〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2020/4/30

山菜採り コシアブラ  自然体験

今日は汗ばむ陽気です。

天気が良いので、
前回、時期尚早だったコシアブラが気になり、偵察に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

タイミングは完璧。
僕好みの開き具合です。
天ぷらにするには芽元が太く、開き過ぎていないものが好きなのです。

クリックすると元のサイズで表示します

正味30分ほどで自家消費には余るぐらい採れたので、終了しました。

もっと開いたものは、天ぷらはもちろん、
おひたしやコシアブラご飯、油炒めなどで美味しくいただけます。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442
タグ: 山菜採り

2020/4/29

おうち時間  

昨日は寒かったので、山にも行かず、懸案事項だったホールの柱をメンテしました。

クリックすると元のサイズで表示します

木くずが飛ぶので、まずは養生

クリックすると元のサイズで表示します

これが猫たちの爪とぎでささくれだった柱。
困ったものです。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤスリをかけて

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーで着色して完成。
猫はコーヒーの匂いが苦手なので、予防になると聞いたのですが
うちの猫たちには効き目がなく、ずっとイタチごっこです。

中腰時間が長かったので、良い筋トレにもなりました(笑)


そして、今日からGWが始まりました。

天気が良いので、魚野川の河川監視に出てみました。
無粋ではありますが、無券遊漁者の取り締まりです。

GW中の臨時禁漁も提案したのですが、叶わなかったので、
県外遠征の自粛を啓蒙することを合わせて、
しばらくの間、取り締まりを強化します。


クリックすると元のサイズで表示します

流域すべてを見回ったわけではありませんが
今日のところはほとんど釣り人も見当たらず、ホッとしました。
釣り人には遠征自粛が浸透していると思いたいですね。

せっかくなので、そろそろタイミングの良さそうなタラの木を見に行ったところ
巨大なタラの芽を含み、10個採れたので、自家消費分には充分。
今晩のおかずです!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2020/4/27

STAY HOME 生活圏内から出ないことが人にやさしくしていることに繋がります  

メッセージ性の強いことを発信する立場ではありませんが
なにとぞご容赦ください。

コロナが蔓延し続け、世の中はネガティブな雰囲気とともに殺伐としてきました。

すでにGWが始まった方も多いと思いますが、
連休の本番は明後日から。

国道に出て様子をうかがうと、
交通量は少ないな、という印象ではあります。

しかしながら、行き交う車のナンバーは県外ナンバーも多く
おそらく、連休本番にはもっと増えるのでしょう。

越後湯沢の某大型スーパーには県外の買い物客が大勢います。
他のスーパーも湯沢ほどではないにしろ、平常時に比べ県外客が多いです。

うちの大学生の次男は心細い気持ちを抑えて帰省を自粛しています。
また、米どころの南魚沼は田植えが始まる時期ですが、
自治体は農作業のための帰省にも自粛を呼び掛けています。

なぜなら、自分が無症状の感染者である可能性があるからで
「自分が感染源になってはならない」という強い気持ちがあるからです。

もしも、南魚沼など、田舎町で感染が起きると
医療は追いつかないでしょう。
高齢者が多い土地なので、死者が多くなることも予想されます。

そんな中で、どう見ても不要不急ではない県外からの人々が
遊びや趣味、もしくは「コロナ疎開」で闊歩する姿は
やはり快いものではありません。

今のところ、感染者ゼロの南魚沼ですが
この状況が続くと、潜伏期間を経た10日〜2週間後には
感染者が出る可能性は高いです。

また、そうした危機感を持った地元の人々と県外からの来訪者の間に
何らかのトラブルが起きる可能性もあります。


遊びに来る人たちの気持ちは分かりますが、
今は外出するとしても
最低限、県境を越えないようにしましょう。

もともと日本人は奥ゆかしく、優しい人種だと思います。
ただ、「ほかにもやっている人がいる」、「自分だけじゃない」
という安心感があると一気にタガが外れます。

今、外出を自粛することは他人に優しくしていることに繋がります。
この危機を乗り越えて、次代に誇れる行動をしましょう!


クリックすると元のサイズで表示します

牧歌的な雰囲気を保つためにどうぞご協力ください。

2020/4/22

雨の合間に山菜採り  自然体験

昨日は雨の合間に山菜採り。
休業を余儀なくされている中、食材を山に求めます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雨の時間が多いので、山の中は水滴だらけ。
身体がビショビショになるのを避け、林道沿いを歩きました。

今回の目的はウルイ(オオバギボウシ)でしたが
僕の秘密の場所??は採取にはまだ4〜5日早かったので、今回は見送りました。

画像はトリアシショウマ
三つ又に分かれた穂先が鳥の足のように見えるのが名前の由来でしょう。

私的にはこれを目的に山に入ることは無いのですが、
アクも無く、香ばしい風味がある美味しい山菜です。

クリックすると元のサイズで表示します

結局、今回も木の芽(アケビ)とふきのとうの茎、
タラの芽などを採って帰宅。

クリックすると元のサイズで表示します

すると、同じことを考えていた友人からお裾分けが。

その中には今日の目的だったウルイも含まれていました(^^)
少しの標高差や日当たり具合で育ちが全く違いますね。

画像は左から
モミジガサ、ウルイ、コゴミです。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のおかずはこちら。
左上から時計回りに

ふきのとうの茎キンピラ
木の芽
ウルイ
コゴミ
モミジガサ

ふきのとうの茎は前回はキャラブキにしましたが、今回はキンピラに。
木の芽はやはり、茹でて水にさらしたものを食べるのが王道。
ウルイは特に白い根元部が美味で、程よいぬめりが心地良いです。
コゴミは茹でたものをごま油と塩昆布で和えて味変です。
モミジガサは東北では人気の山菜です。
南魚沼ではあまり採る人がいませんが、口の中で広がる独特の風味が美味しい山菜です。

フキとアケビの芽以外はあく抜きも不要なので、
茹でればすぐに食べられますよ。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442
タグ: 山菜採り

2020/4/19

山菜 タラの芽  自然体験

すっきりしない天気が続きますが
雨が上がったので、今日のおかずを採りに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

言わずと知れたタラの芽

数日前のアンティーズ周辺はまだ早かったのですが、
「そろそろかな?」という読みが的中。

今晩、天ぷらで食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

ついでに木の芽(アケビの芽)も採りました。

木の芽は沸騰した湯でさっと茹でた後、冷水に1時間以上さらします。
苦みが気になる人は、途中で水を替えて半日ぐらいさらしてください。

マヨネーズで食べても美味しいですが
卵と相性が良いので、黄身を落として「巣ごもり」にすると
見た目も贅沢な一品になります。
醤油をかけて突き崩して食べると、とても美味しく食べられます。

また、完全に苦みを取りたい方は
鍋を火からおろした後、
そのままお湯が完全に冷めるまで放置してください。
このやり方は色がイマイチになりますが、うちでは子供たちが小さかった頃は
こうして苦みを取って食べさせていました。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

タグ: 山菜採り


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ