〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2018/9/30

’18魚野川釣りシーズン終了  フィッシング

とうとう最終日

クリックすると元のサイズで表示します

昨晩は生ビール呑み放題の納会

総勢13名がいらっしゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

最終日の今日はハードストリームス吉田氏と
フォレスト家泉氏、フォレストテスターH氏に昼ごろ合流して
一緒に川を歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

中型ながら太くコンディションの良いヤマメ

クリックすると元のサイズで表示します

40クラスの岩魚


みんなで釣りをする最終日も良いものです。


クリックすると元のサイズで表示します


今年も大勢の釣り人に来館していただき、感謝しております。

また来シーズン、魚野川でお会いしましょう!



アンティーズハウス

http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


2018/9/29

’18魚野川 いよいよ明日は最終日  フィッシング

明後日から禁漁期間に入る魚野川

クリックすると元のサイズで表示します

今朝は南魚沼の平野部に雲海が出ました。
いつのまにか秋が深まったということです。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の日中は身体が空いたので、数時間渓流を歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

キャッチは小型のヤマメ。

深場から緩流帯へと距離を置いたまま
まるでルアーを観察するようにチェイスした大岩魚もいたのですが、
食いつく気配は見せませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日アウトのお客さんは、35cmのヤマメをキャッチ。
お見事です!

クリックすると元のサイズで表示します

明日の天気は荒れるかもしれないので、
もしかすると今日が最終日になるかもしれません。

今日宿泊の皆さん、楽しんでください!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/9/27

ようやく動いた魚野川の秋ヤマメ  フィッシング

この時期はサビの入った大ヤマメ狙いのお客さんが多くなりますが、
今年の大ヤマメは夏の渇水の影響で不調でした。

しかし、禁漁間際の増水となった魚野川水系では
ようやく成熟ヤマメに動きが見られます。

ご多分に漏れず、今週のお客さんたちもヤマメ狙い。
連日の綿密な作戦会議が功を奏したのか、
今日アウトのお客さんにより、ヤマメ候補地のひとつでキャッチされました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

33cm。

お見事です!

僕も明日の日中には川に出る時間がありそうですから、狙ってみます。


29日の宿泊はまだまだ空いています!


アンティーズハウス宿泊予約
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/book.html
025-783-3442

2018/9/24

辺見哲也フリップキャストスクール 魚野川  フィッシング

この連休は今期最後のアンティーズハウス主催ルアーフィッシングスクール

クリックすると元のサイズで表示します

トリを飾るのは辺見さんのフリップキャストスクール

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回は時期的なこともあり、少人数の参加だったため、
個別講習もたっぷりできて参加者にとってはとてもラッキーでした。

クリックすると元のサイズで表示します

熱気を感じます

クリックすると元のサイズで表示します

先行者あり、大人数のプレッシャーあり、という
タフコンディションの中から、辺見さんがさすがのキャッチ

クリックすると元のサイズで表示します

参加の皆様、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日学んだフリップキャストは
「バックが取れない」、「ボサが邪魔」、「正面の繊細なポイント狙い」等々への
キャストだけでなく、様々な釣り人に不利な条件下で役立ちます。

今後もどうぞお試しください。

【フリップキャスト動画】
https://youtu.be/xFqEj--Zzac

そして、明けた今日は連泊できた方の中の希望者に
僕の「本流底波ドリフトスクール」を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スプーンやシンキングミノーを用いて、
ボトムレンジの一定のレーンをキープして狙う釣法です。

せっかくなので、僕の本流釣りも見学していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

連休最終日とコロガシ師のプレッシャーで大物は出ませんでしたが、
バラシもあり、充実した時間になったと思います。

※キャッチはウグイです(笑)

僕のスクールは来期も積極的に行いますので、
お気軽に参加してください。


来週はいよいよ今期の最終週末。

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊の方は生ビール飲み放題です。(500円)

どうぞご利用ください。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


2018/9/21

魚野川本流上流部のトラウトを狙う  フィッシング

禁漁が迫って焦っている訳ではないのですが、
ここへきて連日の釣り。

今日は本流上流部を探ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

エントリーから間もなく22〜3cmの岩魚

雨上がりで魚が動いたと思われます。

しかし、イージーな場所から出る魚は
すべて20cm前後で小ヤマメも混じります。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、狙いをガンガン瀬に切り替えると

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

35cmぐらいの岩魚が出ました。

抑えの画像を撮って、撮影場所を選んでいる間に逃走されましたが、
もっと大きいのが出る予感があり、気にせず釣りを続けます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、大石裏のポケットの沈み波にうまく乗った直後、非常に強いバイト。

ライトタックルなので、食い込みが良い反面、
ガンガン瀬の寄せにはより慎重さが必要なので、
プレッシャーを強くかけずに誘導を試みましたが、重みが消えた!?

なんとフックが折れていました・・

僕は、硬いロッドは好まず、パラボリックロッドを使うので、
どんなに大物がかかっても折れるほどの力がフックに加わるとは思えません。
きっと運悪く傷でも入っていたのでしょうね。

残念でしたが、これも釣りの魅力の一つと自分に言い聞かせ、納竿しました。

いよいよ禁漁まで残り10日。

是非、宿泊釣行でのんびり川歩きをしてください。


【アンティーズハウス宿泊予約】
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/book.html
025-783-3442



【お知らせ】

前回のトライアングル「ハンドクラフト展チャリティー」で集まった27,000円を
U's +Futures ヤマメ発眼卵放流資金にと、寄付していただきました。
助かります!

https://try-angle-fishing.com/event/171203.html

Try Angle (https://try-angle-fishing.com/)様、ありがとうございます。

第9回ハンドクラフト展も開催予定のようです。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ