〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2010/5/31

日中の魚野川本流&根曲がり竹  フィッシング
昨日は、体の空いた約5時間の間、お客様のガイドをしました。
日中の釣りは、取材やガイド、実地レクチャーなどでないと
なかなかやる機会が無いので、新鮮です。

クリックすると元のサイズで表示します

既にお勧めした流域で41cmの岩魚や中型ヤマメをキャッチしていた
お客様たちと合流し、魚が濃いと思われるポイントへ。
昼ごろの瀬の水温は11℃。
私がヒゲナガの撮影をしている間にお客様に「ばらした!」との声。

クリックすると元のサイズで表示します

今もきっと同じ場所で流していることでしょう?
バラシは、よくあることですが、今度は釣果報告を待っていますよ!

クリックすると元のサイズで表示します

ポイントが空いた後、私もちょっと流してみました。
すると、ぶっとい岩魚がヒット。
レンジを変えたとはいえ、入れ代わりの直後によく出ました。
これだから本流は、面白く、そして気紛れですね。

クリックすると元のサイズで表示します

若い顔ですが、サイズ以上に重量感のある岩魚でした。
35cmです。
本流釣りの良いパフォーマンスになりました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

その後、レインボー狙いに移動。
ここまで来ると、そうそう簡単にヒットはしませんが
こちらのモチベーションは更に高まります。

川原でのんびりしていた私に
ひとしきり流したお客様が「やってみてください」と譲ってくれたので、
今度は飛距離と早いボトムキープのためにスプーンで流すと
一投目で非常に大きなアタリが。
でも、ばれました・・・
う〜ん、残念!
今も感触が残っています(笑)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日までのアンティーズハウス全体でキャッチされた
30cmオーバートラウトは21尾(内、岩魚18尾)となりました。
数字の上では、3日に1匹ですね。
なかなか好調です。

今年は、水温の上がり方も遅かったので、まだまだ岩魚の季節が続きそうです。

今日は、フライ大御所のひとり「里見氏」が撮影のために泊りに来ます。
金・土曜日のうちのドライ爆釣の情報が引き金のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

画像は、昨日のイブニングドライに出た尺ヤマメ。
最高にエキサイトしたことでしょうね。
お見事です!

こんな感じで、既にドライフライの盛期もやって来ていますが、
今の所、適した流域は限られます。
某支流の水位低下が遅れているので、水系全体のドライフライの季節はこれからです。
6月は、かなり期待が持てますよ!

本流もこれから遡上系ヤマメが活発に動くはずなので、真夏も狙い目になるでしょう。
釣果は、シーズンを通して安定する予感がしますね。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土曜日の雨上がり、お客様に提供するため
この時期の名物「根曲がり竹」を採りに山に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

この標高です。

クリックすると元のサイズで表示します

雨後の竹の子ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

新鮮なうち、お客様たちには「素焼き」で食べてもらいました。
美味しいですよ!

2010/5/26

久し振りの魚野川本流  フィッシング
ようやくじっくりリサーチに出られる日を迎えましたが、
あいにく天気予報は、1日中雨。

仕方ないので、ゆっくり寝ていようとしていたのですが、
飼い猫の「ブブ」に4時ごろ起こされ、、、
外を見ると、ちょうど雨がやんでいました。

でも空は、今にも降り出しそうです。
先週、鮎稚魚が放流されたこともあり、
本流を見ておきたかったので、近場を急いでリサーチしました。

水温は、10℃。
暫く本流に立たなかったうちに水位は、ほぼ平水に近くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

開始後間もなく大きなアタリがあり、
合わせると、とても重たかったので、「これは50オーバーか?」と思いましたが
サイズは、感触よりも小さく41cmでした。
鮎を飽食したのか、おなかがパンパンの魚野川らしい太い岩魚だったので、
重かったのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

この始末でしたから。

クリックすると元のサイズで表示します

体色は、クリーム色がかっており、
年齢を重ねていることが分かる成熟したオスです。
非常に多くの釣り人が入るポイントだったのですが
雨が降る直前だったので、油断していたのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

じっくり撮影しているうちに、雨が本降りになったので
流れに戻して、納竿しました。

前回、支流をリサーチして「支流は良いなぁ」と思いましたが
本流もやっぱり良いですねぇ(笑)

結局、釣りができれば何でも良いんです(笑)

2010/5/24

魚野川 鮎放流も進んでいます  フィッシング
水温も10℃を超えるようになり、鮎の放流も行われました。
大型のメイフライのスーパーハッチに続き、
ヒゲナガのハッチも始まったので、魚たちの動きも活発になるでしょう。
今回の雨が収まる頃には、魚たちの大移動もあるかもしれませんよ。
すれた大物達のリセットも見込めますね。

ところで、2週連続でお越しになったご夫婦アングラー。
先週は30cm、昨日は37cmと連続で奥さんが大物岩魚をキャッチしました。

昔読んだ本にイギリスのフライフィッシングの話がありました。
その話では、ディープウェーディングをする場面の多いウェットフライでは
断然女性の方が釣るとのことで、興味深く読み印象に残っています。

簡単に言うと、なんでも男には体から水溶性の分泌物が出ており、
下流部にいる魚に気付かれ、警戒されるとか??

「ホントかよ!」とも思いましたが、
我々の間では、よく「殺気」については、語られますね。

確かに私も雑誌の取材釣行などでは、結果が出ないことがあります。
そういうときの私は、確かに「釣ってやる!」と
普段とは違い、ギラギラしながら釣りをしている気がします。
最近の言い回しを借りると「肉食系男子」に変貌しているのでしょうか(笑)

失礼な言い方ですが、「ビギナーズラック」もその証明なのかも知れませんね。

もともと、そうそう簡単に釣ることのできないトラウトフィッシング。
結果が出ないときは、いろんなことを言いますが、
そんな話をし合うのも、また釣りの一部で楽しいです。

でも、6月上旬には、メーカーのプロモーションビデオ撮りがあります。
そのときは、「殺気が出ちゃった」などと言ったら怒られそうなので、
女性アングラーを見習って「無の境地」で撮影に望みたいものです(笑)


 ・・・・・・・・・・・・・オマケ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クリックすると元のサイズで表示します

多くの皆さんに喜ばれる「山ウド」
太くてやわらかい上物は、こんな崖にあります。
だいぶ伸びていますが、どれだか分かりますか?
土曜日の日中、気温も28℃の中で採りに行ったので、バテました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

これが、通称「木の芽」
アケビの芽です。
とても美味しい山菜のひとつです。
あまり知られていないので、
ほとんどのお客さんは「美味しい! これは、何ですか?」と尋ねますが
その瞬間は、私の快感になっています(笑)


今度は、竹の子(根曲がり竹)を採りに行かないと。

2010/5/22

格安貸しロッジ〜貸し別荘感覚でご自由にご利用ください  

今回は、告知です。

当ペンションのすぐ近くにある休業中のロッジを格安で開放します。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、食堂です。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋。
全ての部屋を使えば、30人以上でも大丈夫です。

クリックすると元のサイズで表示します

パブリックスペースです。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂。

クリックすると元のサイズで表示します

厨房。
もちろん、食器類もちゃんとありますよ。



10名様から3,000円/日/一人で施設を自由にお使いください。
もちろん、食材だけ持ち込んでもらえれば、不自由はありません!

数家族での旅行や大勢での旅行にキャンプ感覚で、
また合宿やオフ会などにもご利用ください。
使い方は、ご自由に!

お問い合わせや交渉などは
アンティーズハウスまでご遠慮なくどうぞ!

025−783−3442

2010/5/19

魚野川 某支流リサーチ  フィッシング

ドライフライのお問い合わせも増えてきたので、
今朝は、ある支流のリサーチをしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

予想よりも水量が多いです。
でもせっかくなので、調査開始。

水温は、8℃。
いつ来ても支流の水は清涼で癒されます。

間もなくチェイスを確認できたので、終了しようかと思ったのですが
ここ数年の私は、リサーチばかりで貪欲な「釣りたい欲」が無いですし、
歩きやすい本流釣りばかりの『ゆるい釣行』(笑)が多いので、
原点に返って少し歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

29cm岩魚です。
綺麗ですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影後、また泣き尺がふたつ出たので、これにて納竿。

トラウトの釣りは、やはり渓流が基本ですね。
アップストリームからのファーストリトリーブでバイトに持ち込む釣り方は
私の原点でもあります。

ライトタックル&ドライフライの釣りは
そろそろコンディションが好くなっていると考えていましたが
もう少し水が引いた方が釣りやすいですね。
もう1週間ぐらい先が良いと思われますが、魚は元気です。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ