〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2014/10/31

湯沢 ふもとから見る紅葉  自然体験

1日の寒暖差が激しく、市街地から眺める紅葉も綺麗です。
画像は湯沢魚野川本流上流部から見た山。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

青空と山のコラボレーションはどの季節でも見入ってしまいます。
タグ: 紅葉狩り

2014/10/30

南魚沼の紅葉狩り 苗場ドラゴンドラ  自然体験

南魚沼や湯沢では紅葉が見ごろです。

画像は、紅葉狩りの新名所。
ゴンドラで空中散歩をしながら紅葉を満喫できる「苗場ドラゴンドラ」の今。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

苗場、田代は標高が高いので、すでに紅葉のピークは越えましたが、
まだまだお勧めの観光コースです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


【季節の遊びのご案内】
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/event.html
タグ: 紅葉狩り

2014/10/29

スキー スノーボード の格安貸切合宿ができる宿 石打丸山スキー場ゲレンデ前のペンション  石打丸山スキー場

新潟にもスキー・スノーボードの季節が近づいてきました。
今年は寒くなるのが早いためか、年末年始や1月10,11日の連休など、
人気期間の宿泊予約が例年より早く入り始めています。
2月のソチ五輪でフリースタイルスキーハーフパイプのメダリストを輩出した
石打丸山スキー場は注目を浴びているのかもしれませんね?

そこで、早めの方が良いと思い、団体予約を考えている方のためにご案内いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

特に学生さんのサークル合宿などは
旅行会社のツアーなどを利用するのが一般的なようです。
しかし、エージェントを介すると当然のことながら仲介料がかかるため、
宿泊施設側は利益率が下がることでコストを下げざるを得なくなり、
現地での待遇が悪くなる可能性があることは否めません。
つまり、同じ料金なら直接予約の方が快適な旅行になります。

その上、高騰を続ける原油価格のあおりでガソリン代は高いうえ、高速料金も上がり、
旅行会社利用の交通費は大きく値上がりしたと聴きました。

今夏の常連高校生夏合宿では、バス代が高くなったため、
新幹線を利用して来訪したぐらいです。
※JRは学割、回数券、団体割引(?)などの割引システムも利用できます。
※高速バスは大きな値上がりは無いようです。

当方ではメールや電話などで、直接交渉があれば
予算に合わせて相談に乗ることも可能です。
「リフト券を付けると全部でいくらになる?」
「持ち込みで飲み会をしてもいいですか?」などの相談はもちろん、
例えば、
「食事はどんなものでもよいから少し安くして!」とか
「レンタルは自分たちで合わせるから安くして!」等々の交渉も承ります。
※レンタルは指導もしますが、保険加入(300円)を前提とします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大学生のサークル合宿、子どもスキー教室はもちろん、
社会人サークル、コミュニティのオフ会など、ご遠慮なく相談してください。
貸し切り宿泊のご相談はお早めにどうぞ!


石打丸山スキー場ゲレンデ前の宿泊 アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2014/10/27

魚野川 鮭一括採捕場ウライ撤去  フィッシング

昨日は魚野川本流旧小出町に設置されていた鮭一括採捕のための
「ウライ」撤去作業に出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

陽気にも恵まれた中、朝8時開始。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

重機と人の手により、着々と分解されていきます。
私も力仕事に翻弄されましたが、無事に撤去は完了しました。

クリックすると元のサイズで表示します

鮭捕獲数も採卵量も台風の増水があったにしては、まずまず。

クリックすると元のサイズで表示します

来年も多くの鮭が遡上すると好いですね。

2014/10/24

石打丸山の紅葉  

朝晩の冷え込みが厳しくなり、石打丸山も紅葉が進んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

朝日を浴びた山
今日から暫く、晴れる日が続くようです。

クリックすると元のサイズで表示します


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ