2006/3/6

近所の君が代  

■用があり近所のスーパーに行ってきたのですが、お店に近づくにつれ、聴き慣れた曲が。そう、それは「君が代」でした!スーパーで君が代?どういうことだろうと近づいていくと、何のことはない、音源はその向かいの陸上自衛隊でした。丁度、屋上の日の丸が降りていくところだったのです。30数年、気づかなかった…。
0

2006/2/24

荒川静香さんは凄かった。  

■何が凄かったって、何もかもですが、ミスしなかったことが一番凄いと思いました。途中、ジャンプが2回転になったところがあったそうですが、これはホルン的に言えばハイトーンをBb管ではなくHighF管で吹いた程度の話で、ミスには該当しません。続く村主さんもミスをしませんでした。両選手に共通していたのは、会場がスタンディングオベーションになったこと。それだけ興奮させられたんです。ミスのない演技は、会場の緊張感を増していきます。そして、それが素晴らしい演技であればあるほど、感動に変わっていきます。音楽も一緒ですよね。ミスをしない演奏を心掛けようと改めて思いました。金メダル、おめでとうございました。
0

2004/11/30

福井県幼児音楽祭  

■ハーモニーホールで行われた福井県幼児音楽祭の模様が、福井テレビで放映されていました。園児たちは一生懸命歌ったり、楽器を演奏したりしていました。もちろん間違ったり、上手に出来なかったりしたのですが、なんと暗譜でした。恐れ入りました。
0

2004/11/20

大仏殿の音響  

■紅葉を見に行こうってことになり、親子三人で勝山方面に出かけました。九頭竜湖まで行くつもりで勝山市内を走っていた時、「あれ何?」福井に来てまだ2年の妻。その目線の先には五重塔がありました。「大仏、越前大仏だよ。」どんなんか見てみたいということになり、僕も実は中に入ったことはなかったので、立ち寄ることにしました。観光バスが何台も停められる広い駐車場は乗用車が数台あるだけで、閑散としていました。入場料を払い、清大寺の敷地にはいると、広いこと広いこと。秋風と柔らかな陽射しがとても気持ちよく、いい所来たなぁ〜☆と大満足!クリックすると元のサイズで表示します記念撮影をしたりしながら100メートルほど進んで大仏殿。扉が開いていて、御尊顔を拝むことが出来ました。階段を急ぎ足で上り、中に入ると、でっか〜〜〜い!黒々としていて、奈良の大仏に比べると、顔と胴体のバランスが人間に近いように見えました(^^;そこで、うちの子がウギャァ〜〜の一声。これがよく響くこと響くこと。しかもどことなく神秘的。不思議なその響きを確かめるため、柏手を打ったところ、その響きは線香の煙のようにすぅ〜〜と天井に、天空に舞い上がっていきました。ここでホルンを吹いたら気持ちいいだろうなぁ〜とひとりニヤニヤしながら、その後五重塔に上り展望を楽しみ、敷地内を歩いて久々の休日をのんびりと過ごしました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ