〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2018/11/12

U's +Futures ヤマメ発眼卵放流  フィッシング

平成10年の水害以降、度重なる河川改修があり、
7年前の大水害(福島新潟豪雨)を経て、
このままでは魚を中心とした生物の多様性が失われてしまいそうな魚野川を憂い、
「何かできることがないだろうか?」と考えていました。

川の変化を最も肌で感じるのは釣り人なのかもしれません。
そこで5年前の夏、「魚野川の魚を釣り人の手で増やしたい」と
小出アングラーズベンチ 池田修氏の力を借りて立ち上げたのが
「U's +Futures」です。

活動の中心としてヤマメ発眼卵放流を行っていますが
今年も昨日、無事に完了しました。

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日、前日入りした方たちと懇親会

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの飲み会になります(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

そして、昨日。
まずはプライベート参加の内水面水産試験場のS氏に
発眼卵放流のデータなどを説明していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

自然界のことに造詣の深い
アングラーズベンチ 池田さんからも注意事項などを聴きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

人工産卵床造りに必要な砂利集め

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一方で砂利集め班と二手に分かれ、産卵床の基礎づくりも同時進行です。

クリックすると元のサイズで表示します

使用した道具です

クリックすると元のサイズで表示します

バケツリレーで石を運びます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

放流用の筒を立てたところで、ほぼ完成。

クリックすると元のサイズで表示します

発眼卵

すでに卵の中では孵化を控えた稚魚が動いています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、放流。

放流後に砂利を被せて筒を抜いたら完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼過ぎには青空も顔を出し、河原で慰労の昼食タイム。
これも楽しみの一つです。

クリックすると元のサイズで表示します

魚沼名物のホルモン

クリックすると元のサイズで表示します

焼きそば

クリックすると元のサイズで表示します

キノコ汁(モデルはぎのっち)

キノコは先日、僕が山で採った天然キノコです。

3時ごろまで談笑して、解散しました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年も大勢のご協力で効率よく完了しました。
みんなの楽しそうな姿を見ていると、この活動を始めて良かった、
と感慨深いものがあります。

そして、いずれ、こういった活動がトラウトアングラーの
オフの常識的な楽しみになることを夢見ています。

参加の皆様、ありがとうございました。
今後も一緒に川を楽しみましょう!


U's +Futures 代表 船沢京介、池田修



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ