〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2008/5/28

魚野川は、好調です  フィッシング
先日の雑誌取材で、核心部を流せなかったので、リベンジに行きました。

川に入って早々に強いアタリ。
今年使っているロッドは、若干硬く、魚が暴れるので、バラシが多発しています。
そこで、ロッドを使い慣れた物に替えたところバラシはゼロになったので、
乗れば、もう安心です。

ところが・・・
最近はやりのPEラインを取材に同行した辺見哲也さんからいただいたので、
使ってみたのですが、結束をミスったようで、抜けてしまいました・・・
水面を何度もジャンプする姿は、40cmぐらいのヤマメでした。
やりなれないことは失敗から学ぶのだ!と、自分に言い聞かせ、
気を取り直して、リーダーをしっかりと結び、再開数投目、
また大きいヤマメがチェイスして来ます。
ルアーをダートさせるとテールフックに食いつきました。
35cmぐらいあったので、寄せてネットに手を掛けると、またしてもバラシ・・
浅かったのでしょうが、なんともやりきれない気持ちでした。

気を取り直して、ポイントを移動。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで出たレインボーです。
42cmと小さめですが、ひれの発達した良いコンディションでした。
顔つきがワイルドなら言うこと無しです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、またばらしたポイントに戻り、数投目。
出ました。
魚野川らしい、太いオス岩魚です。
サイズは46cmですが、50cm以上に見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

迫力が、うまく伝わらないかもしれませんが、
鼻の曲がった、素晴らしい魚でした。

それにしても、あの辺りは、大きいのがたくさんいます。
今回撮った写真を流用して、取材記事もいずれ雑誌に載ると思います?

次は、本流のパーマークのある40ヤマメを狙いたいですね。

ポイントを知りたい方は、お誘い合わせの上
どうぞ泊まりに来て下さい(笑)

2008/5/19

魚野川は、盛期に入りました  フィッシング
今朝は、少し下流部へリサーチに出掛けました。
風が強く、キャスティングで距離を稼げそうもなかったので、
ダウンクロス中心に流してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

深場で、ディープダイバーを使うと
暫くしてリトリーブの感触がおかしいとは思ったのですが、
この始末です。
それほど頻繁に使っていないのですが・・・

水温は、11℃になっており、時折水面にヒゲナガが走っているので、
その後は、全てフローティングのシャローランナーで徹底することにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

すると、31cmの岩魚と25cmのヤマメが立て続けに出ました。
本当は、もっと大きいのを狙っていたのですが、
瀬の水面直下で楽しめたので、満足です。

盛期が到来していますね。
明日は雨がちになるようなので、雨上がりには大きいのを狙ってみます。


クリックすると元のサイズで表示します

昨日までのお客様の中に↑を連れて来たグループがいらっしゃいました。
プレーリードッグです。
飼っている仲間の皆さんがうちに集まったのですが、しぐさが凄くかわいらしいです。
立ち上がった姿を見せてあげたいです。
またみんなで来て下さいね。

2008/5/15

今年も川原で一苦労  フィッシング
今朝は、雨上がり。
低温注意報が出て、夜明けごろの気温は、6〜7℃でしたが、
元気に出掛けました。
目指すポイントは、私の一番好きなところです。

クリックすると元のサイズで表示します

水温は、若干下がりましたが、リサーチ目的なので、
まずは、シャローランナーを立ち居地を変えずに様々な方向へ
キャストしました。
「やはり、今日は活性がおちたか?」と思った瞬間に「グン」とアタリが。
BBSと同じ画像ですが、泣き尺岩魚がバイトしました。
大物が出る予感がしたので、粘りましたが光量と水の色からすると
そのポイントでは、表層近くを意識してくれないと厳しそうだったので、
移動しようと車に戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

遠目に見ると車が沈んでいるような感じがしたので、
嫌な予感がしたのですが、パンクしてました・・・
どこかで釘でも拾ってしまったのでしょう。
ごつごつした川原をとりあえず脱出すると
あっという間にこの始末です。
「タイヤ買わなきゃ」、「いや、そんなことより無事に帰らなくては」
などと途方にくれながらスペアタイヤに履き替え帰宅しました。
その時点で、もちろん既に釣りはあきらめです(笑)
1年前のGijieの連載にも書きましたが、昨年も川原でカメになり、
今年もやらかしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、川原の低木などを触ると、
ものすごい数のヒゲナガが飛び立ちます。
今年は、久しぶりにウェットもやろうと思います。
フライは、へたくそですけどね。
キャスティングだけでも楽しもうと思います。

と、言いながら明日もルアーでちょっとだけリサーチして来ます。

2008/5/13

魚野川と今日の山菜  フィッシング
久し振りの更新になりました。
3月並みの寒さは、ようやく収まったようです。
今朝は、魚の画像を確実に載せるためにうちの周辺を流しに行きました。
ポイントに着いて5分もたたずにジャスト30cmの岩魚が出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

カケアガリの下流にポジションを取って、
アップクロスのファーストリトリーブで数投後の結果です。
本流でアップに出るなら、盛期の訪れと思って良いでしょう。
まだまだ釣れそうだったのですが、旧塩沢町内は、
うちに遊びに来てくれる方達のためにできるだけ場荒れさせないようにしていますから
納竿して、ウド採りに変更しました。

クリックすると元のサイズで表示します

田植えも着々と進んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

これが山ウドです。
大漁でしたが、新芽の天ぷらやキンピラが
うちの子供も大好物なので、お客様の分も含めてまた採りに行きます。
ここ以外にも秘密の?場所があるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

渓流釣り好きな方は、ご存知かもしれませんが、
沢筋によく群生するミズです。
本名はウワバミソウというのですが、
皮をむいてたたくとトロロのようになります。
ゆでると鮮やかな緑になり、目も楽しませてくれます。
昔は、山間で切り株などを利用して、なたで味噌と一緒にたたいて
おかずにしたと聞いたことがあります。

明日は、10時ごろまで時間があるので、下流部で超大物狙いをして来ます。
ついでにワラビ採りもするつもりですが。
雨がちになりそうですが、ちょっと楽しみです。

2008/5/5

’08のGWと魚野川  フィッシング
このGWは、夏日が続き驚きの暑さでした。
昨日は、うちの周辺も30℃近くまで気温が上がり、
小出では、31,5℃を記録しました。
残雪が溶け、午後になると川が荒れる日々となり、
魚野川に慣れていない方には、少々シビアな流れでしたが、
少なくとも午前中の本流は、水は多いものの良い雰囲気を見せていました。

たくさんのお客様がいらしてくれて、ありがたい限りです。
今年は、ファミリーで訪れてくれた方々の多くが、
お父さんが釣り好きで、
あわよくば家族サービスの合間にちょっと流そうと
ひそかに計画していた人達でしたが、
そうは問屋がおろさなかったようです(笑)
次回は、釣り仲間ともいらして下さい。
あ、ちゃんと奥さんとお子様の許可を得てきて下さいね(笑)


クリックすると元のサイズで表示します

これは、3日にお客様が釣った本流居着きのヤマメ32,5cmです。
HPのBBSには、31cmのヤマメをアップしましたが、
暑さで、ヒゲナガのハッチも始まり、活性が上がったようです。
時期的には、少し早いですが、これも自然の恩恵です。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、4日のレインボー。
43cmとレインボーにしては、小柄ですが
素晴らしいコンディションです。
全体画像は、BBSに釣ったお客様が投稿してくれています。

どちらも常連さんの釣果ですが、
GWの人出の中、打ち合わせ通りに竿抜けが予想できたポイントを
丁寧に探った成果です。

他にも大岩魚のバラシや
魚の確認はできなかったものの乗らなかったアタリなど、
多くのお話を皆さんから聞かされました。
そろそろ瀬にも入りそうです。
最盛期は、すぐそこですね。

このGWには、釣りや家族サービスのお客様だけではなく、
山菜採りの方やのんびりと山を散歩しに来た方、
ペットを遊ばせにいらした方などもいらして、
楽しい時間をそれぞれに過ごせて頂いたと思います。
そうそう、
クリックすると元のサイズで表示します
こんなバイクに乗ってツーリングの途中に泊まっていただいた人もいました。
年配の方なのですが、格好良かったです。
今頃は、どこを走っているのでしょう。

私は、明後日か明々後日から、魚野川のリサーチを再開します。
ちょっと大きめの岩魚を狙いたいと思っています。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ