2008/1/20

コルマールへ行ってきた〜♪  旅行

ストラスブールから車で約1時間の所にある街
               「コルマール」に行ってきました

クリックすると元のサイズで表示します
↑車を走らせていると右手の山の天辺にオー・クニクスブール城が見えました。
“このお城はフランス人に非常に人気がある”と本に載っていました。塔の上からヴォージュ山脈とぶどう畑の大平原を見下ろすことができるとか。あいにくこの日は曇り空。次の機会に行ってみまーす。
クリックすると元のサイズで表示します
↑コルマールのすぐお隣にある街「ニーデルモルシュヴィール」のマダム・フェルベールのお店に寄りました。
日本でも売ってますよね。以前、日本のテレビ番組で紹介されてました。
お店にマダム・フェルベールはいませんでした。奥にいるのかな?もう店には出ないかな。。。

〈マダム・フェルベールについて、、、〉
1998年の優秀パティシエに選ばれたそうな〜
彼女の作るジャムは名門レストランなどでも使われているそうな〜
「ジャムの妖精」だそうな〜

この前、家庭教師の先生に彼女の事を聞いてみたら、、、、、
「知らない。」って返ってきたそうな〜(笑)
「でも有名って本に書いてあった、、、、」→「知らない(笑)」みたいな〜
そうだよね、こっちの人は自分でジャムを作ったりするもんね!
きっとそうだ。だから知らないんだ。。。きっと。。。。。(T_T)。。。。。

クリックすると元のサイズで表示します
↑左からマンゴー、クリスマス、いちごのコンフィチュールです。
マンゴー、いちご共に5.30ユーロ(約850円)。クリスマスは6.25ユーロ(約1000円)です。
※1ユーロ=160円で換算してます。
この後いくコルマールでも売っていました。でも0.20高いです。ラファイエットなどのデパートで買うよりは安いと思います、、、。
日本ではネットなどで1瓶1500円〜2000円くらいで売ってます。(高いっ!)
でも輸入品だからしかたがない?かな???

↓ケーキも美味しそうだったので買っちゃいました♪↓
いちごのタルトとシュークリームです(美味しかったぁ〜☆)
クリックすると元のサイズで表示します

さてさてここからは目的地コルマール!
コルマールはほとんど戦災に遭っていないのでアルザス地方特有の木組みの建物が多く残ってます。
ストラスブールにあるプチット・フランスよりも建物がカラフルで砂糖菓子でできてるみたいでかわいかったなぁ〜♪
クリックすると元のサイズで表示します右を向いてもぉ〜。。。
クリックすると元のサイズで表示します左を向いてもぉ〜。。。
ピンク、ブルー、イエローなどカラフルな建物でいっぱい\(^∀^)/♪♪♪
クリックすると元のサイズで表示します
↑街の散策中に見つけたお店。生活雑貨店です。
かわいい石けんや食器、クリスマスの飾りなどなどセールしてました。2階は家具やクッションカバーなどが置いてありました。その中でも私の目を釘付けにしたのは↓。
階段のすぐ横に布リボン発見
刺繍がかわいい!
クリックすると元のサイズで表示します
で、私は下の2種類のリボンを購入♪
キルトの縁取りや無地のテーブルクロスの縁にアクセントとして使うといいと思って買っちゃった
クリックすると元のサイズで表示します
私、こういう手芸用品や雑貨に目がないんです。。。
主人は今回のこのリボンも「何かつくるのぉ〜?本当にぃ〜??また置いておくだけじゃないのぉ〜???」とかなりの疑いの眼差しを送っていたけど知らんプリッ♪
いいんだもぉ〜ん。持っているだけで幸せなんだもぉ〜ん♪(←やっぱり使わない。。。?)
クリックすると元のサイズで表示します
↑主人が前に連れてきてもらった日本料理レストラン。ここで寿司、さんまの塩焼き、唐揚げ、ちくわの磯辺揚げをお昼に頂きました
ストラスブールにある日本料理レストランより美味しかったです。
↓レストランを正面から。。。
クリックすると元のサイズで表示します
中はフランス人?でいっぱいでした。どこの日本料理レストランも外人さんが結構います。
日本食、人気なんですね☆
上のショップの店員さんもここのお店によく食べに行くと言っていました。日本食はヘルシーだから好きみたい。その店員さん曰く、シェフはサトウイザベルさんというらしいです。(←間違えていたらごめんなさいね)

美味しい食事にジャム、デザート、リボンとかわいい町並み、いい所ですコルマール
フランスはパリを訪れる人が殆どだと思いますが、ちょこっと足を伸ばしてストラスブールに遊びにきて、足を伸ばしたついでにもう少しだけググっとつま先を伸ばしてコルマールに行ってみませんか。
ではまた〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ