〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2010/3/27

今朝の魚野川と最近お気に入りのルアーたち  フィッシング
寒の戻りで月曜日まで雪模様の天気になるようです。
スキーやスノーボードのお客様も4月4日までいらっしゃいますが
私の頭の中は、釣りモードになりつつあります。

昨日は、時間を持て余してしまい、
しまっておいた道具を引っ張り出して大まかな解禁への準備もしました。
2つの新しいリールにラインを巻きましたが、
本流用には今年もPEを巻いたので、
リーダーの結束には、ますます進んだ老眼で時間がかかってしまいました。
アラフィフですからね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

今朝の魚野川です。
河畔林にかぶった雪と青空の対比が綺麗ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、旧塩沢町の姥島橋です。
この辺りは、川原に降りるのもラッセルですね。
この冷え込みで、水量も収まり、すっかりクリアです。

気になる解禁日は、前日の気温も高めの予報になっています。
1日は、引き続き気温も10度以上になり、雨も降るかもしれません・・・
ちょっと厳しい解禁になる可能性がありますが、お祭りですからね。
岩魚は濁りに強い魚ですし、川に立つ喜びを味わいましょう!


クリックすると元のサイズで表示します

さて、これらは最近使用頻度の高いミノーです。
全てシンキングです。
基本的にミノーでボトムを狙う時は、
バスデイなどのディープダイビング系ミノーを使いますが
立ち居地から遠いレーンのボトムをトレースする時などには
これらを使用することが多いです。
ミノーでのスプーニングという感じでしょうか。
ちなみに画像の一番上は、シマノから新しく出た「刀雅(トウガ)」です。

クリックすると元のサイズで表示します

私のスプーンを選ぶ基準は、大き過ぎず、かつハバヒロで肉厚なもの。
このスプーンは、小さめで重い(他社の半分ぐらいの大きさで倍近い重さです)ので、
魚野川本流の押しの強い流れにもフォールが非常に早く、気に入っています。
その代わり、ただ引きでは動きが大人しくなります。

本流釣りに限って言うと、近頃は、魚影のあるレンジやレーンをはずれると
魚に見向きもされないことが多くあります。
活性の高いと思われる時はルアーの醍醐味であるレンジを超えたバイトを求めますが
反応の無い時にはウェットフライやストリーマーの釣りを参考にしたり
また、上手な方の本流餌釣りを参考にすることも必要なのです。
そのためには、やはりボトム攻略は不可欠になりますから
スプーンを使いこなすことは重要ですね。


一昨日、フライマン安田さんが解禁日に泊りに来る予定で調整中との
連絡がありました。
私も今の所、午前中の2時間ぐらいは出る予定です。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ