2010/6/28

無理に吹かない  ホルン

最近は週に1,2回しかホルンを吹いていません。本番がしばらくないのが一番の理由ですが、ワールドカップもやっているし、も美味しいし、仕事も(季節的に)キツイし、と、理由は他にも沢山あります(笑)本当はこういうときこそ地道に練習を積んだ方がいいのでしょうが、気分が乗らない時は無理に吹かないようにしています。

実際、吹くときも、響きを大切にし、出やすい(中音域の)音が中心で、無理して高い音を出したりしないようにしています。ソロ曲なんか引っ張り出したりしても、吹けない所をさらったりはせず、吹ける所をより「らしく」吹けるよう、何度も繰り返しています。本番が近いときは、ソロ等、ちゃんと(外さずに)吹けるようになるための練習をしますが、今はそういう意識はまるでなし。ブレスと支えのみを意識して吹くと、不思議と、ウィンナらしく(ウィーンフィルっぽく)なります…それが、たまらなく可笑しく、また楽しいのです
2

2010/6/20

朝練は丁寧に  ホルン

梅雨真っ只中。午前6時に起床し窓の外を見ると。。。幸運にも?雨が降っていなかったので、顔洗って、河川敷へGO!(笑)朝練してきました外練は気持ちがいいです。ロングトーンからはじめ、「もっとブレス!」を丹念に。丁寧にほぐしていったためか、早朝にも関わらず、調子がいいマラ1を想定して、唇の張力に頼らない上のDの練習近くの雑木林にあのメロディがコダマしていました

今丁度、札幌でJAOやっています。そして、来年の情報が入ってきました。曲はペトルーシュカか大地の歌。ウィンナホルン的にはマーラーだし、演奏機会の低さを考えても大地の歌かと思いますが…実は…ペトルーシュカよ〜く考えてみます。

写真は今日のキュートなお客様クリックすると元のサイズで表示します


2

2010/5/5

今年の初練習  ホルン

こどもの日。こどもより早起きして、近所の河川敷に行ってきました。クリックすると元のサイズで表示しますワグオケの前、4月中から本当は屋外練習をしたかったのですが、冬が長くて出来ませんでした。ようやく今日、今年の初練習をしてきました。

この余韻のない練習場は、自分の音、そしてその身体の状態を確認するのに最高の場所です。早朝で、しかも体調が悪いと言うことで、始めは音らしい音になりませんでしたが、しばらくすると、深いマウスピース&深い息によって作られる深い音が、この野原に気持ちよく広がっていきました。今日は自分のフィンガリングの癖を見つけることが出来ました。1&2番を同時に押すとき(実音Dを吹くとき)に、中指(2番レバー)が先に動いていました。同時に押すことを意識するようになったら、C→Dのスラーがとても綺麗に出来るようになりました。これ、ブラ3の3楽章ソロのプチ課題だったのですが、本日克服できました

森のささやき、ならぬ、小鳥の囀りの中での練習は、とてもリラックスできます。また来たいです。週末が晴れますように


1

2010/3/6

R.ヤネシッツの記事  ホルン

ネットを徘徊していて、今年の「音楽の友」1月号にR.ヤネシッツの記事が出ていることを知りました!R.ヤネシッツは、ご存じのとおり、ウィーンフィルの首席ホルン奏者ですが、2006年にウィーン八重奏団のメンバーとして福井に来られた際、(始めて2ヶ月のウィンナホルンで)レッスンを受けた縁があります。それ以来、僕にとっての師匠なのです。生まれ年が同じだからでしょうか、妙に親近感持っています何としても読みたかったので、妻の就職先からお借りしました。その中の、

倍音列をもとに演奏されるホルンは、音域内すべての音に万能ではない。楽器ごとに弱点、いわゆる苦手な音があるのだ。

という一文に目が留まりました。師匠の同僚の楽器はAsが、師匠のはGが弱点だそうです。実は、僕の楽器にも弱点があり、欠陥品かも?としばらく悩んでいたことがあったのです。でも、それが普通のことだと今回知り、気持ちが落ち着きました。そして、

ホルンの音はそばで聴くのと客席で聴くのとでは差が出ることから、奏者は特別な響きの感覚が必要だといわれている。

という箇所にも頷いてしまいました。というのも、自分の(耳で聴く)音に自信が持てなかったとき、ホールの客席での録音を聴いて、元気になったことがあったからです。ちなみに、12歳になる師匠の息子さんは、すでに理想的な音の感覚を心得ているそうです!将来がとっても楽しみですね。

3ページにわたる記事の最後に、師匠の楽器の写真が載っていました。クリックすると元のサイズで表示しますYHR-601のはずですが、僕のと比べると、なんだか、2番管の先が丸いような…。「楽器の改善に取り組むのもホルン奏者の仕事」だそうです。良い言い訳ができました(笑)


4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ