2007/9/23

ライブ@ハートランドスタジオ  相馬裕子
今日は昼から一路西へ
名古屋駅に着けばいつものSugakiyaラーメンで支度し
去年相馬図鑑で2,3度通った懐かしのハートランドへ。

クリックすると元のサイズで表示します
今回は(多分ジョイントのせいか)客席の客層はかなり
独特な感じ。
いきなりエレキ津軽三味線弾きの演奏から始まり、次が
相馬さんのステージ。
さすがに新曲(仮)1%のお披露目では結構緊張の様子
でしたが、MCでは机をつる話やら地元トークを交えつつ
リラックスした雰囲気のステージでした。

相馬ステージが終ると、即撤収、ひたすらに東へ戻って
日付の変わった沼津に到着。
0

2007/8/18

アスナルライブ  相馬裕子
灼熱の名古屋へ
クリックすると元のサイズで表示します
金山に相馬さん登場
クリックすると元のサイズで表示します
ステージの脇には噴水ツリー
クリックすると元のサイズで表示します
ステージの後にサインを貰い、マンゴースムージーで休憩後散会。
続きを読む
0

2007/7/1

[Eve] Release 記念LIVE  相馬裕子
1年前に半年間通い慣れたかの地へ再び。
お約束の看板が出迎える。
クリックすると元のサイズで表示します
開場の1時間前からのチケット交換に並んだ後、
開場までの間、付近を散策。
思いがけないところでにょっきり六本木ヒルズを
見つけ(・・・横に子分を従えて)
クリックすると元のサイズで表示します
女性客が並んでいたマンダラの前を通ると何気に
フルカワ氏とすれ違う。

会場内は、去年よりイスの数は少なめ?
今回は限定クッションイスがあったのでちゃっかり
いい席をキープ。
フル&ヨシの川のサポートに囲まれライブが始まる。
相馬図鑑ツアー中に遺書を用意していた話など相馬さん
の気遣い、律儀さを感じるエピソードを聞きつつ
ゆったりとした流れの105分であった。

Eveワインをお土産に、渋谷で打ち上げた後、帰宅。
0

2007/6/1

雨降る丘の約束事  相馬裕子
週末のこだま・ひかりで六本木へ駆けつける。
BGMは「de light」と「CHEERS!」
途中、品川でJR切符から京急へSuicaへの接続を初体験、
なかなか賢い。
大江戸線の六本木駅を出て横断歩道をひとつ渡った所が
今宵の会場六本木 morph tokyo
クリックすると元のサイズで表示します
相馬さんの出は、予定より少し押した20:40過ぎ。
1曲目の「スパゲティー巻きつけて」では眠り姫の様子。
2曲目以降では元気そうな様子を見せつつもやはり不安が
見え隠れ。来月には全快のステージでお会いしたい。
計5曲、最後の「永遠を探しに」の始めではマイクコードが
スパゲティー巻きつけてになってやり直しのハプニングも
ありつつも、無事に毛布のライブが終った。

初登場のEveの赤ワインをお土産に六本木を後にする。
クリックすると元のサイズで表示します
(左が先行発売Eve-CD、右が初登場Eveワイン、背景はCD特典ポスター)
0

2007/5/21

Eveの日  相馬裕子
今日はセルフカバーアルバム第二段「Eve」の
先行発売の日だそうである。

前作「Adam」の先行発売日から丁度11ヶ月後。
思いの他早い(←失敬な)リリースとなった。
0

2007/4/25

四谷、馬場  相馬裕子
あめまっちの紹介で四谷ゑいじう
石野田奈津代初個展
〜カキカキらららパシャ展〜に立ち寄る。
クリックすると元のサイズで表示します
絵、写真と音楽とのコラボレーション空間に暫し佇む。

丸の内、南北、東西をスイカで乗り継ぎ高田馬場へ移動。
4ヶ月ぶり、今年初の相馬さんが出るジョイントライブへ
ここは、ファンクラブ手配>ローソンチケ>店頭発売の順
のようで後からの入場になるが前2列目の上手側に1席を
キープする。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年に続く「心唄」、今回のメンバーは出演順に
相沢巧弥子 /堀江理沙/相馬裕子/米倉千尋
この会場CLUB PHASEは相馬さんの生ライブを初めて見た
縁の地・・・でも会場内部の記憶があまりない。
今日の相馬さんはハスキー相馬になってしまいおやげない
ことになった。早く復調されることをお祈りします。
ちなみにロビーではイブの予約も始まっていた。
0

2006/12/25

Silent Night 2006  相馬裕子
新横浜経由東横線で代官山に初めて下車。
今年の聴き納めは「晴れたら空に豆まいて」
相馬さんのステージ。
クリックすると元のサイズで表示します
2006−終了

0

2006/10/20

『Adam』 release live with 古川楽団♪  相馬裕子
新幹線で会場へ駆けつける。
渋谷駅山手線外回り4号車2つ目のドアからスタート、
リハーサル通り道玄坂を登り、道頓堀劇場の脇を抜け
19:15に渋谷 DUOに到着。
いままでの相馬図鑑とは違った雰囲気でゆったりとした
空間でのライブ。
巨匠のバックに囲まれ、時々ハンカチプリンセスになり
つつ、相馬さんの大人のステージが繰り広げられる。
客席のテーブルの灯の揺らぎ越しに聴く「相馬裕子」の
Adamの楽曲たちに最高の時を分けてもらう。
クリックすると元のサイズで表示します
中トリは相馬図鑑のときにも聴いたドラマチックで壮大な
アレンジの「愛が教えてくれたもの」。「空と海の・・」と
並ぶライブでの珠玉の一曲になったと感じた。
クリックすると元のサイズで表示します
2時間弱のライブ後のステージの余韻を感じつつ、
「あの駅まで」ご一緒した後、帰りもリッチに新幹線。
0

2006/9/10

心唄@渋谷  相馬裕子
上野から中央線横断ルートで渋谷へ。
渋谷から徒歩10分弱、会場のTaU KITCHENに到着。
チケット入手し22で入場してみると
(多分普通はオールスタンディングのはずが)
前から4,5列までは床にお座りモード。
(・・・そしてここには座布団は付いてない)
O.A.(前座)は弱冠中学2年の永井真子っ子、
そして堀江里沙嬢の世界に続いて登場は相馬さん。
吉川みきさん、あめまちゃん、小池栄子(似)氏と
いうバックメンバーを従え、相馬図鑑で培ってきた
充実のステージが繰り広げられる。
ギター、バイオリンをしっかりとリードする吉川
さんのパワフルなキーボードプレイで各曲が大いに
盛り上がり、歌い終わった後の相馬さんの憂いを
帯びた表情をいっそう引き立てていた。

途中自分で振った誕生日ネタから、吉川さんの伴奏で
会場全体のバースデー合唱になるという展開になった
などイブイブこそのお楽しみがあったライブであった。
0

2006/8/20

Summer Party in 相模湖  相馬裕子
Cheers!!を挙げに「さがみ湖ピクニックランド」へ。
会場は園内のシシャモ、じゃなくシャモーニでもなく
そうシャモニー(あら何気に写り込んでいる方々が・・・)
クリックすると元のサイズで表示します

集合写真撮影から始まり、番組公開収録、そしてBBQ。
宴酣でのクッキーの試食タイム、そしてテーブル毎の
懇談会。あっという間の90分が過ぎて最後は記念撮影
&サイン会で散会。
町田まで送ってもらい、そこからJRを乗り継ぎ帰宅。
途中、20:30頃”大磯”を通過
・・・ANIPAコンサートはどうだったのだろう。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ