〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2009/10/23

人工産卵床 〜魚野川  フィッシング
昨日は、トラウトフィッシングマガジン「Gijie」のインタビュー取材でした。
編集長と作家の平野肇さんがみえていつもの魚野川釣行ではなく、
取材とは言え、のんびりしたひと時を過ごしました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮るために魚野川本流を案内しました。
禁漁の魚野川は、とても静かで夕暮れには趣を感じます。

来月20日ごろ発売の本誌に記事が出ると思いますが
私が書くのではないので、どんな内容かは分かりません(笑)


さて、今日は、常連客のフライマンとともに夏ごろから計画していた
岩魚の人工産卵床造りをしてみました。
Gijie編集長と平野さんもまだ時間があるということで、手伝ってくれました。
このこともついでに記事になるかもしれませんね?

人工産卵床の試みは、漁協の分会長から許可はもらっていましたが、
とりあえず今回は私の所属する支部分会管轄内でということだったので、
本流上流部でチャレンジです。
私の考えていた候補地では、サクラマス捕獲のための罠が仕掛けられ
立ち入ることが出来なかったため、別の適当な場所を見つけて取り掛かりました。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、水通しを好くするために流れを誘導し、水路を作ります。
その後、河床を掘り下げ、平らにならして砂利を敷き詰めました。
簡単に書きましたが、非常に重労働です。

用意したのは、スコップ、三本スキ、つるはし、バール、ノコギリ、バケツ等々です。

クリックすると元のサイズで表示します

本来なら支流や沢に作りたいところですが、
この流域には地イワナが今も生息しています。
ということは、再生産もあるはずなので、ダメモトですが少し期待して、、

クリックすると元のサイズで表示します

昨晩呑み過ぎた私は、早々にダウンしてしまい休憩ばかりでした(笑)
始めは独りでやろうとも考えていたのですが、独りじゃ絶対に不可能でした。
4人いて好かった!

画像は、休憩中に見つけた魚の骨です。
正体は不明ですが、生前は40cmはあったと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

仕上げに柳を切って来て植えました。
川柳は、水さえあればどこからでも根が出て生きますから
早く根が張ることを祈っています。
画像上部の落ち込みには底石が入り組み、深さもあるので
うまく魚が入ってくれれば、隠れ場所もOKです。


自然環境を考慮しない河川改修の歴史から
再生産を育むのに適した場所が減っていることは確実です。
ですが、逆に言えば、
ちょっとしたことで勝手に魚が増えて行く可能性もあると思います。

実際に年配の方に聞くと、昔々は春に川のヘチなどを覗くと
たくさんのトラウト稚魚を見たそうです。
その本来あるべきポテンシャルを活かせれば好いですよね。

偉そうなことを書きましたが
本当は、あまり高尚な気持ちではなく、遊びのつもりでやりました。

来年は、もっと協力者を募り、ワイワイと遊びながらやりたいですね。
イベント化できれば嬉しいです。
腰が痛くて今はグダグダですが、楽しい時間でした。

少し水の動きがあったら、期待して見に行ってみます。
もし岩魚がいたら感動です!

2009/10/19

最近の出来事  
近頃、携帯電話の調子がおかしかったので、ドコモショップに行ってみました。
買い換えようかとも思ったのですが、最近の機械は高過ぎますね。

川にいることが多いので、水に落としても平気なことも貴重な愛用機。
そこで、修理できるかどうか聞いたところ、預かってくれました。

昨日受け取りに行ったのですが、
もうぼろぼろだった携帯電話が、なんと新品になりました!
しかもタダ!
修理中に借りた代替機も無料でした。
みなさんも通話料に含まれて分割支払いができるというマジック?に陥らないで
この出来事をご参考にしてください!
感動的なサービスでした。
ドコモもなかなかやるもんです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


新米も入荷です。
魚沼産コシヒカリの中でも「南魚沼産」、
その中でも「塩沢産」はトップブランドなんですよ。
「日本一旨い米」なんだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、現在も工事中。
私の禁煙の行方は????

クリックすると元のサイズで表示します

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
うちで10年近く働いていたH君は、地元の女性と結婚し元気にしています。
今もたま〜に人手が足りない時に手伝ってもらっています。
昨日は、家族で呑みに来ました。
私と子供たちとの関係は『孫』???(笑)
かわいいです!

クリックすると元のサイズで表示します

2009/10/15

深まる秋  
今朝の気温は、7℃を切りました。
日中は、晴れれば平年並みに20℃近くまで上がるので、紅葉も間近ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川も静かです。

クリックすると元のサイズで表示します

今朝は、霧が濃く幻想的です。
魚たちも今はゆうゆうと泳いでいることでしょう。


アンティーズハウスの外壁が非常に傷んでいるので、
手遅れになる前に修理することにしました。
莫大な費用がかかるので、少しでも足しになるように「禁煙」を試みていますが、
なかなかうまくいきません・・
昨日は、14時間で断念しました(笑)

2009/10/11

冬は、石打丸山スキー場 ゲレンデ前のペンションになるのです  石打丸山スキー場
今回は、当ペンションの宣伝です。

気温も低くなり、少しずつ冬の準備に入ります。
昔と比べ、スキーやスノーボードの予約は直前でも間に合うことが多くなりましたが
年末年始や連休などは、少し早めにご計画していただいた方が無難ですね。

昨年は、少雪に悩まされましたが、今年も暖冬予想が出ています。
とはいえ、エルニーニョほどあてにならないものは無いので、私は気にしてません。

クリックすると元のサイズで表示します

冬になるとホールから見る景色はこうなります。
お食事は、白銀のゲレンデビューホールで食べていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ちびっ子達やビギナーで賑わうアンティーズハウスの前です。
小さいお子様連れには、すぐに宿で休憩・お昼寝も出来るので、ママも安心ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、昨年の平日ですが、プライベートゲレンデのようですね。
最近は、週末でもゲレンデは空いています。
昔のように「リフト待ち」なんてありません。
本当に気持ち好いです。

クリックすると元のサイズで表示します

石打丸山山頂です。
ここまで、最短でリフト3本。
お手軽に標高の高い山に登れるのもスキー場の魅力です。
登山だったら大変ですからね(笑)

石打丸山スキー場は、かなり広いので滑り甲斐もあります。
老舗スキー場は、ゲレンデも変化に富んでいて楽しいです。
また、山頂からは、ガーラ湯沢スキー場にも連結してます。

クリックすると元のサイズで表示します

これが冬の玄関です。
雪の多い年は、ポーチの階段が全部埋まります。
スキーやスノーボードには、玄関の下にある乾燥室から直接出入りできます。

右にチラッと見えるブルーシートがかかっている車はキャタピラの運搬車です。
これで、皆さんの荷物を運びます。
駐車場や越後湯沢から送迎した時の降車場所からは、徒歩1分程度なので
アクセスも好い上でゲレンデ前のロケーションとなるのが
リピーターの皆さんからは人気なのです。

1,5泊プラン、ファミリープラン、レディースプラン、シニアプラン、、、
安くとまれる平日サービスプランや貸切りプランなど、
プランの詳細は、HPにもあります。
もちろん、リフト券割引もOKです。

また、今年は、1/3から平日料金でご提供させていただきます!
人気の「くじ引き」は平日のみとさせていただきますが、
1等の宿泊代50%オフは健在です!

ご予約はHPの予約フォームでも大丈夫です。
お問い合わせもご遠慮なくどうぞ。

学生様などのサークル合宿、ゼミ合宿やオフ会等々団体様も歓迎です。

どうぞ皆さんお越しください!

HP⇒http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
Eメール⇒kyo@ro.bekkoame.ne.jp
電話⇒025−783−3442

2009/10/9

台風18号と魚野川  
昨日は、日本を縦断する台風で影響の大きかった地方もあったようですが、
こちらは、幸い直撃は免れました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、昨日の朝8時ごろの魚野川です。(石打の五十嵐橋)
接近前にこの様子でしたから、昼ごろにはとんでもないことになると思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、午後4時ごろ。
吹き返しの風が強かったものの、増水はこれがピークと思われます。
河畔の柳が強風にあおられています。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、これが今日の朝。
すでに濁りも取れ始めていますね。

思えば今年の魚野川解禁中は、こんな水が出たのは8月だけだったような気がします。
釣り人のいない産卵期に水が出たのは、魚にとっては嬉しいことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

うちから見下ろした市街地です。
今は、うっすら日が差してきました。

寒くなったので、紅葉も進むことでしょう。
今月下旬ごろが楽しみです。
南魚沼産コシヒカリの手配も済んだので、
秋の楽しみとしては、新米を食べる日の方が待ち遠しいですが(笑)


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ