〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2019/6/30

吉田和展(ハードストリームス) 本流ルアーフィッシングスクール魚野川  フィッシング

この週末はハードストリームステスターで釣りビジョンでもお馴染みの
吉田和展氏によるルアーフィッシングスクールを開催しました。

クリックすると元のサイズで表示します

このスクールでは恒例のアウトレット
参加者はお買い得グッズに目を輝かせていました。

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日の午後からはあいにくの大雨で早々と懇親会に突入です(笑)
(もちろん、座学もありました!)

クリックすると元のサイズで表示します

そして今日はフィールド講習。
昨日の大雨の影響で強い濁りがあったため、
予定の場所より上流部の雨からも避難できる場所で行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

個人講習もあります

クリックすると元のサイズで表示します

真剣に練習する皆さん

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

吉田氏の本流釣りの見学もしました。
もちろん解説もしてもらったので、勉強になったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

大雨予報が心配されましたが、ほとんど雨の影響は受けず、
お陰で充実した時間を過ごせました。

参加の皆様、ありがとうございました。

また一緒に川に出ましょう!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2019/6/28

またも本流ワイルドレインボー  フィッシング

昨日のお客様の釣果。
本流の大物を狙うということで、いくつかのポイントを勧めたところ
届いた写メは、、

クリックすると元のサイズで表示します

60cm

今シーズンの当宿のお客様には好調に大物がキャッチされていますが
このポイントについては前日夜に狙うレーンと狙い方の解説をしました。

本流の大物狙いの場合は「投げて巻く」だけではなかなか釣れません。
不遜な言い方をすれば、釣れなくて当たり前とも言えます。

特に本流釣りは、そんなフィールドを楽しむことが大切です。

時合とともに、フィーディングゾーンに入れるスキルも
釣果の条件になることが多くなりますが、夢がありますよ!


【お知らせ】
明日から大雨の可能性がありますが、
週末に予定している「吉田和展スクール」は予定通り行います。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2019/6/26

カジカ稚魚放流と支流の大岩魚  フィッシング

先ほど、魚沼漁協の仕事でカジカ稚魚放流をしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中から真夏の陽気です

クリックすると元のサイズで表示します

街灯に飛んできたと思われるノコギリクワガタ。
野鳥につつかれたようです・・。

クリックすると元のサイズで表示します

放流は20mmほどのカジカ

クリックすると元のサイズで表示します

カジカは水質が悪い川では生きられないので、
水質の指標になります。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今年の梅雨は新潟県としては珍しく雨が多くなっています。
お陰で支流でも大物が度々キャッチされるようになりました。

画像の岩魚はとある支流の39cm
お客様の釣果です。
同日、他の支流でも37cmがキャッチされました。

今日のお客さんは本流大物狙い。
今日は暑いですが、釣果を期待しています。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2019/6/23

辺見哲也 フリップキャストスクール 魚野川  フィッシング

今週末は「辺見哲也ルアーフィッシングスクール」
今回はフリップキャストとフェザリングがテーマです。

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日の夜は懇親会と座学

楽しい飲み会はいつものように盛り上がり、深夜まで続きました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のフィールドスクールはあいにくの雨だったので、
雨をしのげる場所で行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

辺見さんのデモと解説で開始

クリックすると元のサイズで表示します

するとデモ中にヒット
歓声が上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

午前中はフリップキャストの個人講習が中心。

フリップキャストは低弾道を維持できます。
会得すれば狭いオーバーハング下などの
狙いにくいポイントに入れることができるので、
「竿抜け」を拾いやすいとても実践的なキャスティングです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お昼休憩の後は副題のフェザリング講習

ピンポイントに狙い通りに打ち込むため、とともに
ミスキャストのリカバーにも大切な技術です。

クリックすると元のサイズで表示します

実釣中ではなかなか練習することもないので、
こういう機会に反復練習することは大事ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

スクール中にはいくつかのキャッチもあり、
早速成果が出ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

参加者の皆様、ありがとうございました。
みんな驚くほどの上達がお見事でした。

またご一緒しましょう!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2019/6/21

魚野川 本流レインボー  フィッシング

今朝は早起きして本流大場所を流す予定でしたが、
起きられなかったので、宿から至近の流域をチェックしました。

クリックすると元のサイズで表示します

最近はめっきりご無沙汰の上流部。
ガンガン瀬は僕の原点なので、
初心に帰って僕にしては派手なプラッギングで歩いてみました。

水温は13℃。
小1時間ほどで3尾の岩魚をキャッチしました。
でも本流ネットにランディングするサイズではないので、画像はありません。

ただ、異常なほど綺麗でした。
近頃、この上流部の枝沢では産卵があるので、ネイティブかもしれません。

25〜30cmほどのヤマメらしき魚影も数尾ありましたが、
ミスバイトでフッキングしませんでした。
高速リトリーブの弱点ですね。

さて、タイトルのレインボー。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日、下流部での知人の釣果です。

60cm弱だそうですが、本人いわく
「えげつないほどの太さ」だったそうです。

週明けに雑誌の撮影予定なので、僕も下流部で狙ってみます。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ