〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2009/6/8

最近の魚野川   フィッシング
クリックすると元のサイズで表示します

このところ魚野川水系は、減水気味です。
私は、というと、ときどき大ヤマメをヒットさせているものの
残念ながら連続でばらしてしまっています。

これは、私が最近極小のルアーを使っていることもありますが、
私の印象では、全般に通常本流で使うタイプのルアーには反応がシビアです。

ちなみに本流ウェットは好調に釣れています。
今も40cm以上の岩魚が出る流域もありますし、
本流ヤマメが爆釣するプライムタイムもあります(マヅメとは限りませんよ)。
本流ウェットのお客様と話すと「そんなに釣れたの!」と驚くぐらいなのです。
また、支流などのドライフライも好調です!

フライマン達は、みんな楽しそうですが、
このところ、うちの常連ベテランルアーマン達はパッとしない日が多く
夜は、勉強会(飲み会?)になっています。
でも、釣れないと言われると天邪鬼の私は燃えてしまいます(笑)
ルアー不調を払拭するためにやる気満々なので、お楽しみに???


ベイトを意識する釣り、、
特に大場所では、ベイトの対象が魚ではない可能性もありますね。
渦を巻くようなヒゲナガのハッチを見ることもありますから
私もたまにはウェットをやろうかと思うこともしばしばです。
下手ですからキャスティングを楽しむだけになることは明確ですが(笑)
私が極小のルアーを使うのも「フライフィッシング的ルアー釣り」のつもりなのです。

とはいえ、流域によってはこの限りではないので、
あまり難しく考えないで下さい。
好きな釣り方をするのが一番ですからね。

クリックすると元のサイズで表示します

特にこんなポイントでは、ルアーの独壇場は変わりません。
ガンガン瀬で捕食をしようとしている魚はターンに反射食いをしますから
丁寧に探ればきっと釣果に恵まれます。

クリックすると元のサイズで表示します

最近の主な釣果はヤマメです。(これは、泣き尺)
コンディションの好いヤマメが出る時期です。
水が動けば、モドリヤマメも一気に遡上するはずです。

クリックすると元のサイズで表示します

33cmの岩魚です。
私は、岩魚が(も)好きなので、まだまだ岩魚も追いかけますよ。

釣りにくい川だと思われがちの魚野川ですが、
魚がたくさん潜んでいる場所があちこちにあるのです。
夢が広がりますね。


<おまけ>
カブトムシの幼虫を捕りました。
でっかいです。
クリックすると元のサイズで表示します

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ