〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2020/9/30

’20魚野川トラウトシーズン閉幕  フィッシング

今日で'20トラウトシーズンが終了します。

クリックすると元のサイズで表示します

僕は業務上、昨日のドライフライで納竿となりました。


今日のお客様は渓流ドライフライなので
今シーズンのアンティーズハウス魚野川ダービー優勝は
57cm ウケクチウグイとなります。

商品は来期の魚野川年券です。
おめでとうございます!
該当者には追って連絡いたしますね。


コロナ禍で不完全燃焼のシーズンではありましたが
今シーズンも多くの皆様にご利用いただき、感謝しています。

またお会いできる日を楽しみにしています。


魚野川の釣り
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/turi.html

2020/9/29

久しぶりのドライフライ  フィッシング

様々な理由でドライフライにも復帰をしなければならなかったのですが
ようやく今日、実現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ドライフライロッドをフィールドに持ち出したのは25年ぶり?

その不安を払しょくするため、
魚野川のエキスパートフライマン N 師匠に付き合ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

四半世紀ぶりのフライマンにしてはサマになっています(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

僕は長いことルアーフィッシングに傾倒していたためか
流れに乗った小さなフライを見失うことが多く、魚が出ても乗せられませんでした。

でも、同行の「N 師匠」は僕が邪魔をする中
さすがにきっちりと釣果を出します。

いつもはボトムを狙って釣りをする僕ですが、
久しぶりの水面を意識するドライフライはとても新鮮な気持ちで楽しめました。

来期は本流ウェットも含めて、二刀流をやろうと思います!?


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2020/9/25

魚野川の釣り 禁漁間近  フィッシング

今朝は珍しく6時前に川に出ました。
1時間半ほどの時間制限なので、近場で成熟ヤマメ狙い

クリックすると元のサイズで表示します

この時期、いつも目を奪われるツユクサ
青が鮮やかです

クリックすると元のサイズで表示します

水温はいつの間にか15℃まで下がっていました。
水はジンクリア

大物が居そうな核心は無反応だったので、荒瀬を狙いました。

クリックすると元のサイズで表示します

バイトはあるのですが、中型。
とはいえ、奇麗なヤマメに癒されます。

結局、大物は出ませんでしたが、雨が降り出したこともあり、仕事のため納竿。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは一昨日のイブニングで知人がキャッチした支流の37cm岩魚

僕もあと数回川に出ますが、今期の単独釣行は終了かな?


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2020/9/22

U's +Futures 魚野川ヤマメ発眼卵放流 参加者募集  フィッシング

恒例の U's +Futures ヤマメ発眼卵放流のお知らせです。

今回は7回目のヤマメ発眼卵放流になります。

昨年の参加者は80名を超え、いよいよ大台に乗るのではないかと感じていましたが
今年はコロナ禍ということもあり、今後の感染状況によっては、
参加者が少ないことも想定しています。
しかしながら、現在の社会情勢を注視した上で、継続することを重視し、
今年も行うことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

河畔林の伐採や河川改修等により、魚たちの安息の場所が少なくなった内水面。
魚野川では昨年の台風19号により、またも大規模な河川改修を余儀なくされました。

多くの場合、改修工事が行われることで、魚たちの定位場所が少なくなります。
「昔は良かった」と、言うことは簡単ですが、
豊かな川に戻すには何をしたら良いのか?
そういった僕の思いは
いつしか「釣り人の手で魚を増やしたい」との発想になりました。

そして2014年夏、小出アングラーズベンチ池田修氏の協力で
魚野川フリークのフライフィッシャーたちとともに立ち上げた『U's +Futures』

今では釣法の垣根を越えて大勢が協力してくれるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

経験上、発眼卵放流の孵化率は非常に高いと感じます。
成熟魚まで成長するのは数パーセント(3年生存率)とも言われていますが、
人為的な放流ではおそらく最も成果があると思われます。
しかしながら、あまり行われないのは、多くの人手が必要になるからです。

クリックすると元のサイズで表示します

また、卵を放流する行為は、
なにより釣り人の「川への思い入れ」が強くなり、
環境への高い意識も育まれます。

クリックすると元のサイズで表示します

今年も放流流域の魚影を調査したところ、1年魚や2年魚がたくさんおり、
成熟魚も混じるようになっています。
多くの協力者のお陰で「居着きヤマメ」の魚影を肌で感じられるようになりました。
(同流域には漁協によるヤマメ稚魚放流はしていません)


放流は難しくはありませんが、多くの人手が必要となります。
今回も大勢の参加をお待ちしております。


■日程 11月8日(日)9時半ごろ開始 
※雨天決行

放流は全行程で2〜3時間です。

お昼には魚沼名物の「ホルモン焼き」、
好評の「天然キノコ汁」
焼き鳥や焼きそば等のバーベキューを実施予定
(飲み物は各自ご用意ください)

※バーベキューは1,000円の参加費を徴収します

■主催 U's +Futures (船沢京介 池田修)


ウェーダー、手袋、防寒着(雨具)をご用意ください。
また、マスクの持参もお願いいたします。

※当方でも準備してありますが、スコップ(鉄製)などをお持ちの方は
持参していただけるとありがたいです。
    
また、11月7日(土)はアンティーズハウスにて
食事会&懇親会を行います。


土曜日に宿泊できる方は、是非参加してください。
今年の懇親会はソーシャルディスタンスを保ちますが、
南魚沼産コシヒカリ新米や特別料理をご用意します。

御予約は下記の予約フォームやメール他のメッセージなどで受け付けます。

ご宿泊は7,000円(2食付、税別)
※お酒持込みOK

※前日の懇親会から参加の方は、ざっくりと7日(土)夕方ごろにお越しください。

※8日のみお手伝いいただける方は、8:45ごろまでにアンティーズハウスにお越しください。
8日のみ参加の方も食材準備の都合上、参加の旨をご連絡ください。



【放流の様子】

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

【バーベキュー】

クリックすると元のサイズで表示します


参加希望者は アンティーズハウス までご連絡ください。

【連絡先】
 
電話 
025−783−3442

Eメール 
kyo@ro.bekkoame.ne.jp

アンティーズハウス宿泊予約フォーム 
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/book.html


過去の発眼卵放流の様子

【2014】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/853.html

【2015】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1111.html

【2016】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1375.html

【2017】
http://green.ap.teacup.com/kyosuke/1626.html

【2018】
https://green.ap.teacup.com/kyosuke/1822.html

【2019】
https://green.ap.teacup.com/kyosuke/1997.html


釣り人は、いかに繊細にリリースをしても多くの魚の殺生をしていることは事実です。
魚を増やす活動ができるのは、とても貴重で、なにより楽しい時間です。

同時にこうした活動が「釣り師のたしなみ」となることも願っています。
県内外、釣法を問わず、気軽に参加してください。

どうぞよろしくお願いいたします。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/

2020/9/21

子どもルアーフィッシング教室  フィッシング

連休3日目の今日はお客様からのリクエストで
ルアーフィッシング教室を行いました。

朝の雨で3名がキャンセルとなり、親子2名の参加

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずはセッティング

僕にとっては何でもないことですが、
初めての子どもには大きな難関?

ガイドにラインを通してからスナップを結びます

クリックすると元のサイズで表示します

セットができれば、あとは「投げて巻く」基本動作をレクチャー

1時間もすると、ミスキャストも少なくなり、
一人前のルアーマンになるのも間近。
ルアーフィッシングはこの手軽さが良いですね。


ところで、よくあることなのですが
見本のデモンストレーションをしていると魚が釣れます(笑)

8月に行った時も釣れましたし、思い起こすと過去にも何度もあります。

今回は、ばれてしまいましたが、
小細工をしないからなのか、殺気が無いからなのか、
興味深いところです(笑)


講習は有料ですが、来期もご希望があれば行います。

こうして釣り好きが増えていくことも喜びです。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ