〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2011/8/22

新潟豪雨から3週間 今の魚野川  フィッシング
お盆最終日辺りから1週間連続で雨がちの天気が続いています。
今朝は、夜明け前に目が覚めたので、本流・支流を見て来ました。
雨が降っていたことと、病み上がりなので、釣りはしていませんが。

最高のコンディションが続く旧塩沢内から上流部の状態がウソのように
せっかく回復の兆しを見せていた魚野川本流の中流部〜下流部は
再び強い泥濁りが入っています。

クリックすると元のサイズで表示します

ただし、うちの周辺は、魚が動くにはちょうど良い水位の状態が続いています。
水もクリアで釣れそうですねぇ。
地元鮎釣り師からの大物トラウト目撃情報もたくさん入って来ていますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

中流部に差し掛かる辺りから濁りがきつくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

これではちょっと釣りになりませんね・・
早く長雨が終わって欲しいです。
予報では明日まで雨がちのようなので、今週末あたりからの好転に期待です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは垂涎の大場所が続く流域なのですが
釣り人がいない川は、川鵜に独占されています。
早く濁りが解消して釣り人がうろうろして欲しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ時間があったので、濁りの元凶となっている三国川に寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

傾斜のきつい山間を落ちる枝沢が多い三国川流域は土砂崩れ被害が多く、圧倒されました。

クリックすると元のサイズで表示します

ダム下からのダム周回道は右回り・左回りともに通行止めです。
十字峡には行けませんでした。

ダム下を見るため大回りして歩いて見て来ましたが、
豪雨当日の凄さを髣髴とさせる風景です。
ただし、三国川自体は今も大石の状態が好い場所が多いですから
生態系の復活も早いと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

魚野川本流に大きな影響を与えているのは、この水ですね。
お盆直前の魚野川本流下流部の様子から予想すると
3〜4日晴れる日が続けば三国川自体の水が少なくなるので
再び中流部以下も釣りになるぐらいには回復するでしょう。

今日は平日なので、鮎釣り師も少ないでしょうから
トラウトフィッシングに最高のコンディションの流域でお客様の大物釣果に期待します。
きっと凄いのがキャッチされることでしょう!?

予定していた雑誌Gijieの本流取材も9月に順延したので、
私も2〜3日内には肩慣らしをして、その後は本格的に狙いに出ます!

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ