〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2011/7/30

新潟豪雨 今日の魚野川上流部  フィッシング
非常に多くの方々から安否を気遣う連絡を頂いており、感謝しております!
当宿は高台にあるので、とりあえず何事もなく日常を送っておりますので、
ご安心ください。

ただし、車で10kmも下ると浸水被害などがあるようです。
R17も旧六日町にて冠水のため寸断されています。
また、下流部破間川の決壊により、
特に旧小出町から下流部は予断を許さない状況のようです。

下り車線が麻痺しているため、見れる範囲での魚野川を
仕入れのついでに撮影して来ました。
仕入れも流通経路が寸断されているため、ままなりませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

湯沢町魚野川本流

クリックすると元のサイズで表示します

旧塩沢町の初夏のドライフライが楽しい流域

クリックすると元のサイズで表示します

昨日もアップした五十嵐橋上流

クリックすると元のサイズで表示します

関越塩沢石打I.C.に近い姥島橋下流

クリックすると元のサイズで表示します

アンティーズハウスから見下ろした市街地。


雨雲はこのように切れるときも多くあります。
雨は断続的で、今日は今の所豪雨にはなっていませんが
昨日よりも魚野川の水位が上がっているのは、昨夜半の激しい雷雨の影響と思います。

平成10年の台風による大水害のときの水位の上がり方に比べると
今回の撮影場所周辺では、まだ大きな問題は無いのですが、
各支流源流部などを含め、魚野川流域内の広い範囲で断続的に
大雨をもたらす雨雲が次々に入り込んでいるので、
下流へ行けば行くほど水位が非常に高くなっているのは
押して知るべしと言ったところで、知人の家々が心配でもあります。

今も大雨洪水警報と雷注意報は解除されていないので、
まだまだ低地は警戒が必要になっています。

ですが、予報では今日を境に天気の回復が告げられているので、
もう少しの辛抱と考えています。

クリックすると元のサイズで表示します

魚たちは画面にあるような岸際のえぐれた緩流帯などに避難していることでしょう。
早く泥濁りが取れて魚たちの呼吸を楽にさせてあげたいものです。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ