〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2008/7/31

夏  自然体験
クリックすると元のサイズで表示します

今日のうちの前です。
暫く、夏の日差しから遠ざかっていましたが、
夏らしくなってきました。
心地よい風が吹き、キリギリスの鳴き声が響きます。
セミやオニヤンマも出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日まで、高校生の野球部が合宿してます。
みんな頑張ってます。
私も若い頃を思い出しました。
夏合宿・・・辛かったなぁ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これらは、うちにいるオオクワガタとヒラタクワガタです。
オオクワガタを近所で捕った方は、まだいませんが、
昨年は、ヒラタクワガタを捕った方がいました。
ヒメオオクワガタの採取に成功した方もいます。
ミヤマクワガタは、多い人は一晩で20匹ぐらい捕っていましたが、
運もあるのでしょうね。

このオオクワガタは、知人にいただいたものですが、
新潟県の某所で捕れたものです。
どちらもつがいでいるので、
上手に飼って増やしたい人に差し上げようと思っています。
でも、一人ずつしかあげられないので、どうしようか思案中です。
今のところ、お盆の頃に2泊以上した方で
ノウハウ(?)をお持ちの方に差し上げるつもりですが・・・
応募者?多数の場合は、抽選にさせてください。
たくさん増えたら、少し分けて下さいね(笑)。


このところ、忙しい日が続きましたが、明日からは平常になります。
今年の8月は、うちのペンションにもお客様の入り具合は少なめです。
ガソリンの値上げや諸物価高騰が響いているのでしょうか?

ここは、首都圏からも近く、うちは、宿泊料金もお求め安いと思いますので、
どうぞ気楽にお越し下さいね。

クリックすると元のサイズで表示します

川で泳ぐのも楽しいですよ。
お勧めの川遊びポイントには、
カジカという綺麗な水にしか棲めない魚がたくさんいます。
動きも遅いので、お子様でも捕まえることができます。
そこは、トイレも近くにあるので、女性にも安心です。

大勢でお越しの方には、ご希望があれば、
ご予算に合わせてバーベキューのご用意もしますので、
お問い合わせ下さい。

2008/7/23

夏の夕立  フィッシング
今年の夏は暑い日が多いのでしょうか?

でも、ここは山沿いなので、時折激しい夕立もあります。
先ほども大雨が降り、気温は一気に25℃になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川を見に行くと、泥濁りとなっています。
クリックすると元のサイズで表示します

この濁りは、雨がやめば、朝にはクリアになります。
濁りが取れるのが早いのは、魚野川の特徴のひとつです。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな増水の後に波立つ瀬やボサ際、オーバーハングした木の下などで
銀毛化した大ヤマメが釣れるのが今の季節です。
この画像は、昨夏のものですが、いわゆる『戻りヤマメ』です。
下流の堰で育ったヤマメで、湖で言えば、ランドロックサクラマスと
似た境遇でしょうか。
こちらでは、下流の妙見堰で回遊して育つことから
『妙見ヤマメ』とも呼ばれています。
これらは、真夏の風物詩です。
サイズは、30〜35cmが主で、この画像は33cmのレギュラーサイズですが、
40cmクラスが出ることがあります。
猛烈なスピードでルアーやフライにバイトするので、楽しいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

トラウト雑誌「Gijie」の連載が今月号で最終回を迎えました。
秋の雑誌改編に伴い、2年半の連載もここで終了という訳です。
他にも多くの連載が終了していきます。
お問い合わせをいただいた方々、そんな理由なのでご了承下さい。
きっと、ますます面白い本になることと思いますよ。


さて、8月は、うちの宿もまだまだ空室が目立ちますので、
釣りや昆虫採集、川遊びなどの自然体験に是非どうぞお越し下さいね!

2008/7/16

魚野川・・・夏到来  フィッシング
いよいよ夏ですね。
こちらは、大気の状態が不安定な日も多いのですが、
梅雨明けが近いのでしょう。

魚野川のトラウトも夏の荒食い時期を迎えました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

上の2枚は、お客様の釣果です。
33cmの本流居着きヤマメと59cmのレインボーです。
今年は、レインボーもコンディションの良い個体が多いです。
レインボーは、秋にも活性が落ちず、フライやルアーを果敢に追うので、
シーズンの最終日まで楽しめそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

古いスプーンのカラーをアレンジしたので、
試し釣りをするとヤマメが夏らしいバイトをしてくれました。
これは、31cmの居着きヤマメです。
綺麗でしたよ。
このあと、鮎やハヤも含めて、多くの釣果がありました。
年のせいか?スプーンをフライフィッシング的に使い、
スローな釣りをするのが、若干のマイブームです。

クリックすると元のサイズで表示します

カブトムシやクワガタも活発になってきました。
特にミヤマクワガタは、人気の昆虫ですね。
子供とちょっと探しに行ったらいましたよ。
うちのすぐ上の沢に大発生したホタルの画像も載せたいのですが、
私のカメラじゃ残念ながら撮れませんでした。
うちの周りには、キリギリスが鳴き、
夕方にはヒグラシが、「カナカナカナ」と涼しげな泣き声を響かせます。

クリックすると元のサイズで表示します

釣りの話に戻りますが、
このコガネムシは、この時期本流トラウトのベイトのひとつになっています。
フライフィッシングには、試しに巻いてみてください。
私の経験では、レインボートラウトが興味を持つことが多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

唐突ですが、蛙は、愛嬌がありますね。
なんとなくほほえましく思うので、載せてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、昨日川原の葦原に亀がいました。
つかむと引っ込んで出てこなかったので、種類がわかりませんが、
野生の草亀でしょうか?
それとも捨てられたミドリガメが大きくなったのでしょうか?
私が小さい頃は、横浜でも野生の亀を捕って飼ったものです。
古い話ですが、その頃を懐かしく思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、これは何のヤゴの抜け殻でしょうか?
オニヤンマではないのですが巨大です。

きょろきょろしていると、いろいろな発見ができる季節も夏ですね。

2008/7/3

魚野川と自然  フィッシング
このところトラブル続きで、好い時合いに川に出ていませんが
ゆっくりと川を歩くといろいろな発見があります。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の朝の魚野川本流です。

クリックすると元のサイズで表示します
鮎も随分と大きくなりました。
もともと気性の荒い魚なので、そろそろトラウトより強くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

本流の浅瀬にいました。
私が子供の頃は、沼や小川で捕りました。
今でも「マッカチン」って言うのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ランディングネットをなくして以来、
ときどき浅い瀬で50mmに満たないミノーを流して
こういうチビと遊んでいます(笑)
早朝は、そんなところにも大物が出ることがあるので、
いつも狙いは大物なのですが。
でも、本流にこのサイズ(20cmぐらい)の岩魚がいるのは
良いことですね。

クリックすると元のサイズで表示します

カタツムリが2匹からみあっていました。
カタツムリは、雌雄同体だったと思いますが、交尾もするのでしょうか?
雌雄同体も不思議ですが、不思議な生き物です。


今日と明日は雨が降りそうです。
まずまずのサイズのランディングネットも借りました。
これで、ウェーディングしながらシビアな場所も流せるので、
次回はちゃんと大物を狙って釣りをしようと思います。

ここ数日、ネットを買おうとしてWebでいろいろ探したのですが、
なかなか良い物が見つからないので、じっくり探します。
良い情報があったらお知らせ下さいね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ