〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2009/2/14

信濃川の取水  フィッシング
スキー・スノーボードシーズンですが、
気になるニュースがあったので、少し脱線します。

それは、今朝のニュースになっていたJR東日本信濃川発電所の河川法違反問題です。
JRは、故意の不正プログラムにより取水データを改ざんし、
超過取水を行っていたそうです。
簡単に言うと、発電のために信濃川を流れる水を
本来認められた水利権の枠から大幅に上回る取水をしていたということです。
これにより、当然川の水は本来あるべき姿を失う訳です。

信濃川発電所の電力が、東京の山手線を動かしているのだそうです。
このことにより、JRの水利権が取り消されることになるので、
山手線への送電には、JRも頭を悩ますことになるのかもしれません。

水力発電所の建設は70年も80年も前のことということなので、
私の意識を含めて日常では当たり前になっているとは思いますが、
首都圏を中心に便利さを追求する余り、
一地域や自然環境を無視した不正は独りよがりで残念です。
環境を保護しながら発展する知恵は無いものなのでしょうか?

今日の地方新聞(新潟日報)のコラムによると、
かつて信濃川には鮭に混じって、時折、キングサーモンが捕れたそうです。
三面川には、1mを超え、25,5kgもある大物の記録もあるそうです。
信じられないことですが、1mを上回るウケクチウグイも捕れていたそうです。
ご存知の通り、魚野川は信濃川の支流です。
過去には、魚野川にもウソみたいな魚が生息していたことでしょう。

省エネや日常の無駄を省くなど、ひとりひとりが意識改革をして行けば
いつの日かまたそんな自然の恩恵に巡り会えるかもしれません。
子供たちのためにも暖冬やゲリラ豪雨等々
病み始めた地球の自然環境を我々の手で救いたいものですね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ