります。
お好みですが、あまり細かすぎない方が食感も楽しめるのでお勧め。
後はビンに入れ、醤油、みりん少々。
漬かればOKです。

生のままだと傷むのが早いので、この方法だと冷蔵なら数ヶ月持ちます。
行者にんにくの本来の風味を一番いかせる料理法です。

おかずにもなりますが、やはり酒の肴にもってこいです。

冷奴や生野菜にかけても良いでしょう。
(私はこのまま食べるのが好きです)

何度も言うようですが、せっかくの希少な天然物です。
あまり凝った味付けの料理にしてしまうと本来の味を存分に味わえません。
だったら栽培でいいよね、という話になります。

「違い」を味わって欲しいと思います。

今のところ順調に採れていますが、天然物の旬は一瞬です。
葉が伸びてしまえばお終いです。
お早めのご予約お勧めします。




2010/4/4

行者にんにく始まりました!  行者にんにく

クリックすると元のサイズで表示します

なんと!行者にんにく(アイヌネギ)初物が採れました!

昨年は、里山では良い物が全く採れず、5月に高山でようやく採れました。

数年前までは大量に採れましたが、ブームのおかげで乱獲され、まさに「幻の山菜」となってしまいました。
(巷に出回るものは、ほとんどが栽培品か「えせ天然物」です。)

昨年も2,3件、北海道の業者から電話があり、買って欲しいとの事でした。
「ウチは『本物』の天然物しか買ってません」と私が言うと、もうかかってきません。

東北ではその道のプロ、山菜採りの権化みたいな人でも、行者にんにくだけはなかなか採れません。
つまようじのように細い物ならありますが、人様にお売りできるような立派な天然物はよほどの山奥でないともう残ってません。
逆に栽培品なら山ほどあります。

北海道もおそらく似たような状況なのでしょう。
行って確かめたわけではないのであくまで私の予想ですが。
あるショップでは「昨年は○○トン出荷!」と謳っていますが・・・
「トン!?「本物」の天然物が1ショップだけでトン!?」
と私は思います。


ご予約には次回分からお届けするつもりです。
お楽しみに。

2009/4/11

行者にんにくについて  行者にんにく

行者にんにくの栽培品


上の写真、太くて立派な行者にんにくです。
色も形も大きさもこれ以上無いほど素晴らしい行者にんにくです。

ただ、信じられないかもしれませんが、栽培品です。

山から根を掘ってきて畑に植え、肥やしで太らせたものです。

正直プロの私でも見た目では判断できません。

しかし、香りがほとんどありません。

一口食べて見ますとさらに確信します。

「これ栽培品だね」と。

「本物」の天然物に比べると、全くと言っていい程「味」がありません。
畑で育った行者にんにくですから当然と言えば当然ですが....。

しかし、こちらも「行者にんにく」です。

問題は、「天然」と謳ってこの栽培品を扱う業者がいることです。

今まで食べていた行者にんにくは「本物」ですか?
この道何十年のプロでも採れない「幻の山菜」です。

当店の「本物」天然行者にんにくで一度お確かめください。

※ここまで太いものは天然ではまず採れませんのでご了承ください。

行者にんにく、あざみかたくり〜もうすぐです!

2008/4/22

行者にんにくのぺペロンチーノ  行者にんにく

今日は天然行者にんにくのぺペロンチーノを作ってもらいました。

天然行者にんにくのぺペロンチーノ

最近行者にんにくばかり毎日食べているので元気になり過ぎて困っています(笑)。

お待ちのお客様、「食べないで早く送ってよ!」とお叱りをいただくかもしれませんね。

注文分作った後に、半端に余る分が毎日出ます。

「採れたて」をお届けしたいので、どうしても100〜200g余ります。
次の日に送ったのでは「採れたて」とは言えません。

そういうわけで春は山菜、秋は天然きのこを毎日のように食べることになります。

松戸出身の嫁も山菜好きになってくれました(採るのも食べるのも好きです)が、友人には「旦那に山に連れて行かれて大変」などとこぼしています(笑)。

自己弁護のために言いますが強制したことは一度もありません!

もちろん聞いてないフリをしていますが(私のほうが7歳年上なので)、そういう年頃なのでしょう。

話がそれましたが、山菜屋で良かったと感じる瞬間です。

ぺペロンチーノ、妻は大満足のようでしたが、私は毎日食べているせいもあってか「あまり相性良しとは言い切れない」と判断しました。

まあ、妻は何を作っても「美味しい」と言わないとむくれるので「美味しい」と言っときましたが、やはり行者にんにくは和風料理の方がいいかなと・・・、いう感じです。

またオリーブオイルではなく「えごま油」(健康に良いらしいですが高価!小さいビンで1300円)を使用したのも低評価の原因かもしれません。

決して行者にんにくが悪いわけでも「えごま油」が悪いわけでもなく、ましてや妻の料理が下手なわけでは全然なく、組み合わせが悪かったのでしょう。

次回は普通のぺペロンチーノと、行者にんにくのお浸し、または炒め物、と言うのが理想です。







2008/4/18

行者にんにく冷麺にトッピング  行者にんにく

大人気!天然行者にんにく を冷麺にトッピングしてみました!
天然行者にんにくを冷麺にトッピング!

生の行者にんにくを刻み、塩、ごま油、ごまを加え和えてトッピングしました。

行者にんにくの強烈な香りがスープに広がり、
いやがおうにも食欲を増進させられます

冷麺の濃い味付けにも負けない天然物のこの風味・・・。

まさしく「本物」

夢中で頬張るも、だんだんと減ってゆく冷麺に寂寥を憶え・・・。
初物のはずなのにデジャブのような・・・。
平らげてしまった後にも忘れさせてくれないあの香り。
次にまたあえる日を、口と胃袋が渇望する・・・天然行者にんにくでした(笑)!


本日早速お礼の電話がありました。

メールだったら転載できるのに、と思いつつ(電話だとその人独特の表現とか言い回し一字一句記憶できないので残念)、感謝しております。

「こんな強烈な行者にんにくは生まれて初めて」

「これこそ『本物』!」

「今まで食べていた行者にんにくとは全く比べ物にならない」

「追加で3セット注文」

というような内容でした。(100%正確ではありません)
とても感激なさっていただいて私も嬉しいです!

おそらく彼が今まで食べていたものは栽培品か、「天然」を謳った栽培品か、山に植えた栽培品か・・・、鮮度のよくないものか、というところでしょう。

当店の行者にんにくは、

「正真正銘」の天然物

採れたて新鮮なもの

のみお届けしています。

えせ「天然物」、にせ「天然物」とは全く違います!

目から鱗を落としてあげられますよ!

もちろん行者にんにくだけではありません。

当店のすべての山菜、きのこは天然100%です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ