〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2013/5/12

山菜パーティー  

この週末は山菜採りのお客様が多く、夜は天ぷらパーティーでした。

クリックすると元のサイズで表示します

あいにくの雨で山菜採りは2時間程度でしたが
コシアブラ、タラの芽、ウド、山アスパラ(シオデ)、コゴミ、フキノトウを収穫。
楽しいパーティーになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

金曜日はツーリングの面々が宿泊。

良い季節になりましたね。
今日は、半袖でも大丈夫な陽気です。


もちろん、釣りのお客様もいますが、
昨日は雨の濁り、今日は代掻き濁りで苦戦のようです。

2013/5/10

魚野川情報  フィッシング
今朝はお客様の到着前、早朝のみ、魚影のリサーチを兼ねて近場を流しました。
40cmクラスの岩魚は充分に期待できるのですが、とりあえず魚の顔を見る予定。

5時を少し回った時間の気温は10℃。
ホッとする気温です。

クリックすると元のサイズで表示します

ポイントに到着して、ほどなく出たのは「尺虹鱒」
ここで虹鱒が出るとは思わず、若干の困惑がありました。
水温は7℃。
水はジンクリア。
水位は平水よりは高めです。

クリックすると元のサイズで表示します

暫く粘り、引きずり出したのは27cmの岩魚。
週末のお客様に「岩魚の骨酒」を頼まれていたのですが、
美しい魚体を見てしまうと、どうしてもキープできませんでした。
フッキングの具合によっては要望に応えるつもりだったのですが、
お客様には許してもらうしかないですね。

クリックすると元のサイズで表示します

虹鱒が最初に出なければ、もっと楽に出せたかもしれません。
おそらく、大物も潜んでいるとは思いますが、魚影は健全と確信できたので、
満足して納竿です。


次回は日曜日の午後に本流に出る予定です。
来週は支流のリサーチも予定しています。



【お知らせ】
18日、19日の下澤孝司氏のスペイキャスティングスクールは、まだ空室があります。
男女問わず、初心者の方も安心してお申し込みください。
お問い合わせも歓迎です。

詳細はこちら⇒http://green.ap.teacup.com/kyosuke/559.html



〜魚野川の釣り宿 アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2013/5/9

魚野川本流下流部リサーチと山菜採り  フィッシング
今日は久し振りの魚野川の釣り。
日中の魚野川本流下流部に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

水温は流域により7〜10℃です。
水温に開きがあるのは、湧水の可能性があるので、夏のために覚えておくと良いです。

クリックすると元のサイズで表示します

新緑の季節です。
気温は25℃まで上がり、汗ばむ陽気。
今日は「奥様」が留守のため、息子の送迎と山菜採りとともに
注文のあった「モツ煮込み」の仕込みをしなければならなく、じっくりやれません。

そこで、今朝も霜注意報が出ていたので、時期尚早とは思いましたが、
魚が入っていれば、勝負の早い瀬を狙って流しました。
「活きの良い魚は急激に活性が上がり、瀬に入る」と、予想したのですが、
残念ながらノーフィッシュ。
読みが外れたようです。

大型水生昆虫のハッチが待たれますね。
鮎稚魚の遡上、放流もこの水温では、まだまだ先でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、明日と明後日のお客様用山菜採りに移動。
獲物は「山ウド」です。
秘密の場所?は、まだ若干時期が早いものの、こちらは大漁でした!


明日は早朝しか出られませんが、小さくても良いので魚の顔を見たいと考えています。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2013/5/5

ルアーフィッシング講習  フィッシング

GWも終盤、お客様たちは魚影の目視が多くなっています。
アンティーズハウスのお客様は少なく、どうやら川も空いているようです。
これまでの寒さの影響でしょうね。

僕は少ないとはいえ、さすがにGW中はずっとお客様がいらっしゃるので、
暫く魚野川に出ていませんが、昨日は申し込みのあったビギナー講習で
久し振りに川に立ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

大学1年生の男の子のマンツーマンレッスン。
次代を担う釣り師になってくれると嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

講習は渓流ルアー(ビギナー)、本流ルアーについて行います。
(業務状況により、お応えできないこともありますので、予めお問い合わせください)

現在、発売中のルアーマガジン『River』には昨年編集長に行った
本流ルアーフィッシング講習の様子が出ています。

講習の詳細はこちら↓
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/turi.html


明後日以降に魚野川リサーチ始動します。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ