2012/2/11

アレクサンダー・テクニークもどき  ホルン

愛器が大阪のアトリエモモから帰ってきた。

この楽器はオーダーした当初からラッカーをかけていました。

手入れが楽だから、という理由で。

しかし、昔のウィンナホルン(の音)への憧れが近年強くなり、ラッカーがけでいいものか、迷いが生じていました。

ウィーンフィル(のG.ヘグナー氏)によって開発される過程では、ラッカーはかけられていない。

材料の金属の成分にまでこだわって作られた楽器。

そこまでシビアなものなら、ラッカーがけの音への影響は無視できなさそう。

また、酸化されていない管体の色は白っぽく、好みと違ってきました。

綺麗に酸化されると、味わいある黄金色になります。

ということで、オケの降り番期間を利用してラッカー剥離をしてもらいました。クリックすると元のサイズで表示します

だいたい、ラッカーをかけて音がよくなった、というような話は聞いたことがありません。

楽器を響かせるという点に関して、ラッカーがけは負の影響を与えます。

ラッカーを剥がすということは、楽器を響かせることに対して余計なことをしないことに当たり、これはアレクサンダー・テクニークもどきと言えそう。

きっと良い音するでしょう

楽しみです

5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ