2019/4/16  0:00

あたし、アンジェリュス!悪気はないけどって。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

「悪気はないんだけど」と言う時って、悪気があるってことを前提として、悪気を隠そうとしているのかしら。
悪気がないからいいだろうって、間違いがあっても目をつぶってくれということなのかしら。
相手が生じさせた現実よりも、相手の気持ちを優先しろということなのかしら。
そして、相手の気持ちを優先しないお前が悪いんだと、相手に罪を擦り付けているんじゃないかしら。

「悪気はないんだけど」と言う時って、悪気がなければ、悪意がなければ、何をしてもいいっていうことなのかしら。
これって、理性的な善悪判断ではなく、悪意からの行動じゃなければいいという、気持ちでの善悪判断ってことなのかしら。
また、気持ちを押し付けてくるその人の気持ちでの判断を呑めという、依存的な態度ではないかしら。

「悪気は無いから」と言う人に、あたし、尋ねてみたい。
その人にとっての悪気とは何かを尋ねてみたい。
もし答えてくれたら、その人にとっての隠したい悪気は何なのかが分かるのだから。
その人にとってのこだわっているもの、モラルの基準が分かるのだから。

悪気って、気持ちのことよ。
気持ちは、その人その人で異なるの。
悪気がなければいいなんて思っている人は、自分の気持ちが他の人にも通じて当たり前という依存的な人なの。
悪気がなければいいなんて相手の言い分を呑んでいたら、相手に依存されるだけなのよ。
「悪気がなければいい」って言う人って、エゴイストじゃないかと、あたし、疑っているのよね。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/15  0:01

おいら、ルクルス!自分自身なんだよ。  

おいら、ルクルス!

多数決で決まったからといって、正しいこととは限らないんだよ。
人数が多いからといって、良いこととは限らないんだよ。
いじめられる人は一人、いじめる人が大人数なんてことがあるよ。
戦争をするかしないかを議会で決める時、多数決で戦争をすると決めることがあるんだよ。

お金や不動産を持っているからといって、素晴らしい人間とは限らないよ。
有名な人だからといって、立派な人物とは限らないよ。
ある国の独裁者は自分で動かせるお金をたくさん持って、世界中にその名を知られているけど、立派な人物とは言えないよ。

友達がたくさんいるからといって、知り合いが多いからといって、その人が社交的な人とは限らないよ。
立派な良い人とも言えないよ。
どうやって人間と関わっているのかが、大切なことだよ。

世の中にはいろんな価値観があるよ。
ものにこだわる人は多いよ。
お金でごまかされる人も多いよ。
肩書で騙される人も多いよ。
で、どんな価値観で生きるかを決めるのは自分自身なんだよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/14  0:00

あたし、アンジェリュス!何かあった時に。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

仲の良い家族に見せかけていても、何かことがあると、家族の本音が露呈されることってあるのよね。
例えば、誰かが病気になってその看護をしなきゃいけないってことになったり、誰かの介護をしなきゃいけないってことになったり、誰かが亡くなってそのお葬式を出さなきゃいけなくなったりした時に、一人一人の本音が出てしまうことってあるのよね。

何かあった時は、綺麗事でごまかすことはできないの。
言葉で取り繕うことはできないの。
実際に行動で、本音を示すことになるの。

そんな時に、実際に行動している人を賤しめる人もいるわ。
うちのお母さんは、そんな目に何度もあったらしいのよね。
例えば、母方の祖母や祖父の葬式の際、買い物や親戚のホテルの手配に走り待っていると、
「学校を出たって、役に立たないよな。うちの娘がいたら、本当に便利なのに。」なんて、何もせずにお茶を飲んでばかりの叔父や叔母に馬鹿にされたりしていたの。
非常に嫌な思いをしたらしいけど、見ている人は見ているんだと、どこかに理解者がいるのではないかと考えて、その場は出来るだけ我慢してたらしいのよね。

中国の王陽明は「知行合一」という考え方を打ち出しているの。
知ることは行為の始めであり、行為は知ることの完成であるという考えなの。
何かを知っていたとしても、行動しなければ意味がないということなの。

家族に何かあった時に、行動がその人の本音を示すの。
言葉よりも行動なの。

これって、家族以外の人間関係でも同様なんだけどね。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/13  0:01

僕、ティクヴァ!疲れ果てたら。  

僕、ティクヴァ!

疲れ果てたら、立ち止まろうよ。
このままでいいかどうかを考えて見極めるために立ち止まろうよ。

疲れ果ててもなお歩き続けようとしたら、疲れのために考えることができなくなっちゃうよ。
良いアイデアだって浮かばなくなっちゃうよ。
そんな時は一旦休むんだよ。

疲れた自分、休もうとしている自分を責めちゃいけないよ。
逆に、そこまでがんばった自分を褒めてあげようよ。

後から振り返って、自分にダメ出しなんてしちゃいけないよ。
その時その時、必死で頑張って、全力を尽くしてきたんだよ。
後からダメ出しをするなんて、後出しジャンケンみたいなものだよ。

今まで頑張ってきた自分を認めて、褒めて、ちょっと休むんだ。
そして、休んで思考力を取り戻してから、これからどうするかを考えるんだ。

休むって、マイナスの行為じゃないんだよ。
休むって、これからプラスを作り出すための大切な時間なんだよ。

疲れ果てたら、休もうよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/12  0:00

あたし、アンジェリュス!強がるよりも。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

子供の時に親に甘えることができなかった人って、強がりを覚えてしまうのよね。
寂しいなんて言えずに、一人で大丈夫と言うようになってしまうのよね。
困ったという言葉を口にすることができずに、自分でどうにかするからなんて言ってしまうのよね。
そして、自分の本音、自分の好き嫌い、自分の感情を隠すことを覚えてしまうのよね。

うちのお母さんも、そうだったの。
うちのお母さんの母親は、当時で言う妊娠中毒症で、妊娠6カ月から入院し、その間にステロイドを使われたらしいの。
そのステロイドの後遺症は、うちのお母さんにもうちのお母さんの母親にも表れたの。
で、生まれてすぐステロイドで汚染された母乳を飲まされそうになったうちのお母さんは、母乳を吐き出し、二度と母乳を口にししようとはしなかったの。
そして、自分の母親を敵だと、自分を殺そうとする存在だと思うようになったの。
だから、子供の時に母親に甘えるなんてことはできなかったの。
周りの人達は、もちろん医者も含めて、うちのお母さんが自分の母親を憎む、避ける原因を知らずに、うちのお母さんを責めていたの。

うちのお母さんは、50歳を過ぎた頃、自分が母親を嫌う原因にようやくたどり着いたの。
そして、その時から、母と娘の関係は変化したの。

去年うちのお母さんの母親は、急逝したの。
うちのお母さんは、子供の頃に甘えられなかったことを天国にいる自分の母親に語り続けているの。
それだけでも気持ちが楽になる、強がりが減っていくと、うちのお母さんは言っているわ。
ステロイドという原因にたどり着く前は、カトリックであるうちのお母さんは、マリア様を理想の母親として語りかけていたみたいよ。

子供の頃に強がりを覚えた人は、自分の心の中に理想の父親や母親を作り、その親に話しかけたらどうかしら。
心の中の親に甘えてみたらどうかしら。
カトリック信者だったら、イエス様を父親に見立てたり、マリア様を母親に見立てて甘えてみたらどうかしら。
宗教を持っている人は、神様や仏様に心の中で甘えて語りかけてみたらどうかしら。

子供は、親に甘えながら成長するの。
甘えてはいけないと無理に自分を抑制するよりも、何らかの安心できる相手に心の中で甘え、自分を改めて成長させてみたらどうかしら。
そうすると、自分に無理を強いることも強がりも減るんじゃないかと、あたし、考えているのよね。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/11  0:01

ぼくたち、九匹!カオスだよ。  

ぼくたち、九匹!

「初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。」
これって、『旧約聖書』の『創世記』の冒頭の部分だよ。
神は、混沌とした状態から、いろんなものを作り上げていったんだって。

先週の水曜から木曜にかけて、ジャクリーヌが六匹子猫を産んだんだ。
そのうち一匹は死産だったけど、五匹は無事に育ってるよ。
で、一昨日の火曜日、鬼太郎が四匹子猫を産んだんだ。
ぼくたち、計九匹。
一つの箱に入れられて、ジャクリーヌママと鬼太郎ママの両方から世話されてるんだ。

九匹いると、なかなか壮観だよ。
お腹が空くと、皆でビービー騒ぐよ。
おしくらまんじゅうで潰された子猫も騒ぐよ。
寝る時は、皆で固まって寝るんだよ。
うちのお母さんは、ぼくたちを見て、カオスだと言ってるよ。

でもね、カオスに見えたって、そこから何かが始まっていくんだよ。
神様だって、混沌たる状態からいろんなものを作り出していったんだよ。
ごちゃごちゃに見えるものだって、そこにはいろんなものが秘められていたりするんだよ。
そこにあるものの意味を探し、秩序立てていくと、いろんなことが見つかったり、いろんなことが生まれてきたりするんだよ。

ぼくたちの猫生、まだ始まったばかり。
ぼくたち、このカオスから始めるんだ。
ごちゃごちゃしていることを忌み嫌う人もいるようだけど、カオスって、一つの宝箱かもしれないんだよ。



さっき、ジャクリーヌの子猫が一匹、天使になっちゃった。
でも、残ったぼくたち、九匹一緒だった思い出を大切にしながら、何かを作り上げていきたいな!


クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/10  0:46

私、ディアーヌ!子供を叱るって。  

私、ディアーヌ!

子供を叱るのは可哀想、叱るより褒めて育てた方が良いなんて思っている親がいるようですね。
で、子供を叱らない親、もしくは子供を叱ることができない親が増えているようですね。
でも、必要な時には、叱らなければいけないのです。

子供を叱るとは、子供に怒りの感情をぶつけることではありません。
子供にはっきりとしてはいけないことを教えることなのです。
短く分かりやすく、明確に教えることなのです。

子供を叱る時に、子供の機嫌をとることはありません。
そんなことをしていたら、悪いことをしたら機嫌をとってもらえると子供が思い込んだりしてしまいます。

叱るとは、教えることです。
その家庭や社会などの文化、モラルの伝承の行為です。
子供は叱られると可哀想なのではありません、叱られない子供の方が人間としての文化を教えてもらえない可哀想な存在ではないでしょうか。
また、子供を叱ることができない親とは、何がいいか悪いかのモラルの判断ができない親ではないでしょうか。
猫だって、いけないことをしたら親猫や周りの大人の猫がシャーッと叱り、場合によっては叩いたりするのですが。

私だって、他の猫が餌を食べてる時やミルクを飲んでいる時に割り込んでくると、バシッとぶん殴って叱ってますのよ。
うふっ!


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ