〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2019/1/12

魚野川の釣り 2019シーズン年券代行作製のお知らせ  フィッシング

スキー・スノーボードシーズンまっただ中ですが
魚野川水系のトラウトフィッシング解禁まで、あと1ヵ月半。

例年通り、魚野川年券をご希望の方には、
こちらで代行して、まとめて作成いたします。

2019シーズンも楽しみましょう!

まだ雪深いものの、解禁日3月1日からは釣りの宿泊も歓迎いたします。

また、今年もアンティーズハウスならではの
著名アングラーによるスクールイベントはもちろん、新しい企画も思案中です。

私自身の本流ルアーフィッシング講習は魚種別の釣法セミナーを計画中です。

クリックすると元のサイズで表示します
魚野川の雪代岩魚


さて、本題です。
「魚野川年券」または「県内共通券」作製をご希望の方は、
書留にて下記の必要な物を同封の上、お申し込み下さい。

作成した券は、解禁日に間に合うようにお手元に郵送します。


【必要な物】
・縦3cm、横2,5cmの顔写真
 (複数人のお申し込みの場合は裏にお名前を書いてください。)
・住所、氏名、生年月日・年齢、電話番号のメモ書き
・9,300円

尚、2月18〜21日の時間がある日に
魚沼漁協本部に出向いて一括作成した上で郵送しますので、
2月16日(土)をデータ・作成費等の必着日とさせて頂きます。

それ以降、アンティーズハウスでは日券のみの販売となりますので、
なにとぞよろしくお願いいたします。

※新潟県全域の共通年券についても作成を受け付けます。(12,960円)

※お仕事の都合等で郵送にて現金を送ることが難しい方は
下記口座へ作製費をお振込みの上、別途、写真等の資料を郵送してください。


ゆうちょ銀行
店名 〇二八(ゼロニハチ)
店番 028  普通預金 2253884 船沢京介



【郵送送付先】
〒949−6372
新潟県南魚沼市石打972−2  アンティーズハウス

025−783−3442

Eメール⇒kyo@ro.bekkoame.ne.jp


昨年の弟16回魚野川ダービー優勝の年券当選は正木宏明さんでした。
今年はどなたが獲得するでしょうね?


〜魚野川の釣り
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/turi.html


クリックすると元のサイズで表示します


サークルやコミュニティの釣り合宿などをお考えの方もご相談ください。

アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442


2018/11/27

晩秋の魚野川  フィッシング

今日は漁協の仕事で川にいました。

クリックすると元のサイズで表示します

幸い小春日和となり、外仕事も気持ち良い日です。


クリックすると元のサイズで表示します

今年は夏に日照りが続いたため、遡上が遅れたサクラマスは
どうやら捕獲を免れたのか、産卵床も多く、産卵に成功した個体が多そうです。


こうして自然に魚が増える川にしたいものですね。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/11/26

忘年会のち大掃除  フィッシング

土曜日は恒例となった釣り人の忘年会でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は10月末に亡くなった本山博之氏にゆかりのある人たちを中心に
献杯を兼ねての飲み会でしたが、笑いの絶えない良い時間でした。


そして、今日は厨房やホールの大掃除。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

間もなく12月。

スキーシーズンの準備を整えています。


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442

2018/11/12

U's +Futures ヤマメ発眼卵放流  フィッシング

平成10年の水害以降、度重なる河川改修があり、
7年前の大水害(福島新潟豪雨)を経て、
このままでは魚を中心とした生物の多様性が失われてしまいそうな魚野川を憂い、
「何かできることがないだろうか?」と考えていました。

川の変化を最も肌で感じるのは釣り人なのかもしれません。
そこで5年前の夏、「魚野川の魚を釣り人の手で増やしたい」と
小出アングラーズベンチ 池田修氏の力を借りて立ち上げたのが
「U's +Futures」です。

活動の中心としてヤマメ発眼卵放流を行っていますが
今年も昨日、無事に完了しました。

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日、前日入りした方たちと懇親会

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの飲み会になります(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

そして、昨日。
まずはプライベート参加の内水面水産試験場のS氏に
発眼卵放流のデータなどを説明していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

自然界のことに造詣の深い
アングラーズベンチ 池田さんからも注意事項などを聴きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

人工産卵床造りに必要な砂利集め

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一方で砂利集め班と二手に分かれ、産卵床の基礎づくりも同時進行です。

クリックすると元のサイズで表示します

使用した道具です

クリックすると元のサイズで表示します

バケツリレーで石を運びます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

放流用の筒を立てたところで、ほぼ完成。

クリックすると元のサイズで表示します

発眼卵

すでに卵の中では孵化を控えた稚魚が動いています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、放流。

放流後に砂利を被せて筒を抜いたら完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼過ぎには青空も顔を出し、河原で慰労の昼食タイム。
これも楽しみの一つです。

クリックすると元のサイズで表示します

魚沼名物のホルモン

クリックすると元のサイズで表示します

焼きそば

クリックすると元のサイズで表示します

キノコ汁(モデルはぎのっち)

キノコは先日、僕が山で採った天然キノコです。

3時ごろまで談笑して、解散しました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年も大勢のご協力で効率よく完了しました。
みんなの楽しそうな姿を見ていると、この活動を始めて良かった、
と感慨深いものがあります。

そして、いずれ、こういった活動がトラウトアングラーの
オフの常識的な楽しみになることを夢見ています。

参加の皆様、ありがとうございました。
今後も一緒に川を楽しみましょう!


U's +Futures 代表 船沢京介、池田修

2018/11/4

魚野川で鮭釣り  フィッシング

今年から魚沼漁協組合員で鮭鱒部会員(鮭やサクラマスを捕る権利を持つ者)に限り
鮭釣りが認められました。
(今まで採捕は投網に限られていました)

これは、鮭釣り一般開放に向けての第一歩です。

小出のウライが撤去され、11月1日から下流部でも鮭釣りができるようになったので、
今日、試し釣りをしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

陽気も良く、気温は20℃

クリックすると元のサイズで表示します

鮭釣りは興味が無かったので、研究をしていないのですが、
産卵のために遡上してきた魚なので、流速が全体に穏やかな平瀬を選びました。

使用ルアーはシマノ&フォレストのスプーン。
普段は使わないシルエットの大きい物を使用。

ターンの釣りには反応が無く、
ナチュラルドリフトをでの送り込みを試していると大きなアタリがありました。

結果は乗らずにキャッチはなりませんでしたが、
なんとなく狙い方が分かったような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり下流の釣りは面白いですね。
また陽気の良い日にやってみます!


アンティーズハウス
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kyo/
025-783-3442



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ