2015/9/9

ゆるめる  ホルン

最近のマイブームは「ゆるめる」。
きっかけはゲシュトップの奏法。
ゲシュトップを吹いた直後、オープンでの音が安定しません。
そんなことを呟いたら「口を緩めて息を速くしたら?」というアドバイスを貰いました。
試してみたらとてもいい感じ!
ついでにオープンでも口を緩めてその分を息でカバーするようにしたら…音質が向上しました!

ということで、「ゆるめる」奏法を研究中です。
0

2013/1/3

年頭に当たって  ホルン

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今のところ、6月と11月の2回は本番が決まっています。
来るべき大曲に備えて、今年も自己鍛錬の年になりそうです。

昨年の9月あたりから、右手の入れ方をガラッと変えました。
所謂「親指を立てる」形をやめました。
今はフレンチホルンの場合とあまり変わりません。
ただし、入れすぎると音が詰まるので、浅く入れてます。
随分と音が安定してきました。

フレンチホルンも吹き始めました。
フレンチホルンを吹くとアパチュアをキープする筋肉が鍛えられるからです。
フレンチホルンでアップしてウィンナホルンを吹く・・・なんだか世間と逆のことをやっているようですが。。。

お腹で支える吹き方はかなり定着しました。
ただし「お腹を突きだす」というのがアレクサンダーテクニーク的には理にかなわないのです。
「お腹を突きだす」裏で別の良い作用が働いているのかもしれません。

右手の入れ方にしてもフレンチホルンとの両立にしてもウィンナ奏法にしても、世間で言われている方法そのままでは(自分の場合は)上手くいかないので、自分の音を頼りにして、自分に合った、理にかなった方法を今年も探していこうと思います。
2

2012/2/11

アレクサンダー・テクニークもどき  ホルン

愛器が大阪のアトリエモモから帰ってきた。

この楽器はオーダーした当初からラッカーをかけていました。

手入れが楽だから、という理由で。

しかし、昔のウィンナホルン(の音)への憧れが近年強くなり、ラッカーがけでいいものか、迷いが生じていました。

ウィーンフィル(のG.ヘグナー氏)によって開発される過程では、ラッカーはかけられていない。

材料の金属の成分にまでこだわって作られた楽器。

そこまでシビアなものなら、ラッカーがけの音への影響は無視できなさそう。

また、酸化されていない管体の色は白っぽく、好みと違ってきました。

綺麗に酸化されると、味わいある黄金色になります。

ということで、オケの降り番期間を利用してラッカー剥離をしてもらいました。クリックすると元のサイズで表示します

だいたい、ラッカーをかけて音がよくなった、というような話は聞いたことがありません。

楽器を響かせるという点に関して、ラッカーがけは負の影響を与えます。

ラッカーを剥がすということは、楽器を響かせることに対して余計なことをしないことに当たり、これはアレクサンダー・テクニークもどきと言えそう。

きっと良い音するでしょう

楽しみです

5

2012/1/22

アレクサンダー・テクニーク初体験  ホルン

昼から【管楽器のためのアレクサンダー・テクニーク in 梅田】に行ってきました。

アレクサンダー・テクニーク(AT)については、数年前から関心を持ち、本を読んだりして、ホルンの演奏に持ち込んでみたりしていました。

「持ち込んでいるつもり」という方が正しいですね。素人ですから。

講師のバジルさんとはブログを通じて知り合いになり、何度かメールのやり取りをさせていただいていましたが、お会いするのは初めて。

楽しみをいっぱい抱えての大阪入りでした。

会場は大阪駅の近くで時間に余裕があったため、特に用事もなかったのですが、昔よくお世話になったドルチェ楽器に、なんとな〜く寄ってみました。

いたいた。

仲間とマウスピースを試しぶきするホルン吹き。

大津のFさんでした

JAO酒田大会(2007年8月)以来の再会でした。

嬉しくて、笑えました

そして話しかけてみると、なんと、最終目的地が同じでした(爆)

ということで、なんとも頼もしい仲間と二人で会場入りしました。

参加者は11名(ホルン5名、トロンボーン2名、オーボエ1名、クラリネット1名、ファゴット1名、何だったか忘れた人1名)。

それに、講師のバジルさんと見学者(AT教員養成コースの方々)。

今日の話は、「頭」に集約されました。

1)頭の位置を正しく理解する(たいていは本当の位置よりも下の方から頭だと思われている)。

2)頭を(首に押し付けないで)自由に動けるようにしてやる。

3)すると、頭から下の部分(姿勢)がバランスよくなり、(呼吸、フィンガリング、ハイトーン、タンギングなどの)全てを無理なく行えるようになる。

といったことを、2時間強、繰り返し繰り返し、頭に刷り込まれました。

僕自身は、緊張したり興奮したりすると、息の吸い込みが浅くなってしまうのですが。。。

吸うのに使う筋肉と吐くのに使う筋肉は違うんだそうです。

最近は、吐く(吹く)とき同様、吸うときもお腹を意識しており、これが吸うことを邪魔しているようなのです。

たぶんこれです。

吸うときにはお腹を意識しない(背中のあたりを意識する)でやってみようと思います。

また、吹くときも、お腹を意識しすぎると少し胸が前に出る傾向があることを指摘されました。

これは吹くことを邪魔する動きなので、止めないといけません。

代わりに、息を(前ではなく)上まで送る、というアイデアをいただきました。

これも練習メニューに取り組んでみようと思います。

ということで、出会いあり、再会あり、収穫ありの、とても充実した半日でした。

バジルさんに来てもらって、福井でもATセミナーを開きたいと思います。

目標30名!

興味がありましたら、コメントなり、ご一報ください
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ