〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2010/4/28

山菜採りができる宿  自然体験

今朝は、GWのお客様のために山菜採りに出掛けました。
今日の獲物はコゴミ。

クリックすると元のサイズで表示します

今朝行った場所は、あと2〜3日で盛期ですが
食べごろのコゴミもたくさんありました。
おひたしで美味しく食べられるので、誰でも調理できます。

私は、ごま油&塩という味付けも好きですが、
醤油とマヨネーズが定番ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

一輪草も間もなく開花します。
これも食べらるようですが、群生し、花が咲くと綺麗なので、私は採取しないです。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、知る人ぞ知るアブラコゴミ。
コゴミに比べると、大量に採れる訳ではないので、貴重視する人も多いです。
これもおひたしでOKですが、油との相性が良いような感じなので、
私は天ぷらやキンピラ的な食べ方を好みます。

クリックすると元のサイズで表示します

風が強いせいか、雲が時々切れて日が差すので、虹が出ていました。

明日からゴールデンウィーク。
お客様は、相変わらず少なく、例年の三分の一ぐらいです・・・
空室がたくさんあるので、直前予約もOKです。
この山菜採りの楽しさも体験して欲しいですね。

私は、皆さんに野山の恵みを味わってもらうために
明日は、違う山菜を採って来ます!

2010/4/25

春らしくなった魚野川と周辺  フィッシング

今朝の夜明けの気温は、1℃と「今日も辛いな・・」と思わされました。

「俺もこんな痛いぐらいの寒さの中でよくやるよ」
「でも、ちゃんとリサーチしないと宿泊予約が少ないからな・・」
などと考えてしまいます。

本当は、今魚が食い渋っていた方が、ちょうどGWごろに狙い目になるんですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します

早朝の霜がはっている田んぼです。
水たまりには、薄い氷もありました。

でも、7時ごろには、ぽかぽかし始め、グローブを脱ぐことができ
春の日差しを感じられると、気分も高揚してきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく気持ちの良い時期になった、と、いう感じですね。

川原には、食べごろのコゴミも多くなりました。


クリックすると元のサイズで表示します

40cmには、惜しくも届かないのですが、まずまずです。

魚も春の陽気に誘われているのでしょうね。
今日あたりから魚たちの活性も日に日に良くなるでしょう。

GWに泊りに来てくれる方には、
先日チェイスのあった、あの大物がいる場所をお教えしますよ。
このままお客さんが少ないなら私が釣っちゃいます(笑)


そして午後4時ごろ。

クリックすると元のサイズで表示します

好い陽気です。

クリックすると元のサイズで表示します

桜もこんな感じです。
雪の残る山の尾根と青空のコントラストがイイですね!
花見もできますね。



空室情報(PC) http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/room.html

 025−783−3442

2010/4/21

銀山湖解禁&今の魚野川  フィッシング

今日、聖地「銀山湖」が解禁します。

私は、なかなか行けませんが、昨年の5月に雑誌の取材で10年ぶりの銀山湖に
小出のアングラーズベンチ池田さんと同行したのを思い出し、
今年も1度は行こうと思っています。

今年は、どんな大物が出るのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、昨年5月の画像ですが、
今年は、まだまだ残雪が多いようです。

きっと今頃、大勢の方が楽しんでいることでしょう。
でも、まだ寒いでしょうねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川の雪どけは、ゆっくりです。
本流上流部の日常は、だいたいこんな感じです。
好い感じでしょう!

でも、水温や水位などこの時期水の状態の変動が多い本流の岩魚たちは、
まだ動きが鈍いという印象です。
大石の多い流域では、岩の下などにじっとしているはずです。

本流大場所では、ボトムぎりぎりを長くトレースできる釣り方が必要なので、
ルアーでは、ボトムを取って浮上で一瞬のバイトを狙う釣り方になりますね。
水深のある場所では、スプーンなどを使い、
アップクロスで一気にボトムを取る釣り方になりますが
追い食いを活発にしないので、
今の所、ルアーフィッシングには不利な状況という感じです。

とはいえ、そろそろ動きが出始める頃です。
ストラクチャーから出て、ベイトを求める大物も出てくるでしょう。
そうなれば、ルアーの季節です。

雪しろの収束期は、月末ごろでしょうか。
うまくいけば、ちょうどGWに活性が上がり始めると思います。
今、魚がおとなしいので、なかなか休みの取れない人もチャンスですよ

GWの宿は、まだまだ空室がたくさんあるので、是非お越しください!
山菜採りや春スキーも歓迎です!
もちろん、銀山湖帰りの魚野川釣行のご宿泊にもご利用くださいね!

PC⇒http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
携帯⇒http://aunty.mymp.jp/
電話⇒025−783−3442

2010/4/17

魚野川の岩魚をもっと増やしたい!  フィッシング
天候不順で川に出る気のしない日が続いています。
今日もお客様は、関越自動車道の予期せぬ降雪によりキャンセル・・
そんな訳で、暇にしているので、3月末にこのブログで紹介した
「イワナをもっと増やしたい!」(中村智幸著)という本のことについて。

魚野川に限らず、日本の河川環境は悪化しているところが多いと思います。
魚野川は、まだまだ清涼で豊かな水と豊富なベイトに守られていますが、
それでも平成10年の水害以来の度重なる河川改修により
淵の減少や土砂の流出している箇所があり、
川通しで長い距離を歩くと眉をひそめたくなるようなこともあります。

私は、岩魚やヤマメの放流も行います。
ほぼ全てが稚魚なので、釣りの対象魚になる頃には、野生魚になります。
でも、やっぱりもっともっと天然漁を増やしたいのです。

特に魚野川水系は、基本的に岩魚が生息するのに適していると思います。
もちろん、私はヤマメも好きですが、
定住性の強い岩魚は魚影が濃くなって縄張り争いをしないと散りません。
と、言うことは、魚野川のどこに行っても岩魚がいる、
という12〜3年前の姿に戻るにはもっとたくさんの岩魚が必要なのかもしれません。
今でも我々を楽しませてはくれていますが、欲深ですね(笑)

そこで、昨年の秋、うちの常連のフライマンとともに岩魚の人工産卵床を造りました。
たまたま他の取材で居合わせた「Gijie」の編集長が
ついでに本誌のグラビアで紹介してくれましたが
本人達の気持ちは、あくまでも体験&実験的な試みとして行っていました。

ですが、暫くして見に行くと、
少なくとも3尾の魚(岩魚かどうかは不明)がそこにいたのです。

秋の禁漁期になると、シーズン中の我々のぎらついた眼をかいくぐり、
今までどこにいたのか知れない大きな岩魚を支流などで見ることができます。
この魚たちは、ほぼ間違いなく産卵床に適した場所を探していると思われます。
ですが、悲しいことに重機の入った支流などでは、簡単には見つからないでしょう。

この本は、元Gijie編集長に3週間ほど前に頂いたのですが、
とても面白く読みました。
再び触発されたということもありますが、
今年の秋、2度目の人工産卵床造りにチャレンジしたいと思います。

今も川に出ると、
「この沢が良いかな?」「いや、ここはアオサギがよくいるからダメか」
などと物色しています。

でも、人工産卵床造りは、意外にハードでした。
前の日にみんなで飲み過ぎたということもあったかもしれませんけどね(笑)

魚野川が好きで、同調してくださる方がいらっしゃいましたらお手伝いください!
みんなでワイワイやれたら楽しいイベントになると思います。

もちろん、うちに宿泊してくださる方は大歓迎ですよ。
夜は、納会を兼ねて釣り談義でもしましょう!

まだ解禁したばかりなので、半年も先のことですが、
計画を練ったらここで発表します。

2010/4/14

冬?   

昨日は20℃近くまで気温が上がりましたが、
今朝夜明け直後に魚野川の様子を見に行くため外に出ると、

クリックすると元のサイズで表示します

吹雪です。
昨日の天気図を見ていて、
「もしかすると雪になるかも」とは思っていましたが本当に降るとは。
先日スタッドレスタイヤを夏タイヤに履き替えたのに、、、

クリックすると元のサイズで表示します

国道17号の掲示板です。
春スキー・スノーボードには嬉しいですね。
うちから5分のGALAスキー場もGW営業に向けて恵みの天気です。

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川本流は、昨日よりは若干ましですが、今日も釣りは無理ですね。
最低気温の低い状態は続きそうなので、
収まることを期待して、明日またリサーチに出ます。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ