2009/4/5

2ヶ月ぶり  吹奏楽

S中まで行ってきました。今日はホルンの指導ではなく、金管8重奏の指導。中日コンクールが近いと言うことで、2ヶ月ぶりにテレプシコーレを聞いてきました。

新芽の成長は早い

ですね。随分と金管らしい音になっていて吃驚しましたチェックポイントも以前とは減っていて、指導もスムーズに行きました。アドバイスに対する反応もいいので、やりやすかったです。顔馴染みになってきた証拠?あとは確実性を増すだけでしょうか。2週間後の本番はのびのびといい音出してきて欲しいですね。

僕も、彼らを見習って、ゆっくりとでも、成長し続けたいと思います
0

2009/3/22

中学生ホルンの指導(3)  吹奏楽

朝からS中まで行ってきました。金曜日・土曜日と自宅練習を休み、体も休めました。ちゃんと指導の為のホルンが吹けるかどうか、不安のまま。

インフルエンザで一人欠席していたので、今日は2年生2人、1年生2人の計4人。前回、ブレインのCDを置いて帰ったので、彼女たちの音がどう変わったか楽しみでしたが、簡単には変わらないみたいですねちょっと残念でした。先日の高校生同様、低音域の練習が全然できていないので、その辺りを一緒にやりました。二日休んだ影響か、思うように低音が出ず、苦闘しました。正直言って、復調できるのだろうか、と不安は消えず。深刻かも2時間基礎練習をし、コンクール課題曲を1時間やりました。何とは言いませんが、つまらない曲でした。それでも、曲を使いながら基礎を見直す方が、彼女たちには良いみたいです。曲になると、すぐ、大事なことを忘れてしまうので。次回からは、練習の仕方をそのように改めようと思いました。

どうにも納得出来なかったので、夜、自宅で1時間ほど練習しました。スケール、リップスラー、リップトリル、など、やはり低音域中心に。初めは感覚がかなり重く鈍かったのですが、1時間後には50%くらいは戻ったように感じました。完全復活にはまだまだ休養と練習が必要そうですが、少しは不安が消えました今週末は指揮者が来ますが、1ラウンドで大失敗したので、気楽に構えようと思っています。最終ラウンドではKO?目指しますが(笑)
0

2009/3/15

高校生ホルンの指導(1)  吹奏楽

昨日は女子大生、今日は女子高生…。朝9時からTH高校のホルンパート指導にウィンナホルン抱えて行ってきました。今回が1回目。
クリックすると元のサイズで表示します

学校に着き、顧問の先生に電話。生徒さん4名が玄関まで迎えに来てくれました。顧問の先生の部屋に通され、生徒さんに「何飲まれます?」と聞かれ??「あっ…お茶ください。」と変な緊張が(笑)レッスン後は生徒さんに「荷物お持ちします。」と、何から何までVIP待遇。ホルン長いことやっていますが、教えに行って、こんなもてなしを受けたのは初めてでした。そんな気を使わなくていいのに

レッスンのために、普通の教室ではなく、音響の整えられた音楽室を用意して下さいました。広くて良かったです。ちょっと寒かったですが

2年生1名、1年生3名。1年生の1人は中学校でTb、高校からHr。他3名は中学校からの経験者。経験量の違いはありますが、共通して思ったのは、吸う力・吐く力が弱い音に対するイメージが足りない、ことでした。呼吸の練習から始め、MPでの練習もやりましたが、皆さん、平気な顔していました。こっちはクラクラしているのに楽器から出てくる音は痩せていて、硬い。聞くと、普段の練習では、ハイトーンからロートーンまでロングトーンをしてるらしいのですが、どうもかなり無理して吹いているようでした。呼吸のこと、アンブシュアのこと、イメージ作りのことなど、2時間半ほどレッスンして終了。当然個人差ありますが、教えてあげたことがすぐに身に付く子もいて、そういうことが一つでもあると、嬉しいものですね次に彼女たちに会うとき、どういう成長をしてくれているか、楽しみです

世の中暗くて、学校も(学級崩壊などで)良い話聞きませんが、S中も今回のTH高も、生徒さんは皆礼儀正しくて、素直で、この子たちの手で将来の日本はきっと良い国になりますよ新1年生が入ってくると、両校合わせて弟子?10名以上!より良いレッスンができるよう、師匠として恥ずかしくない演奏できるよう、精進します

19日は、いよいよオケに本番指揮者登場です。1回目なのでガツンと主張します
0

2009/3/14

初めての本番  吹奏楽

妻が勤める短大のコンサートに賛助出演してきました。今回で3回目。ホルンパートはしばらく人数が足りていたので声がかかりませんでしたが、今回は急遽出演決定。家庭の事情でメンバーの1人(妻の生徒さん)が本番に出られないかもしれない、という理由で「ゲネ本」での参加が決定したのでした。結局、当人は出られたので、4アシという形で乗りました

形式はアンサンブルと吹奏楽でしたので、軽めの曲が多かったです。話を受けた当初はフレンチホルンの方がいいかも?と悩みましたが、結局、ウィンナホルンで行きました。ゲネプロはおとなしく吹いていましたが、本番は、主張してしまいました(笑)マーチやサンバの曲が楽しかったですcresc.部分なんか、ちょっと、こう、ウィ〜〜ンと吹いてみると、まるで

美女の踊りの中に毛むくじゃらのおっさん登場

って感じで、自分で吹きながら笑ってしまいました。男らしい猛々しい音が、男先生たちには好評でした女子大生には真似できない芸風だと思います。ないと思います(笑)

初めての曲を、本番とゲネの2回しか吹いていないので、失敗箇所は随所にありますが、音楽を楽しむ姿勢は十二分に披露できたように思います。ケーブルテレビが来ていたので、流れるかも自前ウィンナホルンでの初めての本番でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ