明治学院大学体育会少林寺拳法部のブログです。
活動風景や部員の日常生活を楽しんでいって下さいね♪
奴との闘い  

闘いは、農大合同練に向かう京浜急行の中で起きました。

奴は突然、目の前に表れたのです。

この時期になると、いつも私を母を弟を、きっとみんなを悩ませる奴。

黒光りして、ノコノコ歩いてる奴。
そんなナリをしながら白いものが好きな奴。

奴とは…そう、亀虫です。

(いつの間に、私の道着袋に潜んでいたのよ。
朝、道着入れた時はいなかったよね?
もし、朝からいたなら、もしかしてもしかして、おまえの仲間が私のベッドにいるかもしれないじゃない。)

(てか、なんでいるのよ。
ここは密室、電車の中。
ドアが開いたらそこから追い出せばいいけど、まだ長い京急の旅。せっかく座れたこの席、立ち上がりたくないし。)

と、いうことで、品川に着くまでの数十分の時間、奴と闘う羽目になりました。
奴が中に入っていかないように、細心の注意を払って、なんとか持ち手をウロウロさせ続けました。

(道着袋の深部に行かれたら、もう追い出せない。
下手したら、私の道着にペシャるかも。
そんなことになったら、何より、今日の合同練、私は亀虫の香水をつけながらやることに…友達作れないじゃん。)

そう、厄介なのは奴が潰された仕返しに残すあの匂いです。

(いっそここで解き放ってしまいたい。
でも、そんなことして、もしも誰か踏んだりしたら、あの強烈な匂いがこの一帯に充満することに。
それはある意味、テロだし、やってはいけないわ。)

とか考えているうちにやっと
「まもなく品川〜」のアナウンスが。

(嗚呼、助かった。早く、早く着いて。)

隣の人、前に立ってる人の、痛い視線を浴びながら、私は電車を降りて、やっと、奴を潰すことなく、空に解き放つことができました。
きっと周りから見たら、亀虫を可愛がる変な女でしたね。

こんなことで多少、気疲れしましたが、これから農大合同練、楽しみに行ってまいります(o^o^o)
0




AutoPage最新お知らせ