2013/8/10

池袋上席A  寄席演芸
勢いで買ってしまった楽日の前売り券を持って再び池袋へ
クリックすると元のサイズで表示します
会場前の列にならんでみたが、客の入りは先日よりは
気持ち少なめか。
40℃超えの下界から隔離された空間で暫し寄席演芸の
世界に浸る。
今日の昼トリは前フリはなく、粗忽者のマクラから
「粗忽の釘」にそのまま入っていった。

引き続き夜の部に、今日はトリの正雀師匠まで
牡丹灯籠の正札はがしから栗橋宿までたっぷり
余興の踊りでハネる。

新宿に寄り桂花ラーメンをたぐり込んでから
ゴールデン街を彷徨いてから帰路についた。
0

2013/8/4

池袋上席@  寄席演芸
小三治師匠昼トリに曳かれて池袋演芸場へ
クリックすると元のサイズで表示します
前売り券で入場すると、一番太鼓の前で客席はもうこの状態
さらに立ち見がぐるりと囲んで満員御礼でトリまで・・・
トリはマクラも早々に「青菜」

引き続き夜の部の中トリの代演扇遊師匠の「天狗裁き」まで
聴き、早めの帰途につく
クリックすると元のサイズで表示します
(帰り際の立て看)
0

2013/4/27

深夜寄席  寄席演芸
原宿から副都心線で新宿3丁目、末広亭深夜寄席を覗く
今夜も満席状態のなか桟敷に潜り込み、権兵衛狸、短命に
続いて亜朗の体力勝負の反対車、夏どろのトリでハネる。
終演後は、桂花でミニラーメンを食べてから池袋の宿へ。
0

2013/2/9

寿限無系  寄席演芸
床屋でのBGMがラジオに変わると、真打ち競演の最中
いつの間にやら土曜の午前中になっていたのですね。
トリは夢之助師匠の「寿限無」と「たらちね」の合体版

聴き終えて、昼過ぎは図書館で「昭和記念公園」こと
立川志の吉の講演で、子供にも分りやすい「寿限無」と
「桃太郎」の二席を聞く。
満員御礼状態で、高座の真横に設えられた席で見るが、
今日の教訓:「落語は横から見ると上下が判りにくい」

時間の都合で仲入りまでで中座し富士へ移動を開始する。
0

2012/10/28

理大カミングデーぞめき  寄席演芸
豪華景品の抽選会に曳かれて久々に飯田橋へ。
抽選は参加賞の500円金券、トレドライスに還元

クリックすると元のサイズで表示します
出し物に寄席もあるようなので、有楽町で復興イベントに来ていた
桑原に会った後、磐梯山をご祝儀に実演氏に渡して厚木へ向かう。
0

2008/8/10

圓朝まつり2008  寄席演芸
一年ぶりの全生庵
2005年の時と同じような1日が始まる。
今年の最後尾はここ
クリックすると元のサイズで表示します
そして今年の「会長を探せ」は馬風師匠に・・・
クリックすると元のサイズで表示します

福扇に色紙に手拭いの大人買いをして、競争率4倍の
奉納落語会(1部)でこみちの成田小僧を聴いた後
日暮里駅へ移動し第二目標地へ移動。
0

2008/7/6

黒門亭  寄席演芸
上野公園を出て途中セルフの生姜焼き定食で昼食
そのまま歩いて湯島で落合い黒門亭へ
クリックすると元のサイズで表示します
ゆかたの日の二部の高座へ、
道灌・転失気・鰻の幇間・三味線漫談・お見立て
17:10過ぎにハネる。
0

2007/6/25

新宿末廣亭夜の部2  寄席演芸
夜主任の小三冶師匠をお目当てに再び末広亭へ
クリックすると元のサイズで表示します
今宵は北の話題のまくらから「野ざらし」へ。
きっちりサゲまで聴かせていただきました。
0

2007/6/22

新宿末廣亭夜の部1  寄席演芸
夜主任の小三冶師匠をお目当てに末広亭へ
クリックすると元のサイズで表示します
生小三冶は14年ぶりだろうか
微妙な「水」のまくらから「天災」へ。
天災にいたっては四半世紀ぶり位。

0

2006/8/6

圓朝まつり 2006  寄席演芸
ひょんな展開で今年も「圓朝まつり」に立ち寄る。
クリックすると元のサイズで表示します
去年の学習から9:30にJR最寄の日暮里駅から会場へ
やはり既に行列はできていたが今回は「最後尾」の
看板はまだ出ていなかった。
10:00開場、お目当ての寄席文字実演販売で「響」、
「蝶」の二文字を所望(1枚壱千円也)する。
おまけに四文字分も大枚叩いて準備完了。
他の出店を瞬間冷やかして再び日暮里駅へ戻り、
千葉へと向かう。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ