〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2011/2/16

’11解禁まで2週間を切った魚野川  フィッシング

スキー・スノーボードシーズン真っ只中ですが、今日は漁協本部に出向き、
お申し込みいただいた魚野川の釣り年券を作成して来ました。
新潟県共通券や鮎の年券の方も含み大勢の方のお申し込みありがとうございます。

朝からとても天気が良かったので、フロントガラスの凍りつく中出発。
当然、魚野川の様子を見て来ましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川本流上流部です。
寒さで水も少なく、透明度が非常に高いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

朝もやに煙る農道。
雪の壁も高いですね。
夏場は見渡す限り、田んぼの場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

支流登川の本流合流に近い流れ。
岸際に氷がはっているのが分かりますか?

クリックすると元のサイズで表示します

本流中流部に差し掛かる有望ポイントも今は水が少なめですね。
あの辺に大岩魚がいるはずですよ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ここは中流部の人気ポイントがある橋からの様子です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、魚野川フリークならご存知の方も多いでしょうね。
今の所、立ち居地がつかめません。
解禁後も雪が多いうちは右岸テトラの上に立つのは危険なので、やめましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

新しい橋もほとんど出来上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します

この流域にも私の好きなポイントがありますが、ここは一段と雪が多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

間もなく小出です。
白鳥の群れが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

下流部のダブルハンドフライマンの多い流域です。
好いポイントが点在します。

クリックすると元のサイズで表示します

上流部では、カジカ獲りをしている人がいました。
今日始めて川に人がいるのを見て、なぜか感激。

クリックすると元のサイズで表示します

関係ないですが、この近くにある私の好きなラーメン屋は定休日でした。
残念!

クリックすると元のサイズで表示します

今日、見たのはここが最下流です。
うずうずしてきますね。
初回は、どこに入ろうかな。

川原に出れば釣りながら遡行できる場所はたくさんありますが、
現状では、車の停め場所は非常に少ないですね。
車からの入川距離は長くなりそうです。
また、今より雪は少なくなるでしょうが、雪中ラッセルも避けられないでしょう。
スノーシューやかんじきみたいなものがあると便利かもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

R291の一部。
市街地だけで比較すると、うちのある旧塩沢より小出の方が雪の壁が高いかもしれません。
1月は、平地にも雪が本当によく降りましたからね。

魚沼漁協本部で作成した年券は、
3月1日までに皆さんのお手元に届くように手配しました。
複数人でお申し込みの方は、代表者のところに届きます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、ここでラーメンを食べて帰宅しました。
ここも美味しいですよ。
個人的には麺がもうひとつですが、それを補って余りあるスープです。


3月は、まだまだスキー・スノーボードシーズンということもあり
私の魚野川リサーチも頻繁ではないと思いますが、
3月5日の土曜日には、すでに釣りの宿泊客が入り始めているので、
時間の許す限り、リサーチに出ます。
もちろん、大岩魚を狙いますよ!

3月は、石打丸山スキー場のスキー・スノーボードと魚野川の釣りを両方楽しめるので、
当ペンションに家族で泊って、お父さんだけ釣りに出ることも可能ですね。
いつも独りで釣りに出かけて肩身の狭かった方も家族サービスになりますよ(笑)

皆さんもうちで計画を練って、私と一緒に大物を狙いましょう!


PC・・・http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/

携帯・・・http://aunty.mymp.jp/

     025−783−3442


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ『Gijie』(ギジー)再スタートです。
間もなく発売と思いますが、今号は、魚野川の記事もあります。
ちなみに今回は、私が書いたのではありません。
トラウトルアーアングラーの最高峰佐藤慎司さんの記事ですから、
私の出る幕はありませんね(笑)
昨年画像を見せられましたが、凄いレインボーが出ています。
さすがですよ。


追;
もしかすると次号には、私も出るかもしれません。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ