2007/8/25

お伊勢参りから女子十二楽坊@松阪初日  女子十二楽坊
俄伊勢参りに・・・
8:00に出発、名古屋から快速みえに乗るがこれが曲者、
四日市から津の間はJR路線を外れるワープ航法を取ると
は知らず別に490円が必要とは!
まあそれでも近鉄を使うよりは安価なのでよしと。
クリックすると元のサイズで表示します
14時にJR伊勢市駅に到着、折り返しの15:06の快速までの
間にお伊勢さんの外宮に詣でる。
クリックすると元のサイズで表示します
夏の日差しから逃れ、うっそうとした参道を通って正宮へ
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
参詣をすませ、ちょっと脇に入ってみると、こんなところに
トゥトゥ・ツリーを発見!
クリックすると元のサイズで表示します

駅に戻り、再び「みえ」で松阪まで引き返す。
クリックすると元のサイズで表示します
駅のスタンドで「伊勢うどん」を食してから、
クリックすると元のサイズで表示します
徒歩で・・・途中の松阪城跡に登ると今日の会場が眼下に見える。
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ会場に到着するとポスターがお出迎え。
クリックすると元のサイズで表示します
「女子十二楽坊2007世界巡廻音楽会日本ツアー」の初日である。
今日は、前列下手側からハニカミテンちゃんを間近に観る。
前半が青、後半が朱の衣装でのステージ。
後半は、下手側に合唱隊が編成されいい感じのアングルになる。
改めて見ると合唱隊のメンバーの順位が高いことに気づく。
演奏に酔いしれているうちにアンコールの自由で完了。
帰りの時間に急かされ、握手会をせず帰路につく事に・・・
0

2007/8/19

Midsummer Night's Love Songs  飯島真理
東海道線を名古屋から品川まで乗り継ぐ。
途中、清水−富士間をふじかわ号でワープし
三島の途中下車20分を捻出。
渋谷クアトロに開演10分前に到着。
クリックすると元のサイズで表示します
ご本人不本意なところがおやげないステージ
あるがままを受け入れて進んでいってほしい。
クリックすると元のサイズで表示します
昨夜の裏をかえしたバーボンオンザロックに
酔い、彼女のサインをお土産に帰路に・・・
0

2007/8/18

アスナルライブ  相馬裕子
灼熱の名古屋へ
クリックすると元のサイズで表示します
金山に相馬さん登場
クリックすると元のサイズで表示します
ステージの脇には噴水ツリー
クリックすると元のサイズで表示します
ステージの後にサインを貰い、マンゴースムージーで休憩後散会。
続きを読む
0

2007/8/12

kotorikiに引かれて善光寺参り  コトリ木
帰省モード
一旦実家へ、午後から長野道を北上する。
クリックすると元のサイズで表示します
ウェイ=路=ジ・・・そうか、
「アルプスの見えるハイ・ジ」で正解。
さらに姨捨SAからの眺め
クリックすると元のサイズで表示します
丸をつけた辺りが写真家コトリ木さんが
ワイドビューから撮った風景になる。

長野市に着いて、まずは善光寺へ・・・
本堂前には櫓と提灯で盆踊りモードに
クリックすると元のサイズで表示します
参詣をすませ、ネオンホールへと戻ると
本日のメニューが入り口に置かれている。
クリックすると元のサイズで表示します
シェフのおすすめは神戸産のコトリ木(笑)

地元の演者に続いて、いよいよコトリ木
長野初見参!
ピアニカ前田さんのサポートで新曲を
織り交ぜた暑゙いステージを無事終える。

ライブがハネて、リンゴジュースで祝杯を
あげさせてもらい、深夜の長野道を南下し
帰宅。
0

2007/8/11

エレクトロニカな世界  その他(女性)
三沢泉さんがサポートで出るというので
夏休み初日は急遽上京。
有楽町GTF2007経由で渋谷LUSHなる空間へ
クリックすると元のサイズで表示します
cokiyuのCDリリースパーティということで
miroqueユニットにヴィブラフォンで参加
された三沢さんを拝見。
cokiyuステージにはハープ(アイリッシュ?)
が2台も登場して不可思議な世界へ・・・
時間切れで途中退場し、帰途へ。

湘南新宿ラインの選択が横浜手前で隣の
京浜東北線の事故で大遅延、熱海で
接続がなくなり、ながらで箱根越えに。
0

2007/8/5

修善寺 桂座  スパコネ(伊藤芳輝)
開湯1200年といえば、こちらにもということで
クリックすると元のサイズで表示します
伊藤さんが出られる赤木りえさんらの桂座ライブに
慌ただしく出掛ける。
クリックすると元のサイズで表示します
奇遇に修善寺も今年が開湯1200年なのですね。
クリックすると元のサイズで表示します
やはり修善寺温泉といえば「独鈷の湯」、には今は
入れない。そこで開場までの小一時間近くの別の湯に
浸かってから会場へ。
クリックすると元のサイズで表示します
心地よい風が吹く修善寺の境内に腰を据えて、本堂
手前のステージで繰り広げられるめくるめくフルート、
ギターそしてパーカッションのコラボレーションを
堪能する。
終演後には、ついにスパコネDVDをサイン入りで入手。
いやーめでたい。
0

2007/8/5

仙山線宝さがし  その他(の物)
本日のミッションは新庄から仙台へ牛タンを食しに。
新幹線で福島まで出るつもりだったが仙石線を回り
山寺に寄ることに。
まずは山形まで南下して、本日から始まる花笠の
雰囲気をパチリ。
クリックすると元のサイズで表示します
仙石線に入って8時過ぎに山寺駅に到着。
クリックすると元のサイズで表示します
見上げる五大堂(矢印)を目指す。
クリックすると元のサイズで表示します
途中にはあの「閑かさや岩にしみ入る・・・」
クリックすると元のサイズで表示します
五大堂からの眺め、先に見上げた駅(矢印)が眼下に。
クリックすると元のサイズで表示します
1時間半の滞在を終えて山寺駅に戻る。
2番花笠1番七夕、明日から七夕、そうだ仙台へ行こう!
再び快速仙台行きに乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
県境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・土讃線の坪尻
辺りを彷彿とさせる仙石線を小一時間で仙台に到着する。
改札を出ると早速、七夕飾りがお出迎え。
クリックすると元のサイズで表示します
仙台の街を行くとそこかしこで七夕飾りの準備が進行中。
(クリスロードのBGMも七夕モード?)
クリックすると元のサイズで表示します
モール街を彷徨するうちに・・・
クリックすると元のサイズで表示します
仙台の先達さんのお勧めのサンモール一番町を確認。
クリックすると元のサイズで表示します
そしていろは横丁を一巡して、
クリックすると元のサイズで表示します
隣の「利久」の「極」でようやくほぼ1年越しの牛タンとの
対面を果たす。
クリックすると元のサイズで表示します
ランチを済ませ、今宵の花火大会の案内を横目に見つつ
仙台駅へと戻る。
クリックすると元のサイズで表示します
昼のはやてに乗り東京へ戻り、そして熱海までは初めて
「スーパービュー踊り子」に乗ってみる。
伊達に「スーパー」は付いていない、普段の在来線の
車両より一段高い視点から見る風景は、いつも見ている
東海道線の車窓の風景とどこか違って見えるのは気の
せいではないはず・・・海もいつもより多く見えていたし。
やはり踊り子はスーパービューに限る、という結論を
得て、東北夏祭りフライングツアーを終了し17時には
一旦帰宅。
0

2007/8/4

うさぎ追いし山形  本谷美加子
今年もほたる火は無理かなぁ

行ってきます。

行ってきました、の回想録。
ウサギ(台風5号)を追いかける形で東北に向かう。
ウサギの逃げ足が速くて無事ほたる火に会えることに。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
途中、再びの高畠で途中下車しワイナリーでワインの
買い出し後、一旦米沢まで戻り再びつばさで新庄へ。
クリックすると元のサイズで表示します
ホームに降り立つと肘折温泉とほたる火コンサートの
コーナーがお出迎え。
駅前でオカリナコンサートチャーターバスに乗り込み、
まずは開湯1200年の肘折温泉へ。
クリックすると元のサイズで表示します
貰った無料券を使い湯屋で一風呂浴びて再びバスに乗り
いよいよ会場の棚田へ移動。
手入れの行き届いた一面の棚田の真ん中の一枚を更地に
してそこが今宵の会場(風景の右手奥)。
クリックすると元のサイズで表示します
振り向くと、ウサギが通り過ぎた幻想的な山形の空。
クリックすると元のサイズで表示します
遠くにコトリの囀りとヒグラシの声をバックに始まった
コンサート、辺りが徐々に暗くなってバックが虫の音に
変わる頃には一面、1200のほたる火が灯りまさに圧巻。
クリックすると元のサイズで表示します
・・・乱舞させてみました。 ちなみにホタルの正体は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
オカリナとほたる火に酔いしれて棚田を後に新庄へ戻る。
蕎麦と酒田の岩ガキを食して新庄で一泊。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ