〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2009/3/29

天地人 直江兼続生誕の地〜雲洞庵・坂戸山  
今は、スキー・スノーボードの季節もほぼ終了し、魚野川の解禁前の端境期です。
今後は、魚野川の記事が多くなると思うので、この機会に。

NHKで放送中の『天地人』
主人公の直江兼続は、実は南魚沼の出なのです。
旧六日町の魚野川右岸に見える坂戸山にある坂土城跡に生誕の地碑があります。
魚野川にほど近いこの地で兼続は育った訳ですね。
幼少の頃から非凡な知恵を持っていたと聞きます。
彼の主君である上杉景勝とともに修行に励んだという雲洞庵は、
南魚沼の名所旧跡の中でも特に素晴らしいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

雲洞庵は、樹齢300年にもなる杉林に囲まれ、
なんとも高貴な雰囲気に包まれています。
私もここに移り住んだ頃に何も知らずに行ってみましたが、
身震いするような張り詰めた高尚な気持ちになりました。
門をくぐると続く石畳の道は、その下に法華経が一石一字刻んであり、
歩くだけでご利益があると言われています。

雲洞庵までは、うちから12〜3分です。
坂土城跡は雲洞庵から見えます。
「天地人」巡り?など、周辺の名所旧跡巡りも良いものですよ。
遊びに来たついでに是非お立ち寄りください。
いや、ついでと言うより旧跡巡りのために
丸1日時間を割いて欲しいぐらいです。

旧塩沢町には、雲洞庵以外にも「味噌なめたか」という文句の伝わる
関興寺(ここの味噌はご利益があるという言い伝えがある)や
薬照寺(宝物殿)を初め、小出方面に足を伸ばせば、
西福寺開山堂(国宝級の彫刻や絵画があり、「越後日光」との異名がある)
などがお勧めです。
実は、私も何度も行っています。


★六日町駅徒歩1分の市役所隣では、「愛・天地人博」が行われています。
 賑わっているようですよ。(アンティーズハウスから車で約15分)

公式HPはこちら↓
http://ai-tentijin-haku.jp/



2009/3/26

’09解禁直前の魚野川本流  フィッシング
昨日、旧小出町まで行って来ました。
魚野川は、まだ静かに4月を待っています。

クリックすると元のサイズで表示します

いつものこの時期には、雪で走行できない魚野川本流沿いの土手も無雪です。
中流部のこの辺りまでは、濁りもありません。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、右岸の支流から入っている泥で濁っています。

クリックすると元のサイズで表示します

水位は、高い状態ですね。
昨日のここは、濁りで若干厳しいです。
この下流にある水無川出合いの栄橋が工事中でした。
昨年の7月下旬の破損が、まだ修復されていなかったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日行った最下流です。
この辺りは、釣りに影響するほどの濁りはありません。
この後、ついでに下の息子と小出の美味いラーメンを食べて来ました。

魚野川を知る人は、この雪の無さに驚いたことでしょうね。
でも、昨晩から雪が降っています。
この雪がちの天気は、30日まで続きそうですから、
解禁日に釣行を予定している方は、ノーマルタイヤは念のため避けて下さい。


私は、初釣行は、どこに入ろうか、まだ未定です。
たいてい遅れて行くので、大場所は避けるつもりです。

宿泊のご予約もお待ちしています。
当日予約には、お食事の仕込み等の都合で、対応できないこともあります。
できるだけ、前日までにお願いしますね。(025−783−3442)

P.S.
●2ヶ月ほど前から左ひじが痛みます。
 フライパンやソースパンの持ち過ぎによる職業病でしょう。
 野球のピッチャーがやる肘痛みたいなものでしょうか?
 歳のせい?

●うちのすぐ近くのカメラ屋さんでグリーンジャンボ宝くじの一等が出たそうです。
 前後賞合わせて2億円?
 息子に「なんで買わなかったの?」と攻められましたが、
 「買って当たらなかったら、もっと悔しいだろ?」と言うと
 「そうかぁ」と納得してました。
 でも、ちょっと悔しいです(笑)

●フジロックフェスティバル観覧のための宿泊先をお探しの方へ。

早くもフジロックの宿泊予約が入り始めています。
 現在、2泊以上の連泊を特別料金で受け付けています。(3泊以上大歓迎)
 詳細は、HPでお確かめください。
 http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/charge.html

2009/3/19

'09解禁を控えた魚野川  フィッシング
いよいよ3月も下旬になります。
こちらは、急激に気温が上がっています。
融雪も進み、今日の陽気は初夏のようです。

今はスキー場営業中なので、スキーやスノボーのお客さんを待っていますが、
スキー場の雪も随分と減りました。(まだなんとか全面滑走可能です。)

ここ数日は、お客様も少ないので、Gijieに頼まれた原稿を作成中です。
今回は、若干時間がかかっています。
なぜかと言うと、この手の雑誌によくある論理的な文章ではなく、
昨年まで連載していた「川守のうた」的な原稿にして欲しいとのことなので、、
これが、実は難しいんです。
知った風な口をたたいて、理詰めで書いて良い原稿の方が楽なんですねぇ。
今は、売れないエッセイストになった気分です(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

今日のうちの近くの魚野川本流です。

クリックすると元のサイズで表示します

本来ならこの時期は、まず立ち入れない場所ですが、
普通に川通しで歩けそうです。

ところで、今かかっている原稿が月曜日に仕上がる予定?なので、
25日にお申し込みのあった皆さんの年券を作りに漁協本部に行って来ます。

その時には、下流部の画像も撮って来ますが、
きっと下は雪のかけらも無いのではないでしょうか?

24日到着分まで待ちますので、まだお申し込みしていない方は、
必要データと年券代を送って下さい。
(詳細は、このブログの2/28アップ分に書いてあります。)

4月からの宿は、ガラガラですよ。
魚野川への釣行にどうぞご利用ください!

★GWのお問い合わせが入り始めています。
 まだほとんど全てが空室ですが、お早めにご予約ください。
 雪しろは、ほぼ確実に収まっているはずです。

2009/3/12

「石打丸山スキー場大雪情報続報」最高のゲレンデです!  石打丸山スキー場
昨日の雪が予想以上に降ったので、昨日に続き更新してます。
先ほど、雪かきをしに表にでましたが、
ゲレンデには40cmぐらいの新雪が積もりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲレンデ整備にも力が入っています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、うちで荷物運搬に使う道具です。
一晩でこんなに埋まってしまいました。

14日(土)にも相変わらず空室が、14人分あります。
20日(金)〜22日(日)の連休はまだガラガラです。

スキー・スノーボード好きな方、、もったいないですよ。
どうぞ石打丸山スキー場ゲレンデ前の宿泊の真骨頂を楽しんで下さい。

http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2009/3/11

3月中旬になった石打丸山スキー場ゲレンデの様子&解禁前の魚野川  
クリックすると元のサイズで表示します

上の画像は、アンティーズハウスのホールから見たゲレンデです。
黄砂やブッシュでふもとでは若干美しさを失った石打丸山スキー場でしたが、
昨日からの寒気で全てが覆いつくされました。
今日も1日中雪のようで、おまけに風雪&着雪注意報が出ています!

クリックすると元のサイズで表示します

これは、雪かき中の私の足跡です。
ふっかふかでした。
スキーヤー、スノーボーダーには嬉しい雪ですね。
まだまだ春スキー・スノーボードが満喫できます。

相変わらず、14日の週末や20日からの連休には空室が目立ちます。
14日は、大きな部屋が空いていますが、定員割れでもOKです。
早い者勝ちですよ(笑)。
どうぞ遊びに来て下さいね。
お問い合わせのメールや電話もお気軽にどうぞ。

kyo@ro.bekkoame.ne.jp
025-783-3442


〜魚野川の様子が気になる方へ

月曜日に中流部を見て来ました。
川原には車で入れます。
川の雰囲気は、4月下旬ごろの感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ウェーダーも「シマノ」さんから新しい物を頂きました。
昨年なくしたランディングネットは、悩みに悩んだ末、
大型の「インスタネット」を使うことにしました。
私も一応準備万端?です。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ