2009/4/3

トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン  クラシック

名古屋で行われた表題のコンサート(グランドコンサート)に行ってきました。お目当ては、ウィーンフィルのメンバーとして来日された、R.Janezic氏の生音探せばこのブログのどこかに出てくると思いますが、彼には2年半ほど前にウィンナホルンをレッスンして貰った関係。たった30分ほどでしたが(笑)

今回は名古屋フィルの面々との合同演奏でした。前半はオペラの抜粋集。冒頭、ウィーンフィルのメンバーだけで「イントラーダ」が演奏されましたが、これがまた…皆さん、練習しました??バラバラのガタガタ。本編に入って「運命の力」序曲でもチグハグな演奏指揮者を立てないスタイルのためか、なんだかアンサンブルが甘い。それでも3曲目から歌が入ると、演奏が引き締まり出す。この辺りは流石ただ、短編ものを集めたステージなので緊張感が余り無く、師匠とヴラダーさんの談笑が多い多い。客席からは、真っ赤なドレスのソプラニストに指笛が飛ぶ始末…。

後半は「ツァラトゥストラ」。この愛知芸術劇場コンサートホールはどうなんでしょう…。すぐ飽和してしまって、ffの響きがあまり良くないように思いました。前半と顔つきの変わったJanezic。本気モードの師匠の音は、格好良かったです終盤、メインのチューニング管に何か起こったらしく、首を傾ける師匠。明日からのツアーに支障がなければいいのですが。「サロメ」のソロではヴラダーさんとの「ウィーン風のワークシェアリング」がお見事でした(伸ばす音符を代吹きして貰ったという話)。アンコールのワルツ?が一番スッキリと聞こえたのは僕だけ?

6時45分から始まったコンサート。終わったのは9時10分。最終新幹線に乗って、0時前に福井着。期待度が高かっただけに、満足度は50点ってとこでしょうか。ツアーを進めるにつれて、きっと、アンサンブルはまとまっていくのでしょうね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ