2006/5/27

『相馬図鑑』感想文 5/6  相馬裕子
<今月の看板だけ微妙にレイアウトが違う>
クリックすると元のサイズで表示します
「月見ル君想フ」では最後の「相馬図鑑」。
今日は朔、名残り惜しいのか、細い涙雨が・・・
開場前に傘の花が咲いた。

名阪東の3会場を巡ってきて、席位置も右手
後方から、中央、そして今回、左手の初めて
最前列(キーボードに噛り付き)を陣取る。
相馬さんを横から見上げるポジションだが
前に客席の人垣が無いという開放感を味わい
つつ、ステージを満喫する。

はじめから、ミラーボールが回るいつもと違う
空気の中、ドラム、ベース(テツ&ナッキー)
が入ったズンズンくる演奏が始まった。
ポップな曲はもちろん、聴かせる曲でもドラム
とベースの音によって、曲そして相馬さんの
歌声に重厚さが加わり聴く者に迫ってくる。
また手拍子を入れられる曲も多く、盛り上げる
のにはもってこいのツアーだった。

個人的には、曲の間にマグカップを口にした
ときやなにやに、ふっと見せる表情がちょうど
見える角度だったので、その表情の向こう側は、
客席からは思い及ばない何かがあるのだろうと、
想いながら観ていた。

そういえば初日名古屋は髪をかきあげる仕草が
多くみられたが、東京では終わりの方で少し
あっただけで、この辺からも余裕が感じられる
気がした。
アンコールの「お参り」のピアニカも、ステージを
重ねる毎に落ち着きを取り戻して(上達の跡が
見えて)いた。(それでも時々黒川バンマスに
微笑?の視線を投げかけられる場面もあったが)

終演後、Adamの「ほんとは嘘」が流れる会場を
後にする。
続きを読む
0

2006/5/27

今日は・・・  その他(の物)
朝、起きて三島大社のちょっと先までTFMのクロの弾語りを
聞きに。(世が世なら名古屋へ向かっているはずなのだが・・・)
そういう(?)訳で先着順で今日は東京へ。
(その東京もラウンドストーンとバッティングしている)

今日の寄り道は昨年に続き、祖師谷大蔵よりウルトラマン
商店街を通って、NHK技研公開見学。
クリックすると元のサイズで表示します
技研7階の絶景の食堂で昼食(カレー@300)
スーパーハイビジョン映像+22.2ch音声を体験した後、
再び祖師谷大蔵まで戻り、新宿へ移動。
HMVで「クロ入り」休暇小屋を入手、東京でLet's noteを
冷やかした後、外苑前に向かう。
腹ごしらえに、先月入った店で気になっていたモノを注文。
クリックすると元のサイズで表示します
高くそびえ立った焼きそば(@800)を食し、一呼吸してから
裏口を抜けて、月見ル君想フへ・・・
0

2006/5/20

相馬図鑑5 by 6th@大阪  相馬裕子
天気予報を気持ちよく裏切った五月晴れ。
瑞穂野球場付近経由で近鉄で大阪へ。
ヨドバシの前でじんでん氏と落ち合い
移動、会場近くのカフェで休憩。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ世間の明るい中、開場となる。

会場内、昨日は上手後方であったが、
今日は丁度ど真ん中に陣取って
初めて大阪のステージに立ち会う。
今日はしっかりProcessから楽める。
ツアー二日目の相馬さんには余裕を
感じる。
相馬姉さんも拝見できて会場を出る。


続きを読む
0

2006/5/19

相馬図鑑5 by 6th@名古屋  相馬裕子
クリックすると元のサイズで表示します
今月も定時でひかりに飛び乗り名古屋へ
さすが、相馬力!名古屋に着いた時点では雨は小康状態
先月の学習効果で、移動の最短時間を更新。(19:15着)
木戸銭を払って会場に入いるとオープニングのProcessが
終わったところ。
ドラムとベースが入った今回の編成、そこには前回までの
ステージとは違う、立ち上がってギターを弾く小池栄子が、
そしてはっちゃけた相馬さんがハイテンションな前半戦を
展開していた。
10年前をキーワードのMC、そういえば10年前のちょうど
今頃は生まれて初めての海外に出張でダラス近郊に1月半
行っていた。(その時作った10年パスポートの期限が先日
切れた)あれから10年、どうなんだろう。

今回は、歌い終わった後、遠くを見つめる姿が目立った
ような気がする。
アルバムタイトル「プリズム」に秘められた物語、相馬
さん自身の中に光を当てた時に自分のプリズムを介して
どんな光が出てきたのだろう。
さらに、本人曰く「相馬図鑑はアブナイ」そうで、
「星に願いを」が元々リポDの曲であったのを、朝の4時
までかけ書き替えたことなど、今回もとっておきの話が
聞けた。

アンコールは、地元縁のDISCOVERYとお参りで〆た。
終わって会場を出ると雨はすっかり上がっていた。
続きを読む
0

2006/5/14

一路シャノンズへ  庄司祐子
紀尾井ホールを後に、大崎へ移動。
金沢帰りの御一行に合流する。
今回は庄司さん、安井さんに、産休されていた
コンサーティーナの柳澤さんを加えた構成での
演奏を聴きながら、ギネスを飲む。

金沢土産のあんころ餅を戴き、新横経由で帰宅
0

2006/5/14

巡り巡りて、kioiへ  遊佐未森
シリーズ最後尾
クリックすると元のサイズで表示します
9時前、本日閉館の交通博物館への入館待ちの人の列は
萬世橋を渡り旧萬世橋警察署の交差点を曲がり昌平橋を
渡ってほぼひと回りしていた。
あっさり馴染みになるのを諦め、外観だけ撮り収め。
クリックすると元のサイズで表示します

星の王子さまとクロを入手後、下北沢で昼食、そして
5・19,5・20&6・11のチケットを入手する。
いよいよ四ッ谷へ、そして紀尾井ホールへ向かう。
途中の外堀沿いの小路の脇に・・・クロの代わりに
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
立派な紀尾井ホールで、今日は堂島孝平を中心にした
☆シリーズ「歌」〜こころ響き合うとき〜VOL.7
と題されたプログラム。
洋楽、邦楽、クラッシックにポップスと様々な楽曲を
WCUPに因むドイツや、四季などをテーマに織り交ぜて、
共演者の、遊佐未森、瀬木貴将、渡辺シュンスケ、
田村玄一、橋本歩が入れ替り立ち代り色々なコラボ
レーションを楽しませてもらう。
国立音大仕込みの野ばらや、サンポーニャでのトルコ
行進曲など興味深い楽曲もあり、アンコールの最後は
客席も交えた早春賦の合唱で、ステージは終わった。
0

2006/5/7

アルパ・コンサートin浜松  上松美香
GW最終日は、アルパを聴きに浜松へ、1-17で堪能
クリックすると元のサイズで表示します
海の見える町でおやおやっと思っていたら前の曲で
半音下げていた弦を上げるのを忘れてしまったまま
だったとのこと。またこの曲は(HakujyuHallでは)
デュオでの演奏であったが今日は一人で二人分を
こなす状況だったこと。さらに二部で登場すると、
衣装を一部と二部で取り違えていたこと、等々
ハプニング続出。それをご丁寧に、MCで告白して
しまうところが彼女らしい。
小学生時代に道草でほんとに草を食していた話や、
さらにはレコーディング合宿での打ち上げでの酩酊
秘話まで飛び出して、結構周りはハラハラかも。

一方、演奏のほうは・・・
キャンディ・キャンディの初披露もあり、先月とは
一部趣が変わりそれぞれの流れを楽しめた。
時の始まりでは、左に(カ)リンバ、右にタブラ風
の音がする壺?というフォーメーション。
第一歩を踏み出す曲で本編は終了。
アンコールはテソリートで宝物を貰う。

折からの前線通過で外はまとまった雨降りだったが
コンサートホールの中には爽やかな風が吹いた。
0

2006/5/2

霧の朝霧高原を抜け中央道で伊那へ。
本日のBGM
「今、祈りの中で/本谷美加子」
「これからも/マルカート」
「MikaAgematsu/上松美香」
夕刻の高遠城跡公園へ寄るが桜はほぼ終わり
クリックすると元のサイズで表示します
名残の花が若干
クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ