〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2011/9/30

'11 魚野川トラウトフィッシングシーズン終了  フィッシング

9月30日が来てしまいました。
私も今シーズンの魚野川釣行を終了しました。

昨日は、夜明けから水害&2度の台風後に流れが変わったのに
歩ききれなかった流域を歩きました。

新しくできた良いポイントを探すのに長い距離を歩き回り、
しかもここぞという場所で粘ったため、丸1日かかってしまいましたが
来期に繋がるリサーチになったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の朝。
刈入れの終わった田んぼと山の夜明け。
なんとなく哀愁を感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

日が昇り始めると激しい霧が立ち込めます。
暫くは夜明けに川に立つことは無いので、こんな風景ともお別れですね。

まず入った流域は水害以前の深みは無くなっていましたが、
暫く歩くと、深い水深を保つ長いランができていました。

クリックすると元のサイズで表示します

コロガシの跡がありましたが、虹鱒がいました。
このサイズの虹鱒もボトムギリギリからですから、さすがに厳しい。
粘りましたが、狙いの大ヤマメは出ず。

その後、下流・中流でチェックし切れなかった場所を歩き回りました。

クリックすると元のサイズで表示します

気温も上がり、日中の疲労困憊の中出たのはウグイ(笑)
ウグイに罪はありませんが、いい加減に写真を撮っていたようでピンボケです。

引き続き、今朝も大ヤマメを狙いましたが、早々と終了しました。
昨日で燃え尽きたみたいです(笑)

毎年、9月下旬の本流はなかなか釣れませんが、
今年は本流に魚影が濃いはずと、結果的に大場所にこだわってしまいました。
食い渋る時期とはいえ、昨日1日やってこの釣果ということは
先の台風後、おそらく田んぼの用水路などに逃げ込んだのでしょう。
というか、まだまだのスキル不足をそういうことにしておきます(笑)

300年に一度とも言われた新潟豪雨と相次ぐ台風のため
不完全燃焼だった今年のシーズンでしたが、
個人的には自己最高の岩魚もキャッチしましたし、
研究中の釣法を駆使した厳しい条件下の大ヤマメなどがあるので、よしとします。

来期は皆さんも気になっていると思われる支流や本流上流部も積極的にリサーチしながら
いつも通り、本流大場所中心に川を歩きます。

来年もどうぞよろしく!
近々、魚野川大物ダービー優勝者の発表をします。



ん?有終の美を飾ったのはウグイでしたね(笑)



2011/9/27

Gijie 魚野川本流釣り取材  フィッシング
昨日は、12〜3年の古い付き合いになった釣り雑誌Gijieの取材でした。
新潟豪雨後の魚野川本流釣り実釣ということです。
「それならば、下流部で魚を出しましょう?」と意気揚々と下流部へ出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

ですが今回の台風15号の影響で、未だ三国川の泥濁りが激しく
下流部は濁りがきついまま・・・
でも、大場所でのヒットシーンを決めたかったので、あえてチャレンジ。

結果は敗北(笑)
10日前に多くの魚影を確認したランでも返り討ちに会いました。
少し水も高かったことや連休のコロガシ師の影響もありますが、
なんとも悔しい日になってしまいました。

来年2月発売の本誌で今回の取材を含めた記事が載ると思います。
お楽しみに?

クリックすると元のサイズで表示します

疲れて昨晩は早寝をしたので、今朝は早く目が覚めてしまいました。
そこで近場を軽く流して、30分ほどの間に4尾キャッチ。
最大は泣き尺。
大物達とは言えませんがとても綺麗でした。

クリックすると元のサイズで表示します

チビヤマメ以外は、全てボトムギリギリから。
秋の釣りですね。



【お知らせ】
魚野川水系のトラウトフィッシングシーズンも残り3日。
今シーズンもお陰さまで非常に多くの釣り人にお越し頂き、大変ありがたく存じます。
多くの方も同様かとは思いますが、
今年は特に私自身の個人的な釣行時間が少なくなってしまいました。
実は現在、研究中の釣法があり、残す日数で最終調整をしたいと考えています。

ご宿泊のご予約は大変ありがたく、感謝この上ないのですが
1名様のご予約の場合は残す3日間が平日ということもあり、
他のお客様が入らない可能性が高く、プライベートと仕事を天秤にかけた結果
ご予約をお断りすることもあります。
わがままではありますが、私のプライベート釣行のために
なにとぞご理解の上お許しください。

2011/9/23

台風一過の魚野川  フィッシング
昨日午後に再び増水した魚野川。
現在は上流部から泥の濁りが取れ始めました。

今年は山にかかる雲の様子を見ているだけでは、天気の動向が読めず
昨日は思いがけない大雨となってしまいました。
南魚沼は天気予報が外れやすいのですが、
「もう降らなそう」との昨日朝の発言は誠に申し訳ありませんでした。

今日は降らないような気がしますが、午後には雨との予報です。


クリックすると元のサイズで表示します

さて、今年の魚野川は新潟豪雨と今月初旬の台風で石が動いたり、
土砂が堆積したりした場所が多くありました。
河床はまだ締まっていないので、今は特に川の形が変わりやすくなっています。

今年は、5月の雪しろが大雨と重ったことで稀に見る大増水だったため、
雪しろピーク時にも川の流れが変わりました。
既に5月から川の流れが変わりやすくなる複線があったということです。

上の画像は魚野川本流のとある場所ですが中央の分流が埋まりました。
でも逆に遡行しやすくなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、左岸の急流が穏やかになり、二分していた本筋が右岸一本になり
左岸は分流となりました。
魚の遡上は右岸に絞られることでしょう。

しかし、この流れ方は
平成10年・・上流部でも本流が決壊し、
あちこちで橋が落ちるほどの大水害以前に近付きました。
おそらくあの頃に深瀬だった場所が復活したと思われます。
魚野川本来の流れ方に戻り始めた場所が多くなったかもしれません。

他にも同様に10年以上前を髣髴させる淵ができたところもありました。
今後が楽しみな場所も増えたのではないでしょうか。


25日のウライ設置や26日の取材・撮影が予定通り実施されれば
そのときに下流部の様子も見て来ます。

いずれにしても残り1週間で川に出られる日は多くて4〜5日。
今年は本流に多くの魚が残っていると考えていますから楽しみです。

今年のアンティーズハウス恒例『魚野川大物ダービー』暫定1位は、
今の所50cm岩魚です。
来週は平日ですが、魚野川年券獲得のチャンスですよ!

詳細はこちら↓
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/turi.html

2011/9/22

魚野川情報   フィッシング

本日2度目の更新です。

昼ごろから雨風が強まり、魚野川は泥の濁りが強くなりました。

朝の記事ではのん気なことを書いてしまいましたが、
明日のコンディション好転は、危うい状況となりました。

明日、釣果が期待できるのは一部に限られる可能性があります。

コンディションの好転は、明日の午後以降になるでしょう。

2011/9/22

台風15号と魚野川  フィッシング
またしても日本列島を縦断する大型台風におびえましたが
南魚沼では大雨のみで、あっという間に通り過ぎてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

早朝、起床すると薄日が差していたので、一応道具を持って川に出ました。
アンティーズハウスから一番近い橋から川を見ると、やはり荒れています。

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川本流をさらに上流に向かうと濁りと増水で釣りには叶いません。
ですが、この程度ならば、少なくとも上流域の回復力なら
明日にも好いコンディションの流域が広がるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

うちから見下ろす市街地。
今日も雨が降りやすいとの予報ですが
雲の感じからは降らないように思います。

いよいよ’11トラウトフィッシングシーズン最後の週末です。
時期的にも遡上が活発な時なので、今回の水位変動でも魚の移動が盛んでしょう。
思わぬところから大物が出ることもありえます。

23日、24日は宿もガラガラです。
釣り収めにどうぞ泊りに来て下さい。

アンティーズハウス 025−783−3442


【お知らせ】
25日に旧小出福山橋下流の鮭採捕のためのウライ設置
26日には釣り雑誌取材・撮影を予定しているため
25日と26日は1名様のご宿泊をお断りすることがあるかもしれません。
ただし、うまく複数組のご宿泊希望者が入れば、25日のウライ設置は欠席します。
ご希望の方は、大変恐縮ですが、お尋ねいただけるとありがたく存じます。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ