〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2013/10/1

’13 魚野川トラウトフィッシング  フィッシング

10月1日 魚野川のトラウト釣りシーズンは5ヶ月間の禁漁期に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年も多くの残雪で迎えた解禁日。
僕の経験上でも最も低い水温・・1℃という結氷寸前の日が続き、シビアな状況でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の雪しろ岩魚第1号は41cm

クリックすると元のサイズで表示します

気候が読みにくく、3月に早くも雪しろが出た今年。
4月初旬にも激しい雪しろが出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

思ったより早く雪融けが進み、4月下旬には遡行がしやすくなり始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ頃の支流では多くの岩魚の魚影を見ることができ、
昨年の異常渇水を生き抜いた魚に感謝

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

50cmクラスの岩魚が釣れ始めた4月下旬から、まさかの寒の戻り。
今年は5月にも降雪があり、驚かされました。

クリックすると元のサイズで表示します

とはいえ、新緑の季節にはハイウォーターではあるものの、良い季節が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ頃の支流リサーチではネイティブ岩魚に多く出会え、支流の好調は長い間続きました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の魚野川本流になぜか多かった無斑虹鱒(ホウライマス)

クリックすると元のサイズで表示します

5月末ごろには、ドライフライも好調に

クリックすると元のサイズで表示します

6月上旬の本流では大岩魚に混じり、大型のヤマメも出始めました。(画像は37cm)

クリックすると元のサイズで表示します

今年の「魚野川ダービー」大物賞は6月終盤にキャッチされた50cm岩魚

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、本流好調の兆しが見えるとタイミング悪く局地的な豪雨。
その影響で中流部以下に濁りをもたらした三国ダム放水に悩まされました。
泥濁りの際には魚の遡上も止まります。

クリックすると元のサイズで表示します

8月、真夏の名物尺ヤマメ

クリックすると元のサイズで表示します

8月下旬は雨が多く、上流部で尺オーバーの岩魚が連発

クリックすると元のサイズで表示します

この雨を受け、9月の支流では遡上岩魚も出ていました(画像は38cm)

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、台風が縦断し、上流部は決壊寸前の氾濫。
多くの被害があり、復旧工事が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも難を逃れる魚たちにまた感謝です

クリックすると元のサイズで表示します

今年の本流に大量にいた25〜30cmの虹鱒の中には
既に40cmを越えたものもいます。
体高もあり、驚くほど鰭の状態が良い固体が多いので、
来年のワイルドレインボーは期待して良いでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

多くのトラウトアングラーが憧れるサビ色のヤマメもお目見えしました。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ2年前の新潟豪雨で河床の不安定な流域が多く、
度々川の様子が変わりますが、来期もプライベート釣行を返上して
多くのお客様に釣果があるようにリサーチ釣行に時間を割きます。

今後とも、魚野川とアンティーズハウスをよろしくお願いいたします。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ