〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2011/9/30

'11 魚野川トラウトフィッシングシーズン終了  フィッシング

9月30日が来てしまいました。
私も今シーズンの魚野川釣行を終了しました。

昨日は、夜明けから水害&2度の台風後に流れが変わったのに
歩ききれなかった流域を歩きました。

新しくできた良いポイントを探すのに長い距離を歩き回り、
しかもここぞという場所で粘ったため、丸1日かかってしまいましたが
来期に繋がるリサーチになったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の朝。
刈入れの終わった田んぼと山の夜明け。
なんとなく哀愁を感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

日が昇り始めると激しい霧が立ち込めます。
暫くは夜明けに川に立つことは無いので、こんな風景ともお別れですね。

まず入った流域は水害以前の深みは無くなっていましたが、
暫く歩くと、深い水深を保つ長いランができていました。

クリックすると元のサイズで表示します

コロガシの跡がありましたが、虹鱒がいました。
このサイズの虹鱒もボトムギリギリからですから、さすがに厳しい。
粘りましたが、狙いの大ヤマメは出ず。

その後、下流・中流でチェックし切れなかった場所を歩き回りました。

クリックすると元のサイズで表示します

気温も上がり、日中の疲労困憊の中出たのはウグイ(笑)
ウグイに罪はありませんが、いい加減に写真を撮っていたようでピンボケです。

引き続き、今朝も大ヤマメを狙いましたが、早々と終了しました。
昨日で燃え尽きたみたいです(笑)

毎年、9月下旬の本流はなかなか釣れませんが、
今年は本流に魚影が濃いはずと、結果的に大場所にこだわってしまいました。
食い渋る時期とはいえ、昨日1日やってこの釣果ということは
先の台風後、おそらく田んぼの用水路などに逃げ込んだのでしょう。
というか、まだまだのスキル不足をそういうことにしておきます(笑)

300年に一度とも言われた新潟豪雨と相次ぐ台風のため
不完全燃焼だった今年のシーズンでしたが、
個人的には自己最高の岩魚もキャッチしましたし、
研究中の釣法を駆使した厳しい条件下の大ヤマメなどがあるので、よしとします。

来期は皆さんも気になっていると思われる支流や本流上流部も積極的にリサーチしながら
いつも通り、本流大場所中心に川を歩きます。

来年もどうぞよろしく!
近々、魚野川大物ダービー優勝者の発表をします。



ん?有終の美を飾ったのはウグイでしたね(笑)




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ