〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2015/6/5

魚野川本流 痛恨の・・・  フィッシング

今朝は下流部にある業務用食料品店に買い物があったので、
店が開く9時まで下流部で実釣

クリックすると元のサイズで表示します

早朝のアンティーズハウス前は綺麗な朝焼けでした。

クリックすると元のサイズで表示します

渇水気味の上流部に比べ、下流部は状況は悪くないものの水位は低いです。

クリックすると元のサイズで表示します

水温は11℃だったので、早朝ということもあり、緩流帯の深みを狙いましたが
出るのは画像のような虹鱒ばかり。

クリックすると元のサイズで表示します

本流スプーンミメラでボトムを攻略しているにもかかわらず、
小物がバイトするので、優位性の高い大物は別の場所にいる可能性を考え、
瀬頭の荒瀬を狙うことにしました。
しかし、居そうなはずの核心は沈黙。

なんとなく釣り下ると、落差のあるガンガン瀬から激しいアタリがありました。
勢いに負け、ロッドの角度を調整できず、久しぶりに焦りました。

なんとかランディング寸前まで寄せましたが、
「ばれるかも?」と思った瞬間、案の定、バラシ。
非常に残念でした。
ヒットは60クラスのレインボーです。

ランとランの間の勾配のある激しい流れの中ですから
早朝のプライムタイムに大物が入るような場所には見えなかったので、
「ヤマメでも出たらいいかな」のような油断を後悔しました。

減水により、カワウなどの天敵から逃れる隠れ場所を探して移動していたのでしょうね。
トラウトの習性は分かっているつもりでも
まだまだ意外性を感じることがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

『カジカガエル』

この時期、河原で鳥のさえずりのような鳴き声を出しています。


大物画像は週末のお客様にお任せしますが、
来週は時間があれば下流部中心でリベンジするつもりです。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ