●蝶のインデックス><●蝶撮影総括:2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2012年
■最近写真を追加したチョウ[記事には未掲載分]: 【蝶-19】イチモンジセセリ(9/24)【蝶-13】ヤマトシジミ(9/24)【蝶-45】アゲハ(7/15)【蝶-33】スジグロシロチョウ(6/2)【蝶-17】チャバネセセリ(5/16)

2012/9/29

【蝶日記】チョウ撮影会@自然教育園  蝶日記

9/29にNPOチョウ類保全協会主催の秋のチョウの観察と撮影
会に娘と参加してきました。会場は目黒の国立科学博物館附属
自然教育園です。年間を通して数えると55種類もの蝶が見ら
れるということですので、期待が高まります。

娘は特に蝶に興味はありませんが、大学で写真部に入ったの
で立派なカメラを借りてきての参戦です。

参加者は約20名、4班に分かれての出発です。
私の班の先生は、my蝶あるばむのTさんです。

歩き始めると、蚊が多くてびっくりしつつも、アオスジアゲ
ハが樹上を優雅に飛んでいたり、謎の蛾の幼虫(毛虫系)が突
然葉っぱについていたりとわいわいしながら進みます。

と、いました。最初の被写体は、遠いけど

クリックすると元のサイズで表示します
ヒカゲチョウ

この後別の個体が近くに止まってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒカゲチョウ再

周辺ではイチモンジセセリ、ホタルガ、アカボシゴマダラな
どが見られました。

今日気になったのはこの子、やけに長いハチです。

クリックすると元のサイズで表示します
キンケハラナガツチバチ?

毛が白いとヒメハラナガバチということなので、これは金毛
だと思います。キンパツじゃないところがミソですね。

大量発生中のヒカゲチョウに混じって時々現れたのが

クリックすると元のサイズで表示します
ヒメジャノメ

インパクトのある顔の

クリックすると元のサイズで表示します
ベッコウハナアブ

道にクサガメがいたり、カナヘビがいたりなかなかの散歩道
です。

開けた場所に到着すると、ちょうど日が出てきました。
コミスジ、キタキチョウ、ツマグロヒョウモンなどが飛び始
めています。

ふと花を見ると

クリックすると元のサイズで表示します
チャバネセセリ

遠くに止まっていたのは

クリックすると元のサイズで表示します
アゲハチョウ

止まってくれないのは

クリックすると元のサイズで表示します
アオスジアゲハ

ジョロウグモにつかまってしまったのは

クリックすると元のサイズで表示します
ウラギンシジミ

そうそう、観察会に入る前に、別の班の先生であるTFさんか
ら、被写体は真ん中でなくともよい。景色を写しこむと面白い、
と教わったので、挑戦してみました。

クリックすると元のサイズで表示します
ウラギンシジミ(上とは別の個体。念のため)

まだまだ景色の写しこみが足りませんが、雰囲気は出てるでしょ。

ムラサキツバメが見れたらいいなとひそかに期待していたので
すが、ムラサキシジミしか見られませんでした。

代わりにというわけではないですが、綺麗な開翅を見せてくれ
たのは、

クリックすると元のサイズで表示します
ヤマトシジミ

というわけで、観察会で皆で観察した蝶の総数は19種類。
私は12種類撮影することができました。

通常、撮影は一人で行きますが、複数人でも楽しいなと感じた
一日でした。そうそう、娘は写真部として蝶というより、いろ
いろな構図で自然を写していてそれはそれで楽しそうでした。
(まだちゃんと作品をみせてもらっていませんが、、、)

今日も読んでいただきありがとうございました。






0
タグ:  昆虫 写真

2012/9/28

【蝶-47】サカハチチョウ  生物写真(主に蝶)

サカハチチョウは、翅を広げると逆さまの「八」の
字に見えるところから名づけられた蝶です。夏型と
春型で色合いがガラッと変わりますが、「ハ」の字
は共通ですね。
都内でも、山の方に足を伸ばせば普通に見られる種
です。サカハチョウとしている図鑑もありますが方
言みたいなものでしょうか。。。

クリックすると元のサイズで表示します
2018.8.13 松本市

クリックすると元のサイズで表示します
2018.5.1 奥多摩

クリックすると元のサイズで表示します
2017.8.15 大雪山麓

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2017.8.6 都民の森

クリックすると元のサイズで表示します
2016.4.23 奥多摩

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2015.5.10 裏高尾

クリックすると元のサイズで表示します
2013.7.16 裏高尾 夏型

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2013.5.5 奥多摩 春型

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2012.8.4 奥多摩 夏型

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2012.5.5 盆掘 春型

年2回発生(4月下旬、7月下旬)
食草はイラクサ科のコアカソ、ヤブマオなど

[蝶47、タテハ8]
0
タグ:  昆虫 写真

2012/9/23

【蝶-46】テングチョウ  生物写真(主に蝶)

テングチョウは成虫で越冬するため、暖かい春先に丘
陵地帯を散歩するとキタテハヒオドシチョウなどと
一緒によく出会います。
テングのように顔の先端がとんがっていて、特徴的で
すね。
敏捷に飛び回ることが多いですが、時に羽ばたきを抑
えて滑空するように飛ぶこともあります。

クリックすると元のサイズで表示します
2018.9.13 奄美大島

クリックすると元のサイズで表示します
2018.3.4 草花丘陵

クリックすると元のサイズで表示します
2017.6.4 羽村市 珍しく市街地で遭遇

クリックすると元のサイズで表示します
2017.3.20 草花丘陵

クリックすると元のサイズで表示します
2017.3.18 檜原村

クリックすると元のサイズで表示します
2017.2.26 檜原村

クリックすると元のサイズで表示します
2016.5.28 草花丘陵 新鮮個体の開翅

クリックすると元のサイズで表示します
2013.7.6 草花丘陵 珍しい吸蜜シーン

クリックすると元のサイズで表示します
2013.3.16 草花丘陵

クリックすると元のサイズで表示します
2013.3.10 草花丘陵

クリックすると元のサイズで表示します
2012.8.25 奥多摩町

クリックすると元のサイズで表示します
2012.6.15 生田緑地

クリックすると元のサイズで表示します
2012.4.15 草花丘陵

クリックすると元のサイズで表示します
2018.4.30 草花丘陵 幼虫発見

食草は、ニレ科のエノキ
年1−2回発生 成虫で越冬する

[蝶46、テングチョウ1]
0
タグ:  昆虫 写真



AutoPage最新お知らせ