〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2011/7/13

夏の魚野川 瀬のヤマメ釣り  フィッシング

梅雨明け後、暴力的な暑さが続きますが、こちらでは連日の夕立もあり
夕方や朝は涼しい時間が過ごせています。

クリックすると元のサイズで表示します

早朝の農道。
涼しげでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

今日の狙いは、鮎釣り人気区域のそれほど水深の無い瀬のヤマメリサーチです。
水深は、50〜70cmぐらいなので、気楽に中型ヤマメを狙っていました。

釣り下り、遠くに見える底石下のヨレにルアーを流し込もうとしていたのですが
狙いのヨレに入る前、そう、底石の上流1mぐらい、、カタから強いアタリ!
首を振る手ごたえはかなりの大物です。

30mぐらい下流に流し込んでいる最中だったので、ベイルは開放状態・・
左手でスプールを抑えながらだったので、すぐにバイトも感じ、
ラインスラックも無かったのですが
あわててアワセを入れたものの遠すぎたのか、力が伝わる前にばれてしまいました。
下って河床をチェックすると好い感じでかけあがっていることが判明。

水深がある=大物がいる、という訳ではないのです。
よくお客様にはそんな話をするくせにねぇ(笑)
油断大敵ですよ!


クリックすると元のサイズで表示します

その後、気を取り直してそオーバーハングした木の下などを狙う釣りをしました。
そもそもヤマメの好きなボサ際をチェックするのが目的だったのですが
なかなか気持ちを切り替えられませんでした(笑)

でも、狙い通り23〜25cmのヤマメを連続4尾キャッチして
溜飲を下げられたので、納竿。

私は、この手の釣りでは最近流行のシンキングミノーは使いません。
着水音が大き過ぎて警戒心をあおりますし、ボサ際のドリフトもできませんから。
シャローでもボトムでも出ましたから魚影は濃いでしょうが、
レーンをはずすと全く反応が無いあたりも釣り人を燃えさせます(笑)

こういう釣り方・・
ドライフライに近い?ルアーフィッシングを試すと楽しさが倍増します。
ほぼヤマメ釣り限定ですけどね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ