2011/5/20

恩師、逝く  音楽その他

5月18日、恩師・中山芳淳先生が旅立たれました。

中学2年生と3年生の時に、吹奏楽部でお世話になりました。

本日、お通夜に行って参りました。

祭壇の中央には遺影が飾られていました。

懐かしい、痩せこけた御顔でした。

そして、その左隣にもう一枚の写真。

先生が指揮をされていた、吹奏楽コンクールの写真でした。

「1982.9.25&26…北陸大会…鯖江市文化センター…?」

その日付、場所に、焼香の手が止まりました。

そして胸が熱くなりました。

それは、僕が中3の時の写真でした。

一生忘れられない、北陸代表になれなかった、悔しい金賞の写真でした。

この写真とここで再会するとは。。。

奥様のお話では、故人の遺志ではなく、意図して選んだ写真でもなく、短い時間で選んだ、たまたまの一枚とのことでしたが。。。

先生から借りたデニス・ブレインのLPレコードに衝撃を受け、ホルンが大好きになりました。

また仲間と一緒に音楽を作りあげることの大切さ、素晴らしさを教えてくれたのも先生でした。

写真の前に当時のメンバーが10人ほど集まりました。

「一番楽しかったころだと思います。」

喪主の御長男さんが、話かけてくれました。

68歳、早すぎる突然の死。

残念でなりませんが、先生の教えはまだまだ長く生き続けますよ。

本当にありがとうございました。

どうか安らかに。
9



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ