2011/6/19

ひさびさの訪問  吹奏楽

依頼を受け、S中学校までホルン指導に行ってきました。

すっかりご無沙汰してしまい、2年ぶり。

当時の1年生は3年生。

随分と体は逞しくなっていました

彼は今時珍しい男子部員。

小学生の時からホルンを吹いていたため、1年生の時点でも素晴らしい才能を発揮していましたが、3年生になって更に成長していました。

ただ、心配性というか、身近に相談できる人がいないためか、精神的に波があるらしく、随分と不安を抱えてホルンを吹いていたそうです。

彼に関してはちょちょっと話を聞いてあげただけなんですが、かなり楽になったらしく、笑顔を見せてくれました。

時間見つけてカウンセリングに来ますね、と言ったら大笑いしていました

他、女子部員3人。

右手の入れ方を直してあげると、劇的に音がよくなり、笑顔

色々な調の音階をとりあげ、混乱しながらも、間違えずに吹けて、笑顔

こんなの大人でも吹けないよ、と慰めてあげて、笑顔

反応が素直な子たちばかりで、僕にとっても楽しい2時間半はアッという間に終わりました。

近くに住んでいたら沢山行ってあげたいところなんですが・・・。

折しも吹奏楽コンクールの季節。

彼らにとって有意義な夏になりますように
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ