2016/5/11

根室の清隆寺で開花  ねむろスポット

市内の桜の名所、松本町の清隆寺で9日、チシマザクラが開花しました!

境内のあちこちにかれんな白い花が咲き春の訪れを感じますね。

同寺のサクラは1869年(明治2年)に北方領土・国後島から持ち込まれ、

市内で最も古い木の一つです。樹齢150年を越えるものもあるのです。

昨年は2日に開花したので1週間ほど遅いです。連休明けから曇り空がつづいており

今日は雨、予想最高気温は9度肌寒いです。せっかく咲いた花もカゼを引きそう。

見ごろは今週末15日〜17日ころが満開になるとおもいます!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


根室振興局前のチシマザクラはすでに咲きはじめています。この場所は

建物が北風を遮り日当たりも良いため早く咲きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



5年連続日本一遅い桜の開花宣言をめざす根室。

日本気象協会の開花予想によると、根室地方合同庁舎前庭の標本木の

チシマザクラの開花日は16日とされております。

撮影日は9日現在です。

クリックすると元のサイズで表示します

根室市観光協会公認マスコットキャラクター眠郎(ねむろう)くんも観察です。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ