〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2010/11/1

人工産卵床 その後  フィッシング

雨の日の多い秋ですが、昨日は陽気も良かったので、
人工産卵床のその後を見に行ってみました。
魚野川は、ずっと増水気味なので、かなり心配です。

クリックすると元のサイズで表示します

シェードになっているので、カメラを構えた位置が明る過ぎ、
私の技術では、綺麗に写らなかったのですが、この有様・・・

防波のために埋めた板切れは無事だったものの川砂の流入は防げませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ある程度予想はしていましたが、残念です・・・

昨年も作成後に大雨があったものの目視できた魚影だけでも3尾あったのですが
今回は、魚影も確認できませんでした。

でも、今回の失敗は大きな教訓になりました。
上流部で三面護岸になる川なので、砂の流出はもともと多いのですが、
選んだ川としては、決して間違いではないと思うので
流れをよく読み、砂の堆積を免れられる部分に造るようにすれば機能することでしょう。

今回の産卵床造成場所は、流速や水深を見て選んだのですが
実は、ここは、もともと河床が砂だったのです。
そこを掘り起こし、石を置いていったのですが、
自然化で、もともと砂が溜まっている部分には、また同じように溜まるという訳ですね。

少し上流の水の流れを大きな石を置いて変えたまでは良かったのですが
人力で行ったその程度のことは、自然にはかなわないと言うことでした。

読みが甘かったことを猛省中です。
私もまだまだですが、年々知識が豊富になっていくのだと
ポジティブに考えることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

文献などで得た知識以上に経験で得た知識の方が大きいので、
いよいよ協力者を募って、指導しながらの作成も可能になるかと思います。
来年は、今年のような熊出没情報も無いでしょうから大勢で取り組みたいですね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ