〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2017/10/3

ヤマメ発眼卵放流 魚野川 参加者募集のお知らせ  フィッシング

今年のヤマメ発眼卵放流の日程が決定しました。

2011年新潟豪雨による魚野川の大氾濫を受けて、
3年ほど続いた大規模な河川改修工事。
釣り人たちの様々な憂いの声を聴き、2014年の夏
「釣り人の手で魚を増やしたい」との単純な発想から立ち上げた『U's +Futures』

今回で4回目のヤマメ発眼卵放流になります。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の7月に放流流域の魚影を調査したところ、
ヤマメの1年魚が驚くほどたくさんいました。
多くの皆様の応援のお蔭です。

クリックすると元のサイズで表示します

放流は難しくはありませんが、多くの人手が必要です。
今回も多くの皆様の参加をお待ちしております。


■日程 11月12日(日)午前中開始 
※雨天決行

お昼には魚沼名物の「ホルモン焼き」、
焼き鳥や焼きそば等のバーベキューを実施予定
(飲み物は各自ご用意ください)

※1,000円の参加費を徴収します m(__)m

■主催 U's +Futures (船沢京介 池田修)

ウェーダー、手袋、防寒着(雨具)をご用意ください。

※当方でも準備してありますが、スコップ(鉄製)などをお持ちの方は
持参していただけるとありがたいです。
    
また、11月11日(土)はアンティーズハウスにて
食事会&懇親会(飲み会)を行います。

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日に宿泊できる方は、是非参加してください。
御予約は下記の予約フォームやメール他のメッセージで受け付けます。

ご宿泊は6,500円(2食付、税別)
※お酒持込みOK

※前日の懇親会から参加の方は、ざっくりと11日(土)夕方ごろにお越しください。

※12日のみお手伝いいただける方は、9時までにアンティーズハウスにお越しください。
12日のみ参加の方もバーベキュー仕入れの都合上、参加の旨をご連絡ください!

今年はハンドクラフト展(「TRY-ANGLE」主催)から16,500円の寄付をいただきました。
http://www.try-angle-fishing.com/event/171203.html

これにより、昨年より多くの発眼卵を購入いたします。
(昨年は1万粒)

また、昨年同様、大変無粋ですが、放流資金・備品・消耗品購入費として
任意で500円のカンパを募りますので、
ご協力いただける方はなにとぞよろしくお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

放流の様子

クリックすると元のサイズで表示します

バーベキュー

参加希望者は アンティーズハウス までご連絡ください。

【連絡先】
 
電話 
025−783−3442

Eメール 
kyo@ro.bekkoame.ne.jp

アンティーズハウス宿泊予約フォーム 
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/book.html



【2014の発眼卵放流の様子】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/853.html

【2015の発眼卵放流の様子】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1111.html

【2016の発眼卵放流の様子】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1375.html


釣り人は、いかに繊細にリリースをしても多くの魚の殺生をしていることは事実です。
魚を増やす活動ができるのは、とても貴重で、なにより楽しい時間です。

「興味はある」程度の軽い気持ちで大丈夫です!
県内外、釣法を問わず、気軽に参加してください!

どうぞよろしくお願いいたします。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/


2017/10/2

魚野川の釣り 2017  フィッシング

今年の魚野川。
私は解禁早々、右手人差し指を骨折し、その後も釣行数が少なかったので、
お客様たちへの釣行プランアドバイスに終始したシーズンとなりました。

雪しろは4月上旬に始まったものの、気温の低い日が6月まで続き、長引きました。

とはいえ、本流・支流ともに水系全般の釣果は安定傾向だったという印象です。

しかし、7月からは大雨、長雨、台風と天候に翻弄されました。

クリックすると元のサイズで表示します

7月の大雨で下流部の市街地は被害を受けました

クリックすると元のサイズで表示します

そして、長寿台風だった8月初旬の台風5号

夏からの本流下流部は濁りで釣りにならない日も多く、
シーズン後半の釣果の多くは上流〜中流と支流に集中しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本流岩魚の釣果の一部

岩魚の川、魚野川を象徴する大岩魚は今年も健在でした。

クリックすると元のサイズで表示します

支流も好調なことが多く、
ドライフライでも40cmオーバーが出ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ひところは激減した魚野川のヤマメも復活と言って良いでしょう。
4年前から継続している我々のヤマメ発眼卵放流も効果があったと思います。
(今年は11月12日)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川名物のワイルドレインボーは時折60cmクラスの話を聞くものの
私の印象では小型化。
ヒレの欠損した35〜40cmが混じるものの、
同サイズののワイルドも少なくなかったので、来期の大型化に期待です。

クリックすると元のサイズで表示します

今シーズンも多くの魚野川フリークにお越しいただき、感謝しております。

来期もスキルアップのためのスクールイベントも企画します。
今年好評だった山菜セミナーを含め、魚の撮影セミナーも計画中です。

’18の解禁をお楽しみに!


【魚野川の釣り】
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/turi.html

2017/10/1

ありがとうございました  フィッシング

2017年の魚野川トラウトシーズンは終了しました。

今シーズンのアンティーズハウス大物ダービートップ賞は
吉田和展さんに決まりました。

来シーズンの魚野川年券をプレゼントいたします!

クリックすると元のサイズで表示します

昨晩は今シーズンの納会。
生ビール飲み放題で盛り上がりました。


クリックすると元のサイズで表示します

来シーズンもよろしくお願いいたしますm(__)m


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ