〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2018/9/20

魚野川本流ヤマメを狙う  フィッシング

今朝は本流ヤマメに絞って川に出ました

クリックすると元のサイズで表示します

狙いはこんな感じの急瀬。
テクニカルなので、抜かれていないはず、と予想しました。

シャローでは反応なく、シンキングディープで深いレンジを狙うと
20cmに満たない程度でしたが、ヤマメをいくつかキャッチできました。

「シビアだな」と思いつつ、同じように荒瀬が続くメインのランへと遡行。

しかし、目指した場所は岸際の流れが強すぎて
川通しで釣り下るのが困難になっていました。

危険なので、しかたなく、立ち位置を探しましたが
「どアップのロングキャスト」でしか狙えません。

いろいろ試していると、30cm以上の何かが猛スピードでチェイスしてきましたが、
早いリトリーブに追いつく寸前まで魚を発見できなかったため、
バイトまで至らすことができませんでした。

あれが大ヤマメだったら、非常に残念ですが、
最盛期でないとアップのファーストリトリーブは
なかなか厳しいので、仕方ないですね。

ここは次年度の渇水期にじっくり狙います。
でも、こういう場所があると魚がストックされるので、それも喜ばしいことです。

クリックすると元のサイズで表示します

川原はいたるところで、カワラハハコグサが満開です。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/9/19

魚野川本流釣り〜ワイルドレインボー  フィッシング

久しぶりに晴れそうな予報の今日は身体も空いています。

クリックすると元のサイズで表示します

満を持して、早起きして本流釣りへ。

霧が深い南魚沼の田んぼは稲刈り真っ盛りです。

クリックすると元のサイズで表示します

夜明けごろの気温は10℃

クリックすると元のサイズで表示します

僕にしては珍しく、「釣るまで帰らない」決意で
念のため、9,3fと8fの本流タックルにプラスして
逃げ道の渓流タックルも用意して出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

入った場所は本流中流部の大場所。

この時期の釣果は本流上流部か支流の方が無難ですが、
仕事や天候・河川の渇水等々で2か月もの間、
好きな本流釣りができていないので、強行です。

水温は15℃になっていました。
水位は平水、クリアです。

クリックすると元のサイズで表示します

フックに引っかかった、ベイトのひとつになっていると思われるハヤ稚魚

本流は鮎の「コロガシ」が入るので、
「禁漁間近の本流釣りを楽しめればいい」と軽い気持ちだったのですが、
念入りに底波を捉えるとアタリがありました。

乗らないのは時期的に仕方ない、とはいえ、モチベーションは上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ついに強いアタリ。
水面に寄せると激しくジャンプしたのは非常に太いワイルドレインボー。

やっぱり、本流釣りは楽しいです。

他所も流そうとも思いましたが、任務遂行?したので今日は納竿。

明日も出る予定です。

クリックすると元のサイズで表示します


今週末の連休も最終週末も空室あります!
(最終週末は生ビール飲み放題です)


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/9/17

雨続きの魚野川 残り2週間の大物トラウト釣果に期待値上昇中  フィッシング

この連休は天気がすっきりせず、今日も雨

クリックすると元のサイズで表示します

今回のお客様たちは大物狙いには良い釣果はありませんでしたが、
支流のドライフライでの魚の反応は悪くはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川本流上流

コンディションは良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

僕も今週は川に出られると思うので、楽しみです!


【お知らせ】

辺見哲也フリップキャストスクール 
9月22日〜23日
参加申込みはまだ間に合います!


スクール詳細
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1774.html


また、最終週末の9月29日のご宿泊は500円で生ビール飲み放題です!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/9/14

秋の魚野川  フィッシング

昨日は空き時間に川を歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

川原にはカワラハハコグサが満開でいよいよ秋

1時間ほどの釣行で釣果は8寸ヤマメが最大の4尾
今回も画像は撮っていません。

次回は大物を狙える流域?に入ってみる予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはドライフライのお客様の8寸ヤマメ

1年魚の猛攻に会い、大物はキャッチできなかったそうです。
ドライフライには数日間続く晴天が欲しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはルアーのお客様。
最大は9寸だったそうです。

お客さんの狙いはみんな「秋色ヤマメ」でした。

今日からまた雨の時間が多そうです。
魚の活性は上がるでしょうが、大物を狙うレンジは深い方が良いでしょう。


明日からの連休に空室あります。

アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/9/12

ヤマメ発眼卵放流 参加者募集のお知らせ  フィッシング

U's +Futures ヤマメ発眼卵放流のお知らせです。

河畔林の伐採や河川改修等により、魚たちの安息の場所が少なくなった内水面。
魚野川の場合、直近では’11新潟豪雨後の河川改修により、
河川環境が悪化したことは否めません。

30年前、「釣っても釣ってもまだ釣れる」と感じていた魚野川。
そんな豊かな川に戻したいとの僕の思いは
いつしか「釣り人の手で魚を増やしたい」との発想になりました。

そして2014年夏、
魚野川フリークのフライフィッシャーたちの協力で立ち上げた『U's +Futures』

今回で5回目のヤマメ発眼卵放流になります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

発眼卵放流はデータによると生存率が高いそうです。
成熟魚まで成長するのは数パーセントとも言われていますが、
人為的な放流ではおそらく最も成果があると思われます。

また、卵を放流する行為は、
なにより釣り人の「川への思い入れ」が強くなり、高い意識も育まれます。

クリックすると元のサイズで表示します

今年も放流流域の魚影を調査したところ、
1年魚から3年魚まで様々な大きさのヤマメを確認でき、
確実に魚影が濃くなっていました。

成果を証明する手立てはありませんが、
5年前と比べ、ヤマメの魚影が増えていることは確実です。

これも多くの皆様の応援のお蔭です。


放流は難しくはありませんが、多くの人手が必要となります。
今回も大勢の参加をお待ちしております。


■日程 11月11日(日)午前中開始 
※雨天決行

放流は全行程で2〜3時間です。

お昼には魚沼名物の「ホルモン焼き」、
好評の「天然キノコ汁」
焼き鳥や焼きそば等のバーベキューを実施予定
(飲み物は各自ご用意ください)

※1,000円の参加費を徴収します m(__)m

■主催 U's +Futures (船沢京介 池田修)

ウェーダー、手袋、防寒着(雨具)をご用意ください。

※当方でも準備してありますが、スコップ(鉄製)などをお持ちの方は
持参していただけるとありがたいです。
    
また、11月10日(土)はアンティーズハウスにて
食事会&懇親会を行います。


クリックすると元のサイズで表示します


土曜日に宿泊できる方は、是非参加してください。
南魚沼産コシヒカリ新米や特別料理をご用意します。

御予約は下記の予約フォームやメール他のメッセージで受け付けます。

ご宿泊は6,500円(2食付、税別)
※お酒持込みOK

※前日の懇親会から参加の方は、ざっくりと10日(土)夕方ごろにお越しください。

※11日のみお手伝いいただける方は、9時までにアンティーズハウスにお越しください。
11日のみ参加の方も食材準備の都合上、参加の旨をご連絡ください。


また、例年同様、大変無粋ですが、放流資金・備品・消耗品購入費として
任意で500円のカンパを募りますので、
ご協力いただける方はなにとぞよろしくお願いいたします。


【放流の様子】

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

【バーベキュー】

クリックすると元のサイズで表示します


参加希望者は アンティーズハウス までご連絡ください。

【連絡先】
 
電話 
025−783−3442

Eメール 
kyo@ro.bekkoame.ne.jp

アンティーズハウス宿泊予約フォーム 
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/book.html


過去の発眼卵放流の様子

【2014】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/853.html

【2015】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1111.html

【2016】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1375.html

【2017】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1626.html


釣り人は、いかに繊細にリリースをしても多くの魚の殺生をしていることは事実です。
魚を増やす活動ができるのは、とても貴重で、なにより楽しい時間です。

同時にこうした活動が「釣り師のたしなみ」となることも願っています。


「興味はある」程度の軽い気持ちでも大丈夫です。
県内外、釣法を問わず、気軽に参加してください。

どうぞよろしくお願いいたします。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/


今年から魚沼漁協が後援してくれることになりました!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ