〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2010/7/11

魚野川 鮎解禁後の本流トラウト  フィッシング
今日は、鮎解禁直後の日曜日。
トラウトアングラーたちは、鮎師でごったがえして
「どうせ釣れない」と考える人が多くなりますが、果たして??

クリックすると元のサイズで表示します

ねむの花も満開です。
今朝は、あえて少しゆっくり6時にスタート。
私が久し振りに行った流域には、2人の鮎師が居ましたが、
違うランには誰も居ません。

開始後、1投目。
ルアーを旋回しながら追う超大物の魚影を発見!
バイトに至らずでしたが、数投後、、ヒット!

ドラグを鳴らして逃げる手ごたえは、確実に今期最大です。
寄せては走り、寄せては走りを何度繰り返したでしょうか。
ついにランディングネットに手をかけようかとした瞬間に見た魚影は
楽に60cmを超えるレインボーでした。

ところが、私の持てるスキルを総動員しても、
どうしてもランディング体勢に入れる状況になりません。
どのぐらいの時間だったでしょうか・・
腕がパンパンになったころ、強引に寄せることにしてドラグを強めると
「プツッ」とラインブレイクしてしまいました。

時間がかかり過ぎて根ズレがあったのかも知れません。
まったくもって残念です。
これだけの抵抗を見せるレインボーなので、
もしかするとアンティーズハウス史上最大のワイルドレインボーと思われますが
後の祭りです。
気持ちを切り替えて、他の場所へ移動しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここも誰も居ません。
ディープダイビングミノーを流れに乗せて送り込み、誘うと、、
出ました。
今日の目的の本流ヤマメ31cmです。

クリックすると元のサイズで表示します

上の画像の角度では、パーマークもはっきり見えますが、
このように銀毛もしており、流域的にもモドリヤマメの可能性もあります。

その後、ブレイクラインでライズがあったので、魚影が濃いと判断しましたが
数尾の虹鱒がヒットしだしたので、終了しました。

クリックすると元のサイズで表示します

かわいらしい顔に似合わず、ガッチリとベリーフックに噛み付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

お客様が名前を調べてくれた花。
ムシトリナデシコもたくさん咲いています。

帰り道は、本流の鮎師の出方を見ながら戻りました。
途中、混み合っている流域が一部ありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

日曜日の9時近くなのに、誰も居ません。
ここは、魚野川好きな人なら、どんなに多くの人が入るポイントか分かりますよね?

クリックすると元のサイズで表示します

ここも誰も居ません。
この橋の下流も誰も居ませんでした。

今年の鮎の棲息状況から予想していましたが、
予想以上に空いています。

クリックすると元のサイズで表示します

旧塩沢町内に入ると、やはり混み合っていますが
この橋の下流は、一人しか居ませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、うちから一番近い橋ですが、混んでますね。
やはり、皆さん良い鮎が居るところはご存知のようです。

うちのお客様もこの辺りでやっていますが、
既に二桁の鮎を釣ったそうです。

鮎釣りと本流トラウト釣り、今年もうまく共存できそうですね。



連休も他の週末も
宿は、まだまだ空いてますので、是非どうぞ!
025−783−3442


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ