〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2016/8/31

台風一過 南魚沼  

澄み切った青空です。

クリックすると元のサイズで表示します

うちの前から見下ろす南魚沼も遠くまで見渡せます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は昨日より10℃以上気温が上がるとか。
体感ではまだまだ夏ですが

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

秋も始まっているようですね。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2016/8/30

台風10号続報 魚野川情報  フィッシング

午前11時ごろから強い雨が降り、上流部も激しい濁りとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

画像は旧塩沢町姥島橋上流

現在、全域で釣りには適さない状態です。

2016/8/30

台風10号の影響 南魚沼 魚野川  フィッシング

南魚沼では夜半に一時激しい雨がありましたが、いったん小康状態となり、
現在、再び雨が激しくなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

山には厚い霧がかかり、ローライト。
気温も低い状態です。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、気になる魚野川。
本流上流部(湯沢)は、若干の水位上昇。

中流部以下では水位上昇にともない、濁りも強いようですから
大小の支流に台風の影響を受けているところがあるのでしょう。
本流上流部も今のところ、濁りは無いですが、おそらくこれから濁ると思われます。

また、台風10号は当初の予報より、北寄りの進路となったようで、
南魚沼・魚沼では大きな被害は無さそうです。


【お知らせ】

アイマトラウト ツィッグ60補充しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ユーザーから、「釣具店で小売りが無い」と、お小言をいただいておりますが、
アンティーズハウスでは全色を揃えております。

このところ、抜群の釣果を出している「チタンブラックレッドベリー」と
定番の「鮎」が品切れとなったため、補充しました。

お買い求めご希望の方は、魚野川釣行のついでにお立ち寄りください。
(ご宿泊者には消費税をサービスしています)
通販をご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
kyo@ro.bekkoame.ne.jp

※他のアイマトラウトルアーも販売中です


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2016/8/29

魚野川本流釣り 1カ月ぶりのリサーチ  フィッシング

今日は完全休養日
日中は暑くなりそうなので、早朝の2時間を魚野川本流リサーチにあてました。

クリックすると元のサイズで表示します

出がけの南魚沼平野

クリックすると元のサイズで表示します

コシヒカリの稲穂も黄金色になり始めました。
里には赤とんぼも飛び交い、秋が始まったようにも感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

水温は18℃
水位は1か月前に比べ、少し高くなっています。

月曜日の人気ポイントはさすがにシビアでしたが
27cmの綺麗なヤマメが出てくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

川はやっぱり気持ち良い!

明日から台風10号の影響を受けそうです。
ほどよく降ってもらいたいものですね。

【里親募集のお知らせ】
今月4日に産まれた仔猫たち。
そろそろ親元を離れても大丈夫そうです。
里親になっていただける方を募集中です!

クリックすると元のサイズで表示します


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2016/8/28

鮎友釣りを考える会 魚野川  フィッシング

昨日は内水面水産試験場などの鮎・渓流魚研究の強者が全国各地から集まり、
「鮎の放流と友釣りを考える会」がアンティーズハウスで催されました。

昨日は残念ながら大雨の影響で鮎釣りにはならず、
ほとんどの方が釣りをなさらずに来訪。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の会で焼いて食べるために
懇意の新潟県内水面水産試験場の方が釣りためておいた鮎。
大きいのは25cmあります。

ひと月前から上流部の鮎は冷水病の影響で魚影が薄くなり、
不調が続いていますが、下流部は好調に大型が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕食後、魚野川の今昔を含め、本格的な勉強会。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上流部から下流部まで、古くは昭和22年の航空写真も見ることができました。
直近では特に2011年の新潟豪雨以降の人為的変化を含めた変貌ぶりを
スライドで見比べることができ、
改修工事の在り方には改めて考えさせられました。

鮎だけではなく、トラウト類、コイ科の魚、カジカ・・他
川に生息する魚たちに良い環境を造ってあげることは我々の義務と考えます。
私的には河川環境が良化すれば、鮎の冷水病も多くは回避できると考えています。

高度成長期〜バブル期の環境破壊を伴う工事には
すべての従事者が反省を踏まえ、意識を高めなければなりませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、始まった本格的な飲み会には僕も片隅に参加させていただき、
鮎のことだけではなく、渓流魚のことについても
いろいろと聴かせていただきました。

その道のプロフェッショナルのお話には
僕にもまだまだ知らないことがあり、とても勉強になりました。

この会を当宿で開催してくれた
新潟県内水試のS様に感謝いたします!


魚野川の釣り宿 アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ